1. Home
  2. HEALTH
  3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

女性のからだケア

5,656

MYLOHAS編集部

20200917_2

乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン運動」の強化月間でもある10月は、乳がんのみならず、女性の体についてあらためて考えてみたいとき。今回は「更年期」について、これまでにマイロハスで紹介した記事をまとめました。

乳がんや更年期を経験した女性医療ジャーナリスト・増田美加さんのアドバイスをぜひ参考にしてみてください。

はじめの一歩は、更年期を知ること

20201104_3

女性には、小児期、幼年期、思春期、性成熟期、更年期、老年期というライフサイクルがあります。つまり、更年期は女性が一生を歩むなかで誰にでも訪れる通過点。しかも、閉経前の5年と閉経後の5年をあわせた約10年という期間を「更年期」として過ごすというから驚きます。意外と長いですよね……。

日本人女性の閉経の平均は50.5歳なので、更年期を迎える年齢の平均は45歳ぐらいということになりますが、若い世代でも女性ホルモンの分泌量が低下して更年期症状と同じような不調があらわれることもあります。

この更年期症状は、仕事の疲れや季節の変わり目による不調と見過ごされてしまいがちなものばかり。どんな症状があるのかを知っておきましょう。

更年期になると、誰もが更年期障害になるの?【更年期のウソ・ホント】
だるさ、眠気、取れない疲れ…。女性ホルモンをチェックしてみて

真逆の症状が出ても驚かないで

更年期症状というと、すぐに思い浮かぶのが「イライラ」や「ホットフラッシュ」。しかし、真逆の「クヨクヨ」や「冷え」も更年期症状なのです。

「どうしてすぐクヨクヨしちゃうんだろう」「冷え性だからしかたない」とあきらめたり自分を責めたりしないでください。女性ホルモンと向き合うことで改善されるかもしれません。

顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策
「暑い、ほてる」だけじゃない。更年期の「冷え」はどうすればいい?
一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

更年期の意外な症状。個人差があるのはなぜ?

20201119_top

不眠や肌の乾燥、目や膣などの粘膜の乾燥、動悸、抜け毛、白髪、肩こり、老眼……。更年期症状は、実に多岐にわたります。

また、個人差があるだけでなく、同じ人でも日によって症状や程度が違うことも更年期症状の特徴。その理由と対処法も知っておきたいものです。

不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い…。原因はコロナストレス?
急に胸がドキドキする、息切れする。そんなときに、まずすべきこと
更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

更年期治療には、どんな選択肢がある?

20210617_3

更年期のつらさを、ただ耐え忍ぶなんてもったいない話です。更年期の10年は、仕事もプライベートも充実した楽しいとき。治療やセルフケアでつらさを緩和し、QOLを下げないための工夫を講じましょう。

女性ホルモンの基礎知識。更年期症状の2大治療とは?
更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?
更年期の不調改善、はじめの一歩。「ホルモン補充療法」の基礎知識

のちに「バラ色」の時間を迎えるために

20210701_7

ジャーナリストとして多くの取材をし、自身も更年期を乗り越えた増田さんが繰り返すのは「女性には、その世代ごとに感じやすい不調やかかりやすい病気がある」ということ。マイロハスでも、たびたび「どの世代でも自分の体のことに意識を向けること、何でも相談できるかかりつけ医を持っておくこと」の重要性を説いてくれました。

更年期症状や治療について知ることで、さらに不安になったという方もいるかもしれません。しかし励みになるのは「閉経後、女性ホルモンに左右されない毎日はバラ色です」という増田さんの言葉。最後に、不安になったらぜひ読んでほしい記事も紹介しておきますね。

女性の人生を1日とすると、更年期はランチ後のお茶の時間。怖がらないで大丈夫
女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら