1. Home
  2. BEAUTY
  3. どっと疲れを感じたときの、ディープヒーリング術/MICHIRUさん、早坂香須子さん、Georgeさんが伝授(後編)

どっと疲れを感じたときの、ディープヒーリング術/MICHIRUさん、早坂香須子さん、Georgeさんが伝授(後編)

サヨナラ、疲労

1,966

多田亜矢子

healing2-fin

心身ともに健康そうで、パワフルに活躍する方々は、疲れを感じたとき、どのようにケアをしているのか。

豊富な知識を有する3名のプロフェッショナル、MICHIRUさん(メイクアップアーティスト、ビューティディレクター)、早坂香須子さん(メイクアップアーティスト、「ネロリラ ボタニカ」ブランドディレクター)、Georgeさん(ヘア&メイクアップアーティスト)に、優秀プロダクトや美容習慣を基にした独自のレスキュー法についてうかがい、2回に分けてご紹介している本企画。

後編のテーマは、「疲れを感じたときのヒーリング術」。瞑想や睡眠、デトックス法など、三者三様の方法をご紹介。

わずか15〜20分。寝転んで行う瞑想で、リフレッシュ|MICHIRUさん

『ヨガニードラ』という寝た状態で行う瞑想法があるのですが、30分で睡眠約3時間に匹敵するほど肉体の疲れがとれるんです。わたしは15〜20分間、タイマーをつけて行っています」とMICHIRUさん。

仰向けになり、両足を肩幅に広げ、手のひらを上に向けた姿勢をとり、意識を自分の体の各部位に向けていくヨガニードラは、香りをあわせることで、より瞑想に入りやすくなるそう。「アロマスプレーやアロマフレグランスを使うといいと思います。リラックスしたいときには、リラックス系アロマのラベンダーカモミールを、集中したいときには、ローズマリーなどの香りを合わせて、ゆったりとした呼吸を意識してください」。

なによりも、睡眠! 質の高い眠りを得るための、就寝前のひと工夫|早坂さん

「疲れたと思ったら、なによりも睡眠に命を懸けます(笑)」と早坂さん。「夕ご飯を軽めにして、高麗人参などが入ったインナーサプリ『インナーリキッド バイタル』を飲み、好みの入浴剤を入れたお風呂に浸かって寝てしまいます。 寝る直前にCBDオイル『ULTIMATE40』を舌下に。 良質な睡眠がとれたら、翌日には心も体もスッキリ切り替わります」。

20210827_healing_2_1yoko

「Waphyto インナーリキッドバイタル」30g(約30回分)5,940円(税込)
ライフケアブランド「Waphyto(ワフィト)」の、植物のエキスを凝縮させたリキッドタイプのサプリメント。3種あるうちの「インナーリキッドバイタル」は高麗人参や西洋山査子、スギナ、桑を配合し、エイジングが気になる地肌やハリ・コシのある髪へと導く。

20210827_healing_2_2

左:「デトソルト」350g 5,000円(税込)
タラソテラピーとフィトテラピーの考え方をヒントに生まれた入浴剤。古代の海水の原料でナトリウム濃度が高いクリスタル岩塩や、海洋性ミネラル豊富なクレイで海を再現。香り高い植物のブレンド精油を配合した「calm mind」と「reset body」の2種がスタンバイ。

中:「ラブ・ユアセルフ・ファースト」1回分 1,650円、アソートセット(写真)6,600円(ともに税込)
デトックス効果が高いバスソルトブランド「NEHAN TOKYO(ネハントウキョウ)」と早坂さんのコラボ入浴剤。純度99.99%の硫酸マグネシウムに、四季と月の満ち欠けをテーマにした精油を加えた4種がラインナップ。

右:「BARTH 中性重炭酸入浴剤」3回分 990円〜(税込)
健康維持など多くの効能があるといわれる中性重炭酸泉の研究から生まれた「BARTH(バース)」の中性重炭酸入浴剤。重炭酸イオンを豊富に含んだ湯は温浴効果が高く、疲労回復を促進。必要ない成分を配合せず、無香料・無着色なので、敏感肌にも安心。リラックス効果や、炎症や痛みが和らぐ効果が期待できる。

