1. Home
  2. EAT
  3. お弁当のポイントは「素材の形を残す」&「黄・緑・紫」

お弁当のポイントは「素材の形を残す」&「黄・緑・紫」

テーブルに ひと工夫

1,900

松本日奈

料理家・松本日奈さんが、台所を中心にまわる日常や「おいしい」に関わるモノやコト、台所仕事の負担を軽くして楽しいものにかえる“ひと工夫”をつづる連載「テーブルに ひと工夫」。

今回は日奈さんがお弁当を作るときに心がけていることについて。

心と体がほろっとほぐれるようなお弁当を

20211111_2

写真左:夏野菜チキンカレー、アンチョビエッグ、黒米/写真右:ビーフシチュー、烏賊のマリネ、パセリライス

料理家の活動のなかに「お弁当作り」があります。週に一度ほど、オフィスや雑誌などの撮影・ロケにケータリングとしてお持ちするもので、私の名前をとって「ひな弁」と親しんでいただいています。

作るときに意識しているのが「ほっとするお弁当」であること。忙しい仕事の合間に食べるお昼ごはんなので、毎日お母さんが持たせてくれるような、 心と体がほろっとほぐれるようなお弁当を心がけています。誰かが作ってくれたお弁当って、じんわりうれしいですよね。

黄と緑と紫系の素材で、彩りよく

20211111_3

書店の「次世代作家文芸賞」授賞式の際にお作りしたお弁当(ローストポーク、ポテトコロッケ、ビーツのザワークラウト)

私はごはんの上におかずがのっていないほうが好みなので、ごはんの横におかずを詰めます。

茶色いお弁当も個人的には大好きなのですが、彩りで気をつけているのは 黄と緑と紫系の素材を意識して加えること。黄色は卵にお任せするとして、緑は大葉、獅子唐、すだちなどの手に入りやすいもの。紫系なら赤かぶ、紅芯大根、紫玉ねぎ、食用菊など。

そして、蓋を開けて見たとき、使った食材がわかりやすいように素材の形をできるだけ残して調理したものを入れるようにしています。これも安心感につながる部分かなと思います。食べる頃にはどんな食感になっているか、想像しながら作っていきます。

20211111_re

4色そぼろのお弁当。隙間に柿と栗の渋皮煮を入れて。スープは前回紹介した「人参とパプリカのポタージュ」。

容器に少し隙間ができたら、最後にひとくち分の甘いものを詰めます。この季節だと柿や葡萄などの果物や、栗の渋皮煮など。

高校生のとき、母はお弁当によくオレンジピールを入れてくれていました。夏蜜柑の砂糖煮にグラニュー糖をまぶしたものですが、 私はこれに目がなくて、最後にぱくっと口に入れるのをいつも楽しみにしていたものです。ひな弁に甘いものを入れるのは母へのオマージュのようなものでしょうか。

hina_masumoto

松本日奈(まつもと・ひな)
料理家。北イタリア留学中に現地の料理人やマンマから料理を学ぶ。オリーブオイルや白バルサミコなどの調味料を使い、シンプルで素材を生かした家庭料理を提案。レシピ開発やケータリング、ひな弁と活動の幅を広げる。自宅などで開催する料理教室は毎回キャンセル待ちになるほどの人気ぶり。目黒区鷹番にある食材店「ラ・プティット・エピスリー」を営む夫、ふたりの娘、愛犬と暮らす。インスタグラム

写真・文/松本日奈

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら