1. Home
  2. HEALTH
  3. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

冷えないカラダ

3,336

田邉愛理

20211119_top

基礎代謝が低いと脂肪がつきやすくなるだけでなく、冷えにもつながります。しかし、「寒い季節の過ごし方で代謝は大きく変わる」──そう話すのは、管理栄養士の水谷俊江さん

生活するだけで効率よくカロリーが消費される「代謝のいい体」をつくるには、生活習慣の改善が鍵を握ります。この秋冬に実践したい、簡単なポイントを2つ教えてくれました。

「体温が1度下がる」だけで代謝が落ちる

20211119_3

代謝が上がるとやせやすくなる」といわれます。この場合の「代謝」とは、人が生きていくための最小限のエネルギーである「基礎代謝」のこと。人は就寝中にもエネルギーを使っており、基礎代謝が高い人ほど消費されるエネルギーが増える、つまり消費カロリーが多くなります。その結果、太りにくくやせやすい体に近づくことができるのです。

それでは、代謝の善し悪しを自分で確認する方法はあるのでしょうか。水谷さんによると、目安ひとつとなるのが体温測定。「体温が1度下がるとエネルギー代謝が12%下がる」という研究報告があるほか、免疫機能がもっとも高まる体温は「36~36.5度」というデータもあると述べています。

体温と代謝の関係については明らかではないことも多いといいますが、「まずは健康的な体温を目指して、代謝を上げることを目標にしてほしい」と水谷さん。そのためには、ふだんの生活を少し変える必要があるようです。

生活習慣で代謝を上げる2つのポイント

体温を上げるか下げるかは、生活の習慣が大きく左右すると水谷さんは語ります。とくに大切なのが以下の2つのポイントです。

1.体を動かして代謝アップ

20211119_2

体を冷やすと血行が悪くなり、代謝も悪くなってしまいます。下半身に加えて、首、手首、足首を冷やさないことがポイントだそう。

また、寒いと感じたらスクワットや腕立て伏せをして、体を内側から温める習慣が身につけば文句なしです。筋肉も鍛えられ、代謝アップの相乗効果が期待できます。

(「Diet Plus」より引用)

日常ではできるだけ「動く、歩く」を意識してほしいと水谷さん。暖房の効いた部屋で過ごしてばかりいるのは逆効果です。

2.代謝アップに役立つ食材を取り入れる

20211119_4

体を内側からあたためるという点では、食べる物も重要な要素。寒さが厳しくなるこれからの季節、意識して取り入れたい食材を教えてくれました。

野菜類は、ゴボウ、にんじん、れんこん、ホウレン草、小松菜など、ビタミンB群鉄分の多い野菜がおすすめです。赤血球の働きを活発にさせる作用があるため、体を温める働きがありますよ。

(「Diet Plus」より引用)

肉、魚、大豆製品、乳製品などに含まれるタンパク質にも代謝を高める働きがあるとのこと。さらに、スパイス類にもうれしい効果があるようです。

調味料や薬味にしょうがにんにく、味噌などのスパイスなどをプラスすると、より内側から温めてくれますよ。夏野菜などは生で食べると体が冷えて体温が下がってしまいますので、にんにくや生姜、唐辛子などで加熱調理するといいですね。

(「Diet Plus」より引用)

「適度に体を動かす習慣を生活の中に加え、気持ちよく毎日を送ることが最終的には健康的な代謝アップにつながる」と水谷さん。

今年の秋冬は「体を内側から温める」ことを意識して、基礎代謝を向上させていきましょう。

mizutani_toshie

水谷俊江(みずたに・としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら