1. Home
  2. HEALTH
  3. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

女性のからだケア

1,527

MYLOHAS編集部

20210928_2

今年も10月1日から乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン強化月間」が始まります。

女性にとって、乳がんは決して他人ごとではありません。この機会に、乳がんのこと、そして早期発見の大切さについて、あらためて考えてみませんか?

乳がんサバイバーでもある医療ジャーナリストの増田美加さんが、乳がんの検診から、乳がんと診断された場合までをやさしく説いた記事をまとめてご紹介します。

20代、30代であっても、自覚と知識は必要

20201001_2

若い女性にとって乳がんは、「私はまだ大丈夫」というどこか遠い存在の病気かもしれません。実際、乳がんは30代後半から増えはじめ、40~50代が好発年齢とされています。

しかし、35歳未満(34歳以下)で発症する乳がんは「若年性乳がん」といわれています。決して多くないため、過剰に心配する必要はありませんが、乳がんはいつか自分がかかり得る病気であることを理解し、知識を身につけておくことが大切です。

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

34歳以下の若年性乳がんの見つけ方と、もしも乳がんが見つかったらどうする?

乳がん検診で引っかかったら……次はどうなる?

20201001_3

乳がんの対策として、もっとも大切なことは「早期発見」。乳がんは治癒率が高いことでも知られています。

早期発見のために、欠かさずおこないたいのが定期的な検査やセルフチェック。しかし、「要再検査」と言われてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

乳がん検診で精密検査と言われたら…そのときどうしますか?

乳がん検診でひっかかったら…精密検査“細胞診”と“組織診”ってどんな検査?

「乳がん」と告知されたら、どうすればいい?

20201001_4

「残念ながら、乳がんです」。どんなに覚悟をしていても、そう告知されてショックを受けない人はいないはず。しかし「その混乱した心持ちは、3~5日で平静を取り戻します」と、乳がん経験者の増田さんは語ります。

どんな治療法があるのか、インフォームド・コンセントからセカンドオピニオンまで、回復に向かうためのスタートラインに立つまでのアドバイスをまとめました。

もし、乳がんを告知されたら…そのときにすべきこと

もしもがんになったら…医師に聞いておくべきポイントとは?

セカンドオピニオンは受けたほうがいいの? 効果的に受ける方法とは?

2003年より始まった「ピンクリボンフェスティバル」は今年も開催。コンセプトを「MY PINK ACTION 知ろう、自分と乳がんのこと。」に刷新し、 活動の幅を広げています。

乳がん検診は不要不急ではない」と増田さん。検診はもちろん、乳がんについて知る機会が多く用意されたこのピンクリボン強化月間に、みんなで乳がんに向き合ってみましょう。

──この記事は、 2020年10月1日の記事を再編集して掲載しています。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら