1. Home
  2. EAT
  3. カラフルな野菜でシミ、シワに対抗。抗酸化パワーたっぷりの野菜&フルーツサラダ

カラフルな野菜でシミ、シワに対抗。抗酸化パワーたっぷりの野菜&フルーツサラダ

MYLOHAS ヘルシーレシピ

1,060

中村美穂

ML_記事画像_MYLOHASヘルシーレシピのコピー

管理栄養士の中村美穂さんが、バランスよくヘルシーに食べるコツとレシピをお届けする、「MYLOHAS ヘルシーレシピ」。
早いものでもう9月。うだるような暑さや強い日差しに当たり、肌や体がお疲れではないですか?
今回は、夏疲れや紫外線ダメージにさらされた肌や体を元気にする抗酸化成分「ファイトケミカル(フィトケミカル)」に着目。夏野菜やフルーツに含まれ、食事でしっかり食べたい成分です。目にも鮮やかな夏野菜を使った「紫キャベツのマリネとフルーツのサラダ」のレシピをお届けします。

お肌、疲れていませんか?

夏は暑さによる体力の消耗や熱い日差しによる疲れ、屋外と室内の気温差など、体に負担がかかりやすい季節です。どっと疲れが出たり、紫外線を浴びた肌の疲労が隠せなかったり、身体や肌の不調が気になる方も多いのではないでしょうか。

紫外線をたくさん浴びると、体内では、シミやしわの一因となる「活性酵素」が発生します。活性酵素とは、体内の酵素の一部が変化して強い酸化力を帯びたもののこと。増えすぎると細胞にダメージを与え、老化を促進させてしまいます。

そんな活性酵素を除去する働きをするのが、植物に含まれる「ファイトケミカル(フィトケミカル)」の抗酸化作用です。抗酸化作用の高いファイトケミカルを摂ることで、体内から老化にアプローチできるのです。

紫外線ダメージのケアや夏バテに。「夏野菜」がおすすめの理由

1-0039

ファイトケミカルを含む身近な野菜やフルーツ。鮮やかな色に秘密がある。

このファイトケミカルは、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素と、第6の栄養素である食物繊維に次ぐ、「第7の栄養素」と呼ばれる存在。植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作りだした、鮮やかな色素や、アク、辛味、香りなどの成分で、体内の活性酵素を取り除く働きがあります。免疫力を高める作用やがん予防にも役立つことがわかっています。

このファイトケミカルを豊富に含むのが夏野菜や旬のフルーツ。食事で摂ることで、夏の疲れやダメージをケアし、肌を元気にしてくれるのです。

野菜や果物の鮮やかな色=ファイトケミカル。色別に効果をチェック!

ファイトケミカルには種類があり、期待できる効能も異なります。これは、野菜や果物の色素であり、つまり「色」で考えるととてもわかりやすいです。

赤、オレンジ、緑、黄色、紫、黒、白の7色に分類し、代表的な成分と期待できる効能、多く含まれる食材をご紹介します。

<赤系>
・リコピン
赤い色素成分でビタミンEの100倍、カロテンの2倍以上の抗酸化力/トマト、スイカ、柿など
・カプサンチン
緑の色素クロロフィルが分解されて赤く変化した成分。抗酸化作用が強い/唐辛子、赤パプリカなど

<オレンジ系>
・β-カロテン
体内でビタミンAに変換される。抗酸化作用、皮膚や粘膜を保護する/にんじん、かぼちゃなど
・ゼアキサンチン
抗酸化作用、目の働きを助ける/パプリカなど

<緑系>
・クロロフィル
植物の葉に存在し光合成を担う成分。抗酸化作用がある/ほうれん草、ブロッコリーなど

<黄系>
・ルティン
抗酸化作用や動脈硬化の予防に。目の働きを助ける成分も/とうもろこし、アスパラガスなど

・フラボノイド
血管壁の強化やビタミンの吸収を促す働き、抗酸化作用も/玉ねぎ、レモンなど

<紫系>
・アントシアニン
動脈硬化予防や視力の回復に、老化予防にも。抗酸化作用も/紫キャベツ、なす、ブルーベリーなど

<黒系>
・クロロゲン酸 抗酸化作用、食後の血糖値上昇を抑える、血圧低下作用/ごぼう、ヤーコン、じゃがいもなど

<白系>
・硫化アリル 抗酸化作用,ビタミンB1の吸収を促す、血流を促進する /玉ねぎ、にんにく、ニラなど
・イソフラボン
女性ホルモンに似た作用があり骨粗鬆症や動脈硬化予防に/ 大豆、ひよこ豆など

このように色素の成分によって、期待される作用が異なります。野菜やフルーツを選ぶとき、色を意識して選んでみるのもいいですね。

加熱せずに生がおすすめ!

抗酸化作用を期待するなら、なるべく「生」で食べること。単体よりも組み合わせて摂ることでバランスも整いやすいです。

色によってもおすすめの摂り方があります。

例えば、赤や橙(オレンジ)のファイトケミカルは、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。サラダでいただくときは、ナッツやごま、少量のオリーブオイルをあわせて食べましょう。比較的、熱に強いため、油も一緒に摂れる炒め物がおすすめです。

緑や白のファイトケミカルは、グリーンスムージーやサラダなど「生」で摂ることで排泄を促す効果が期待できます。また、加熱をする場合は短時間がおすすめ。ブロッコリーは加熱をしすぎずさっと熱を加える程度にすると、大切な成分をしっかり摂ることができます。

今回ご紹介するのは、ファイトケミカルがたっぷりの夏野菜とフルーツを組み合わせたサラダのレシピ。夏の疲労ケアに、ぜひお試しください。

カラフルでフルーティな「紫キャベツとフルーツのマリネ」レシピ

1-0147

紫キャベツ、赤玉ねぎ、トマト、巨峰を使ったカラフルな一皿。目にも鮮やかで満足感が得られる「紫キャベツとフルーツのマリネ」です。

手に入りやすい旬のフルーツに替えたり、くるみ以外にアーモンドなどのナッツ類を活用したり、アレンジもおすすめです。

「紫キャベツとフルーツのマリネ」

<材料・約4人分>
紫キャベツ…150g(1/4個ほど)
赤玉ねぎ…40g(1/4個ほど)
トマト…120g(1個)
巨峰…120g
クルミ…大さじ2
マリネ液[レモン汁…小さじ2、オリーブオイル…小さじ2、粒マスタード…小さじ1、粉末昆布出し(又は野菜ブイヨン)…小さじ1/2 、塩…小さじ1/4 、こしょう…少々]

<作り方>
1.紫キャベツは細切りに、赤玉ねぎは薄切りにしてボウルにとり、マリネ液を和える。冷蔵庫で30分程冷やす。
2.1に食べやすく切ったトマト、巨峰、刻んだくるみを加えざっくり和える。

1-0072

マリネをして少し置くだけ。作り置きをしても便利。

ポイントは、マリネ液で和えて30分ほど冷やすこと。野菜の水分が出てカサが減り、たっぷり食べることができます。常備菜として作っておくのもおすすめです。

■「紫キャベツとフルーツのマリネ」の1人分の栄養量
エネルギー:94㎉、タンパク質:2.0g、脂質:5.6g、糖質:8.2g、食物繊維:2.2g、カリウム:265㎎、カルシウム:26㎎、鉄:0.4㎎、亜鉛:0.2㎎、βカロテン:186μg、ビタミンB1:0.07㎎、葉酸:87μg、ビタミンC:34㎎、食塩相当量:0.4g

巨峰の甘みとマリネ液のレモンの酸味、マスタードやスープの素のまろやかなうまみが広がる一皿。玉ねぎの辛味やキャベツの苦味もカバーするので、おいしくいただけますよ。

nakamuramiho_prof01

中村美穂(なかむら・みほ)
管理栄養士、フードコーディネーター、プラントベースフードアドバイザー、国際薬膳調理師。料理好きから管理栄養士となり、おいしく楽しく体にやさしい料理やお菓子を探求。商品開発や保育園栄養士の経験を活かし、料理教室「おいしい楽しい食時間」を開催。食事講座や栄養相談、書籍・雑誌・企業のレシピ提供も多数担当している。

撮影/中山実華、 構成・編集/小林ゆうこ

    Ranking

    1. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    2. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 「さしすせそ」にプラスで「う」。梅干しを調味料にするワタナベマキさんの絶品料理

    10. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    7. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら