1. Home
  2. EAT
  3. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

2,101

田邉愛理

20211123_1

大根はスライサーで薄切りに。酒、醤油、砂糖で味わう割下不要の「大根のすき焼き」(『土を編む日々』199ページより/写真:砺波周平)

Twitter「きょうの140字ごはん」などで知られるエッセイスト・料理家の寿木(すずき)けいさん。新刊『土を編む日々』(集英社)は、「野菜とそれにまつわる記憶」をテーマに、32のエッセイとレシピが綴られた美しい一冊です。

“土の恵みを編む”ように旬の食材を慈しむ寿木さんの視点と、大胆にもひとりで柚子1個分を使い切る「柚子とバターのスパゲッティ」をご紹介します。

「すべての菜のおかず」が教えてくれる旬の喜び

20211123_3

2種類の冬野菜が主役。寒い季節に恋しくなるアツアツの「ねぎと山芋のグラタン」(『土を編む日々』205ページより/写真:砺波周平)

食材の旬が分からない。たとえ分かったとしても、どう料理すればいいのか自信がない」。これは、本書の「はじめに」で触れられている寿木さんの友人の言葉です。仕事もプライベートもなんとか頑張っていても、ふと「旬が分からない」自分、スーパーで鮮度がいまいちの野菜を手にとってしまう自分に、焦燥感のようなものを感じてしまう。私自身もしばしば感じる気持ちだったので、冒頭から引き込まれました。

もうそんな季節かと思いを馳せても、いざ台所に取り入れようとすると、難しい。ほかにやらなくてはならないことが多すぎるのです。

かたやSNSには、おいしいもの好きによる投稿が溢れています。ビットで描かれた雄弁な旬を、まず視覚で消費するのが、今という時代なのでしょう。冒頭の友人の言葉は、時が指の間をこぼれ落ちていくような切なさと、ひとつであるように思います。

(『土を編む日々』はじめに より引用)

米どころとして知られる富山県砺波市で、五人姉妹の末っ子として生まれたという寿木さん。食卓には理に適ったシンプルな方法で調理されたたくさんの惣菜、寿木さんが言うところの“すべての菜のおかず”が並び、旬の味わいを教えてくれたといいます。

色鮮やかな幼少期の記憶と、グルメ雑誌の編集者として多くの名店を訪れ、人生の折々に料理をふるまってきた経験と。寿木さんの野菜レシピはどれも簡単でおいしく作れるのに、「こんな食べ方があったんだ」と思わせてくれる新しい味、心の琴線に触れる懐かしい味が詰まっていて、何度も作りたくなってしまいます。

私にとって寿木さんのレシピは、時が指の間をこぼれ落ちていく切なさを、喜びに変えてくれるもの。食材の旬を楽しめたという充実感が、自分のペースで生きている、という自信を少しだけ与えてくれるのです。

柚子をたっぷりのバターと食べる絶品スパゲッティ

20211123_2

旬の柚子の果汁をたっぷり使って味わいたい「柚子とバターのスパゲッティ」(『土を編む日々』201ページより/写真:砺波周平)

昨年の冬にTwitterで知って虜になったのは、「柚子をたっぷりのバターとともに食べるスパゲッティ」。酸っぱいもの好きとしては作る前から「絶対においしい」という確信がありましたが、それはもう夢のような味でした。

難しい調理ではないから、ソースは直前に気楽に作る。フライパンにバターオリーブオイル、にんにく一片を熱し、香りが立ったら取り出す。にんにくの役割はあくまでも、ソースに厚みとやわらかさを出すため。そこへ、スパゲッティの茹で汁を少し取って混ぜ、乳化させる。

柚子の果汁は、ひとり最低でも半分、できれば一個分。砂糖をほんの少し足すと、柑橘の角が取れる。 塩で味をととのえ、茹で上がったスパゲッティを加えて、汁を吸わせる。仕上げに柚子の皮を散らして出来上がりだ。

(『土を編む日々』153ページより引用)

1人につき、薄く削いだ柚子の皮の千切りと、果汁を丸ごと1個使うという思い切りの良さが痛快です。「クリーミーで酸っぱくて、こうして書いていても、奥歯と舌の間によだれが溜まってくる」と寿木さん。その表現につられて作った私も、思い出してはたまらなくなる現象に悩まされ、ひとりランチ用に繰り返し作ったことを思い出します。

レシピにはすみずみまで動機や理屈があり、そのひとが五感を使って歩いてきた道そのものだと思う。どう作っても自由だからこそ、自分の味にたどり着き、それを大切な相手と分かち合えたとき、めいっぱい夏遊びをした夕暮れのような充足感が作り手を包む。

(『土を編む日々』54ページより引用)

凜とした生き方が凝縮されたレシピと言葉の数々に、憧れずにはいられません。寒くなるこれからは、柚子はもちろん大根、白菜、冬ネギもおいしい季節。旬の食材の力を味わいながら、いつか自分の味にたどり着けたらと思います。


土を編む日々

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら