1. Home
  2. Author
  3. カヒミ カリィ

カヒミ カリィ

カヒミ カリィ

ミュージシャン、フォトグラファー、文筆家。'91年デビュー以降、国内外問わず数々の作品を発表、'98、'99全米ツアーも行う。NHK FMのパーソナリティー、連載コラムや映画コメント執筆、字幕監修なども手掛ける。近年、菊地成孔氏や大友良英氏らのセッションにも参加し話題に。ボサ・ノヴァ永遠の名盤『ゲッツ/ジルベルト』、2016年サラヴァレーベル50周年アルバム「50ans de Saravah」に歌唱参加。ニューアルバムは「It's Here」2010年リリース。自身初となるエッセイ本『小鳥がうたう、私もうたう。静かな空に響くから』(主婦と生活社)を出版。現在はnina's、veggyなどでフォト&コラムの連載を担当。2015年初めて翻訳を手がけたフランス の絵本『おやすみなさい』(著:ヴィル ジニー・アラジディ/カロリーヌ・ペリ シエ アノニマ・スタジオ刊)が発売。2016年2冊目となる翻訳本「サンタへの手紙」(クロニクルブックス・ジャパン )発売。NY在住。 http://www.kahimi-karie.com

世界屈指の透明度を誇る美しい海 サンゴのふるさと 阿嘉島へ

透明のカヌーに乗って。沖縄で魚と泳ぐ夏休み

夕焼けで真っ赤に染まった仙台の古い小学校へ

植物の花で作るフラワーエッセンス

ちいさな命と、わたしの意識 【カヒミ カリィの The plate of my life 】

ニューヨーカーに人気の、健康的で美味しい食材達【カヒミ カリィの Wherever I go】

NYのアート本『ESOPUS』に一曲参加しました【カヒミ カリィの Wherever I go】

キッチンは実験室。ぶどうから作る自家製天然酵母パン【カヒミ カリィの Wherever I go】

ジョージア・オキーフの生き方、装いから学ぶ【カヒミ カリィの Wherever I go】

静かな花ばさみの音と柔らかい草花。挿花家 谷匡子さんのパフォーマンス【カヒミ カリィの Wherever I go】

グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード

ジル・ローラン監督の渾身の遺作ドキュメンタリー。彼が伝えたかったこととは?【カヒミ カリィの Wherever I go】

隅々にまで心のこもった穏やかな本、京都の珈琲のはなし【カヒミ カリィの Wherever I go】

だんだん美しくなる人生、をめざして【カヒミ カリィの Wherever I go】

サブウェイセラピー。カラフルなポストイットで埋め尽くされたアート【カヒミ カリィの Wherever I go】