20210827_healing_2_3yoko

「CBDAYS MOMENT ULTIMATE40(シービーデイズ モーメント アルティメット40)」9g 32,400円(税込)
CBD(カンナビノイドの成分の1つ)を、成分が凝固してしまうギリギリである濃度40%、含有量3,600mg配合させた国産CBDドロップオイル。睡眠の質を高めたい、気分を切り替えたい、集中したいときに。

Waphyto, デトソルト, NEHAN TOKYO, BARTH, CBDAYS MOMENT

食べるファスティングと塩&酒風呂でデトックス|Georgeさん

「月に1回、ファスティングをして体のデトックスをはかっています」とはGeorgeさん。「DELIFAS!(デリファス)」という、食べて行うメソッドを取り入れたファスティングプログラムを実践しているのだそう。

「身も心も疲れたな、と感じる日は、お風呂にお酒を入れて頭まで浸かっています」。塩や酒は特別なものでなく、粗塩や余った日本酒でよいとのこと。ともに代謝アップが期待できます。

「DELIFAS!」
消化器官を休ませ、体のリセットをはかることを目指すファスティング。

「DELIFAS!」が提案するファスティングは、いわゆる断食ではなく、管理栄養士の監修のもと作られた、彩り豊かなスムージーやスープ、サラダなどのミールキットとともに、おいしく食べて行う無理のないスタイルが人気。

20210827_healing_2_4

事前カウンセリングからファスティング期間中に発生する悩みまで、オンラインやSNSを通じて対応してもらえる「【3days】初回限定プラン(18,800円)」や、サクッと2日間で行える「【2days】週末プラン(11,800円)」、外食続きの置き換えに便利な「リセットスープセット(4,950円(すべて税込))」など、目的や期間に合わせた実践が可能。

20210827_healing_2_5

腸内環境を示唆するバランス調整菌や、筋肉生成に関わる腸内細菌の増加が見られ(※)、「お通じがよくなり、肌荒れの改善につながった」、「食事に気を配るようになった」などの声が聞かれるほか、平均で1.75kgの減量効果が望める(実績値)。

※DELIFAS!と腸内環境検査協会による独自研究より

DELIFAS!

MICHIRUさん|メイクアップアーティスト、ビューティディレクター

20210827_healing_1_profile_michiru_400

渡仏、渡米を経て帰国後、国内外のファッション誌、映像、女優やアーティストのメイク、講師、化粧品関連のアドバイザーやコンサルタント、商品開発のクリエイティブディレクションなど多岐にわたる。

繊細なテクニックの中にその人自身の”魅力“を息づかせるメイクアップに定評があり、ビューティの広告、女優やモデルから絶大な信頼を集める肌、心、体の内側からきれいになれるインナービューティを提唱するなど幅広いフィールドで活動。

著書にパーソナルな美しさを引き出すメイクマニュアル『Make You Up』(マーブルブックス)がある。

早坂香須子さん|メイクアップアーティスト、「ネロリラ ボタニカ」ブランドディレクター

20210827_healing_1_profile_hayasaka-1

看護師として大学病院に勤務後、メイクアップアーティストへ転身。数々の雑誌や広告等で女優やモデルのメイクアップを担当する。アロマや植物療法にも精通し、インナービューティの情報発信やオーガニックプロダクトのコンサルタントなど活躍は多岐にわたる。AMPP認定メディカルフィトテラピスト。

著書に『YOU ARE SO BEAUTIFUL 〜最高の私に出会う7日間〜』(カエルム)、『100%BEAUTY NOTE 早坂香須子の美容A to Z』(KADOKAWA)など。

Georgeさん|ヘア&メイクアップアーティスト

20210827_healing_1_profile_george-1

サロン勤務を経て、師匠に師事し2011年より独立。テレビ、雑誌、広告、CM等で女優、モデルなどのメイクアップを担当する。Voce WEB連載『George365』を展開し、韓国コスメにも精通。著書に『ナチュラルなのに肌がキレイに見えるGeorgeの透けツヤ肌メイク』(インプレス社)。

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら