1. Home
  2. EAT
  3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

テーブルに ひと工夫

5,186

松本日奈

20211202_top

料理家・松本日奈さんが、台所を中心にまわる日常や「おいしい」に関わるモノやコト、台所仕事の負担を軽くして楽しいものにかえる“ひと工夫”をつづる連載「テーブルに ひと工夫」。

ここ数回ご紹介している松本家の定番料理、今日は簡単に作れるのに満足度の高い「漬け丼」です。

疲れていても、おいしいものを食べたい、出したい

20211202_1

娘たちも夫も魚が大好き。繰り返し出しても飽きずに喜んでくれるのが「漬け丼」。とにかく忙しくて疲れたな、でもすぐに食べたい、食べさせたい……。そんなときは決まって「これにしよう!」となるのです。

漬け丼

20211202_2

今回はたいを使いましたが、まぐろやあじ、かつおなど何でもあいます。夕方のスーパーでお値打ち品を見つけたら、迷わず試してみてください。

どのご家庭でも作られていると思いますが、わが家の漬け丼レシピも簡単に紹介させてください。

<材料>
刺身、調味料(しょうゆ、みりん、オリーブオイル)、わさび、ごはん、大葉
※調味料の比率は「しょうゆ…1:みりん…1:オリーブオイル…2」が目安

<作り方>
ボウルに調味料とわさびを入れて混ぜ、食べやすい薄さに揃えた刺身を加えて和えたら、5〜10分ほど置いて刺身に味をなじませます。温かいごはん(この日は玄米入り)を器に盛り、漬けておいた刺身と大葉をのせます。

私は常備している「玉ねぎの白バルサミコ漬け」も一緒に盛りつけます。お好みで炒りごまを振ってもいいですね。

ポイントは漬けだれに加えるオリーブオイル。刺身にとろりとコクが足されて、ワンランクアップした味になります。

酒粕入り味噌汁

20211202_3

味噌で調味したら、最後にスプーン1杯の酒粕を。栄養価もアップしますし、体もあたたまりますよ。

漬け丼に添えるのは味噌汁。酒粕と、水切りヨーグルトを作るときにできたホエーも入れています。

ホエーには水溶性のタンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養が含まれていますが、加熱しても栄養価が失われないため、スープなどにするのもおすすめ。ホエーに出汁を足し、好きな具を煮て味噌を溶いたら、最後にスプーン1杯の酒粕を入れます。

魚料理は手がかかるというイメージがありますが、お刺身を使ったひと品なら簡単。疲れて何もしたくないときに「ちょっとひと手間かけたものを出せた」という充足感は、毎日のごはん作りには大事な感覚ですよね。

hina_masumoto

松本日奈(まつもと・ひな)
料理家。北イタリア留学中に現地の料理人やマンマから料理を学ぶ。オリーブオイルや白バルサミコなどの調味料を使い、シンプルで素材を生かした家庭料理を提案。レシピ開発やケータリング、ひな弁と活動の幅を広げる。自宅などで開催する料理教室は毎回キャンセル待ちになるほどの人気ぶり。目黒区鷹番にある食材店「ラ・プティット・エピスリー」を営む夫、ふたりの娘、愛犬と暮らす。インスタグラム

写真・文/松本日奈

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら