1. Home
  2. HEALTH
  3. デリケートゾーンのケア、大切なのは「観察」と「ラクトバチルス乳酸菌」

デリケートゾーンのケア、大切なのは「観察」と「ラクトバチルス乳酸菌」

女性のからだケア

1,688

島田ゆかり

01_DSC9227

自身の“デリケートゾーン”をじっくり観察したことはありますか? 健康のためにも、実は毎日チェックすることが大事なのだそうです。

2021年10月22・23・24日に東京・六本木ヒルズ(ラウンジ49、カンファレンス7)で行われた「Femtech Fes!2021」。展示スペースにはフェムテックプロダクトがずらりと並び、市場のニーズも広がっていることがわかります。ワークショップもさまざまなテーマで行われました。今回は「デリケートゾーン モヤモヤ発散会!」のレポートをお届けします。

こちらのワークショップは「デリケートゾーンのケア」がテーマ。スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版コミュニティプロデューサーの井土亜梨沙さんをモデレーターに、タレントのIMALUさん、浜松町ハマサイトクリニックの産婦人科専門医、吉形玲美先生を迎えて、デリケートゾーンのケアがなぜ大切なのかどうやってケアをすればいいのかなど、参加者の質問を交えながらトークセッションが行われました。

腟には必要な乳酸菌がある

_DSC6330

この日たくさんの“モヤモヤ”に答えてくれた吉形玲美先生

そもそも、なぜデリケートゾーンのケアが重要なのでしょうか。実は、腟の内部には「腟内フローラ」と呼ばれる細菌叢があり、その中で善玉菌は「ラクトバチルス乳酸菌」という種類の乳酸菌だけなのだのだそう。

「ラクトバチルス乳酸菌は発酵食品にも含まれている乳酸菌ですが、腟内にあるものは女性ホルモンと関連しています。腟内の雑菌を殺すだけでなく、免疫に働きかけたり炎症を抑えたり、がんの抑制作用にも関わっていると言われている、すごい乳酸菌なのです」(吉形先生)

腟は、このラクトバチルス乳酸菌によって守られているのですが、閉経を迎える50代になると女性ホルモンの量が減少するため、この善玉菌を作る力が弱くなってしまうのだそう。すると、腟炎や膀胱炎、性病、子宮頸がんなどのリスク増加にも影響すると言います。

理想的な腟内とはラクトバチルス乳酸菌100%の状態。閉経を迎えた人はこの乳酸菌がどんどんなくなってしまうのですが、若い女性でもデリケートゾーンケアの仕方を間違っている人は、ラクトバチルス乳酸菌が欠乏してしまう恐れが。ですから、ケアの仕方はとても重要なのです」(吉形先生)

_DSC6340

フェムケアに関心が高く、自身でも女性の身体にまつわる話題を毎週土曜日22時から「ハダカベヤ」をstand.fmで配信しているIMALUさん

IMALUさんもその数字が気になる様子で、「自分のラクトバチルス乳酸菌のパーセンテージを調べることはできますか?」か、という質問が。吉形先生によると

「不妊治療を行っているクリニックなどで一部行われていますが、まだ高額の検査になります。フェムテック関連のプロダクトで簡易に調べられるものもありますが、腟内環境は健康に影響するため、今後は多くのクリニックで検査できるようになっていくと思います」

とのこと。参加者の皆さんも自分の腟内環境に意識を向けるきっかけになったようです。

ボディソープで洗うのは絶対にNG!

_DSC9262

熱心にメモをとる来場者の皆さん

では、間違ったケアとはどのようなものでしょうか。模型を使って、大陰唇、小陰唇の場所を確認しながら、洗い方を習います。

ボディソープで洗っている人がいたら、絶対にやめましょう。洗浄力が強すぎて、ラクトバチルス乳酸菌が流れてしまいます。おすすめは、デリケートゾーン専用のソープでやさしく洗うこと。炎症を起こしていたり乾燥しているとしみることもあるので、その場合はお湯でも構いません。ひだ(小陰唇)の間の溝も泡でやさしく洗いましょう」(吉形先生)

IMALUさんは「子どもの頃、髪の毛の洗い方は教えてもらうのに、デリケートゾーンの洗い方は習いませんよね。子どものうちからその重要性を教えてもらえるといいですね」とコメント。

そして吉形先生は「自分のデリケートゾーンを毎日見ることが大事」だといいます。 「お風呂に入った時に、椅子に座った状態で脚を開いて手鏡などで見るか、体が柔らかい人はそのままのぞきこんでも。大陰唇が乾燥していないか、粘膜に赤みはないか、ふっくらとしているかなど、毎日見ると肌と同じで状態の良し悪しがわかります。私は毎日チェックしていますよ」(吉形先生)

_DSC6275

モデレーターの井土亜梨沙さん。和やかな進行に参加者も質問がしやすかったよう。

毎日手鏡でチェック! これには参加者も驚いていたようですが、セルフメディケーションのひとつとして、大事なことなのです。さらに、お風呂上りはデリケートゾーン専用のクリームで保湿し、オイルもプラスするとよいと言います。

「ラクトバチルス乳酸菌が配合されたものがありますので、そういったものでケアすると保護だけでなくラクトバチルス乳酸菌の補充にもなっておすすめです。余ったらボディ全体に塗ってもいいですよ」(吉形先生)

みなさんも今日から、デリケートゾーンのケアを始めてみてはいかがでしょう。

fermata

    Ranking

    1. 結局、続けられる「体にいいこと」って? 編集部はごはんに混ぜるだけのコレでした

    2. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    3. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    4. 有元葉子さんの「さもない」おかず。シンプルなプロセスとなじみの食材で

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 泣けない時、心の中で何が起きている? ストレスの根源は?

    7. 2022年6月末ローンチ予定! MYLOHASが生まれ変わります

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    10. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    1. 結局、続けられる「体にいいこと」って? 編集部はごはんに混ぜるだけのコレでした

    2. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    3. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    4. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 泣けない時、心の中で何が起きている? ストレスの根源は?

    6. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    7. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 2022年6月末ローンチ予定! MYLOHASが生まれ変わります

    10. 足裏を鍛えるといいことずくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    1. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    2. 結局、続けられる「体にいいこと」って? 編集部はごはんに混ぜるだけのコレでした

    3. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    4. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 泣けない時、心の中で何が起きている? ストレスの根源は?

    6. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 足裏を鍛えるといいことずくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    9. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    10. 2022年6月末ローンチ予定! MYLOHASが生まれ変わります

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら