1. Home
  2. HEALTH
  3. アスリートの腸が参考書。「確かめる腸活」を始めよう

アスリートの腸が参考書。「確かめる腸活」を始めよう

2,049

木川誠子

shutterstock_1534637576

腸内細菌のバランスを整えるための腸活の重要性は、広く認知されていますよね。ただ、自分の便の状態をチェックしたことはありますか?

腸の観察も体調管理の一環

アスリートの腸内細菌を研究、その結果をコンディショニングのための製品やサービスに応用している「AuB(オーブ)」によると、アスリートの腸にはたくさんの種類の菌にあふれているそうです。その豊富な菌が、免疫や筋肉、持久力をサポートしており、睡眠や疲労回復、メンタル面においても関わっていることがわかってきています。

アスリートの腸内が優れている理由は、日々の生活習慣にあります。栄養バランスが整った食事を取っていること。腹筋などの筋肉を鍛えるといった腸の動きが活発になる運動を行っていること。そして、血液や尿、便を記録することで体調管理を行っているからです。

排便があったか、なかったかは把握していても、出た便をチェックする習慣がある人は少ないのではないでしょうか。自分の腸の状態を知ることも大切な腸活のひとつです。

3ステップで確かめてみて

shutterstock_1977270419

ステップ1 お腹を触って確かめる

お腹の周辺の温度は36℃、手の温度は27℃前後と言われています。お腹のあたりがポカポカと温かく、柔らかかったらGOOD。お腹に手をあててみて、冷たいと感じた場合、あまり温度差がないと感じた場合はお腹が冷えている証拠です。

ステップ2 見て確かめてみる

固さ、におい、色がチェックポイント。バナナのような形状、黄褐色、ニオイが気にならない状態が好ましいとされています。便秘や下痢、おならや便がにおう場合は気をつけましょう

ステップ3 生活習慣を振り返って確かめる

今日はどんな食事をしたかな、体は動かしたかな……と、生活習慣を振り返ってみてください。いい状態の便が出たとき、悪い状態の便が出たときで比べてみると、より腸の状態を知ることができます

生活習慣を見直すポイント

・きちんと食事をする
栄養バランスが整った食事を意識し、さらに、菌を取り入れることができるチーズやヨーグルトなどの発酵食品と菌を元気にするバナナやリンゴ、キノコ類などの水溶性食物繊維、オリゴ糖を含む食材を積極的に取り入れていきましょう。

・お腹を刺激する運動
適度な運動は体内温度を2℃高くし、腸を活性化させるといわれています。腹圧が適正になると排便が適正に行われるので、お腹を刺激するような動きを取り入れるといいでしょう。

・体を温める
36~37℃が腸内細菌を活性化するのに適した温度と言われています。適度な体温を保つために、湯船につかる、温かいスープやドリンクを飲むことを意識してみてください。

・質のいい睡眠をとる
質のいい睡眠は、腸内細菌の働きをサポートしてくれます。睡眠時間をきちんと確保する、就寝4時間前はカフェインを摂取しない、就寝30分前はスマホやパソコンの使用をやめるなど、良い睡眠への誘導を心掛けましょう。

腸活で目指すべきは、たくさんの種類の菌を存在させること。お腹を触って、便を見て、生活習慣を振り返って腸の状態を知りつつ、腸活習慣をアップグレードさせていきましょう。

image via shutterstock

AuB

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら