1. Home
  2. MIND
  3. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

4,386

MYLOHAS編集部

shutterstock_683314507

──ライフハッカー[日本版]より転載

困難に直面すると、私たちはついデフォルトで、あるひとつの「支配的な感情」を抱いてしまいがちです。たとえ、ほかの感情を抱くほうが論理的であったとしても

1つの感情に支配されていませんか?

もしかすると、あなたのデフォルトの感情は「不安」かもしれません。

その場合は、ストレスにさらされると、怒りや悲しみ、イライラといった感情よりも、不安を抱いてしまいます

それこそがあなたの「支配的な感情」のスタイルだと指摘するのは、『The Healthy Mind Toolkit(「健康な心」のツールキット)』の著者であるAlice Boyes博士です。

博士は先日、「Psychology Today」に寄稿した記事の中でこう説明しています。

支配的な感情とは、その人がストレスにさらされたときに抱く感情です。

多くの場合、そのときの状況に対する解釈や反応のしかたと密接に関係しています。

たとえば、先ほどの「不安」の例で言うと、あなたがとる反応の原因は、そうした状況が起きたことを自分のせいだと考えてしまう傾向にあるのかもしれません。

支配的な感情が「怒り」である場合はどうでしょう?

その原因は、ほかの誰かが自分を傷つけようとしていると思い込む気質にあるのかもしれません。

いろいろな感情を抱くことの大切さ

shutterstock_1775997833

支配的な感情をデフォルトで抱くのは、自分がその感情のことを知っていて、その感情が、いちばんなじみ深いからです。

けれども大切なのは、「いろいろな感情を抱くことができる自分」でいること。

なぜなら多くの場合、それこそが、より健康的で幸せな人生を送るためのカギをにぎっているからです。

感情に関するひとつの考え方に、「いろいろな感情のひとつひとつが、バランスのとれた生態系の一部である」というものがあります。

ひとつの生態系の中には、実にさまざまな構成要素があり、そのすべてが健全な生態系にとって重要です。

そして、あるひとつの感情が大きな支配力を持ち、このバランスが乱れると、生態系全体の健全さもバランスを失ってしまいます

さまざまな研究が示しているように、一般的に心身ともに健康状態がいいと言えるのは、幅広い感情を抱く人たちです。

うつ病の発症率が低いのも、そうした人たちです。

理由のひとつとして、いろいろな感情が入り混じることで(たとえそれらがネガティブなものであっても)、何かひとつの感情が、その人の心を完全に支配してしまう状況になりにくいということが考えられます。

支配的な感情を抑える2つの方法

shutterstock_1833113086

ひとつの感情を強く抱きすぎていると、疲れてしまいますよね。そのせいで、燃え尽きてしまうことさえあります。Boyes博士によれば、支配的な感情から一歩離れるための方法は2つあるそうです

ひとつは、そのときの状況に対して、違う解釈がないかどうか、じっくり考えてみるという方法。Boyes博士にとって、支配的な感情は「不安」です。

そのため、何かあると、いつも自分を責めてしまいます。

けれども、落ち着いて状況を整理し、こうなった理由がほかにないかじっくり考えてみると、不安とは違う別の感情が浮かび上がってくると、Boyes博士は述べていますよ。

もうひとつは、現状では支配的な感情にかき消されてしまっている「息をひそめている感情」に、注意を向けるという方法です。

「そこに注意を向けると、小さな感情が、意識の表面にどんどん浮かび上がってきます」と、Boyes博士は書いています

こうした別の感情のおかげで、バランスのとれた見方ができるようになり、抱えている問題の新たな解決策を思いつくこともあるそうです。

このように、支配的な感情を抑えれば、さまざまなプラスの効果が得られるとBoyes博士は言っています。たとえば、安心感を味わえます。

創造力を高められ、問題解決のための新しい方法を見つけられますね。

やる気が高まり、そうでなければきっと思いつかなかった、別のアプローチを試してみようという気になります。

支配的な感情」以外のさまざまな思いを感じることについて、Boyes博士はこんなふうに言っていました。

そのせいで落ち着かない気持ちになったり、おそらくは少し混乱して途方に暮れたりするかもしれませんが、それでもいいのです。動揺しながらでも、きっとそこからいい効果が得られるはずです。

Source: The Healthy Mind Toolkit, Psychology Today(1,2,3), The CUT, Quoidbach et al
Rachel Fairbank - Lifehacker US[原文
訳:ガリレオ

ライフハッカー [日本版]

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら