1. Home
  2. HEALTH
  3. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

サヨナラ、疲労

1,609

田邉愛理

20210914_2

ただ日常生活を送っているだけなのに、疲れてしまう……。それは、骨格や筋肉の構造を無視した動きをしているからかもしれません。『疲れないカラダ大図鑑』(夏嶋隆著、アスコム)は、いわば「疲れないための人体の取扱説明書」。歩く、座る、スマホを使うといった日常の動作を少しだけ見直して、蓄積疲労や体の痛みを防ぐコツをご紹介します。

間違った姿勢・動作が「疲れるカラダ」の原因に

本書の著者である夏嶋隆さんは「動作解析」の専門家として活動するメディカルトレーナー。サッカー元日本代表の中山雅史さんや久保竜彦さんなど、スポーツ界で活躍する多くのアスリートが夏嶋さんの施術を信頼しています。

動作解析とは、人間の動作を観察・記録して、運動学や解剖学、物理学に沿った「人体構造に合った正しい動作」を検証し、それをスポーツの現場に還元していく研究です。

(『疲れないカラダ大図鑑』12ページより引用)

アスリートの疲労やケガは「間違った姿勢・動作」から引き起こされることが多いと夏嶋さん。じつは私たちもアスリートと同じように、人体構造的に間違った姿勢や動作が習慣化すると、肉体的な疲れや負担が倍増してしまいます

夏嶋さんいわく、「疲労は痛みや発熱とともに、生体の3大アラーム」。朝起きても疲れがとれない、少し歩くだけで疲れてしまう、肩・首・腰にずっとダルさがある……。こんな感覚があるなら、まずは姿勢・動作を見直してほしいと語ります。

日常生活で「鋭角にしてはいけない」3つの部位

20210914_1

『疲れないカラダ大図鑑』40ページより

日常生活でまず心がけたいのは、「3ポイントアクション」。歩く、座る、手を動かすという、3つの動作に関わる動きです。

疲れないための3つ目のポイントは、「3つの体の部位を、人体の構造に即した使い方をする」ことです。具体的には「歩くとき足首を鋭角にしない」「座るとき足指のつけ根を折らない」「手を動かすとき手首を甲側に曲げない」ことです。

(『疲れないカラダ大図鑑』38ページより引用)

歩くときのNGは、かかとから着地して、後ろ足の足首の角度を鋭角にして歩くこと。足首を鋭角にするとふくらはぎの筋肉が緊張し、足のむくみやダルさ、腰痛につながってしまいます。かかとではなく足の裏全体で着地し、「足の指で地面をつかむ」感覚を意識することで、ぐっと疲れなくなると夏嶋さん。

さらに足指のつけ根を曲げて座っていると、筋肉の緊張が腰から全身にまで伝わってしまうとのこと。座面がちょっと高い椅子だと、小柄な人はこの座り方になりがちですね。

20210914_2-2

『疲れないカラダ大図鑑』79ページより

「手首を甲側に曲げる」ポーズも、パソコンのマウス、スマホを使っているときや、自転車・車の運転、頬杖など、頻繁に使いやすい姿勢。できるだけ手首を曲げたり、反らしたりしないように心がけるだけで、疲れや肩こりの原因を減らすことができるといいます。

「肩こり解消ストレッチ」も逆転の発想で

「動作解析」をベースにすると、肩こりや腰痛を解消するストレッチの方法も変わってきます。

例えば、ガチガチの肩をほぐしたくて、左右の肩甲骨を寄せ、胸を開くような動きをするケース。夏嶋さんによると、このような「動くようにしたい方向」に筋肉を伸ばすストレッチは、伸びた筋肉が元に戻ろうとするため、肩こりを悪化させる危険があるのだとか。肩こりの解消には、「動くようにしたい方向」とは逆の向きに力をかけたほうがよいのです。

20210914_3

『疲れないカラダ大図鑑』269ページより

【肩こり解消ストレッチのやり方】
・右手で左肘をつかみ、胸の前に持ってくる
・左腕を左方向へ引くように力を入れる(それを右手で押さえて動かないようにする)
・1回10秒。左右の手を入れ替えて行なう

(『疲れないカラダ大図鑑』268~269ページより引用)

このストレッチ、筋肉を「伸ばす」というよりは「力を入れる」感覚なのに、終えたあとは肩まわりがじんわり温かくなって、コリがほぐれる感じがします。すきま時間に繰り返していたところ、仕事終わりの「肩のガチガチ感」が確かに軽くなっていました。

本書ではこのほかにも、ペンギンのような動作で腰痛を軽くする体操など、意外な視点から体の疲労・痛みを改善するコツがたくさん紹介されています。しつこい疲れを癒やしたいときに、ぜひ参考にしてみてください。

疲れないカラダ大図鑑

image via Shutterstock、図版提供/アスコム

    Ranking

    1. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    2. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 「さしすせそ」にプラスで「う」。梅干しを調味料にするワタナベマキさんの絶品料理

    10. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    7. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら