1. Home
  2. BEAUTY
  3. 画面を見る時間が増えてない? 「肌の疲れ」の原因はこれかもしれない

画面を見る時間が増えてない? 「肌の疲れ」の原因はこれかもしれない

サヨナラ、疲労

木川誠子

shutterstock_1866122824

スマホ、パソコン、テレビなど、さまざまなデバイスからアクセスできる現代。この環境が、「デジタル疲労」を引き起こしているそうです。デジタル疲労とは、視聴や聴覚からのデジタル情報を同時に処理することで生じてしまうストレスや疲労のこと。実はこれが、肌の状態にも影響を及ぼしていることがわかりました。

デジタル疲労が肌荒れを引き起こす

若年層の肌についての研究やストレスの研究を30年以上前から行っている資生堂が、デジタル疲労状態を再現して肌状態の変化を観察するという研究を行いました。

そこでわかったのは、心身の疲労感が増大するだけでなく、肌への悪影響もあること。

3113_z3a19_112re

デジタル疲労が肌に与える影響(イメージ図)

具体的には、
・肌のバリア機能の悪化
・正常ではない角層細胞の割合が上昇
・酸化ダメージ要因のひとつであるポルフィリンの増加
が確認されました。

つまりこれは、デジタル疲労によって肌がダメージを受けているということです。

シークワーサーエキスが救世主?

同時に、デジタル疲労による肌の変化をケアするための研究も行われました。その際に着目されたのが「カスパーゼ14」の存在です。

カスパーゼ14には、肌のバリア機能や水分保持機能を担う角層を成熟させて角層中の水分保持に関わる天然保湿因子の生成を助ける働きがあります。

3113_z3a19_512re

カスパーゼ14の働き (イメージ図)

さらに、カスパーゼ14の発現を高めるのには、「シークワーサーエキス」が有効であることを発見。シークワーサーエキスには、現代人特有のデジタル疲労によってもたらされるダメージをから肌を守ってくれる可能性があるといえます。

3113_z3a19_532re-1

肌ダメージを体の内側からケアできたらいいですね。

ブルーライトカットアイテムも味方に

また、デジタルにまつわる肌疲労といえば、パソコンやスマホなどから出ているブルーライトも気になります。ブルーライトは、肌のハリや弾力を担っているコラーゲンやヒアルロン酸などを作る線維芽細胞が存在する真皮層まで到達すると言われています。

デジタル疲労同様に、肌に影響が出る可能性が高いため気をつけたいところ。ですがあわせて、太陽光中のブルーライトに関しても要注意です。これらはデジタル機器よりも強度が高く、肌トラブルの原因となる成分を増加させてしまうことがわかっています。

ブルーライトから守ってくれるアイテムを日頃から取り入れると、より安心できますね。

ブルーライト+微粒子汚れもガード!

dプログラムre-1

dプログラムアレルバリア エッセンス BB N(30mL)/SPF50+・PA+++¥2,860
ブルーライトや紫外線はもちろんのこと、アレルバリアテクノロジーNEOを搭載し、花粉やちり、ほこりなどの微粒子汚れから守ってくれるBBクリーム。これ1本でベースメイクが完了するのもうれしい。

自然なツヤできれいな素肌感を演出

マキアージュre-1

マキアージュ ドラマティックパウダリー EX(リフィル)/SPF25・PA+++¥3,300
いつものファンデーションをブルーライトカット機能付きのものに変更するのもおすすめ。肌なじみのいいテクスチャーで毛穴や色ムラをカバーし、透明感を高めてくれるファンデーション。自然なツヤ感で、素肌っぽい仕上がりに。

機能性ありのクッションファンデーション

HAKUfin(イメージ)のコピー

HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト(レフィル)/SPF30・PA+++¥3,520
※医薬部外品
シミをカバーしながら、美白(※)美容液効果があるクッションファンデーションにも、ブルーライトカット機能を搭載。オーロラパールが色ムラを整え、美肌に補正。品のあるツヤ感で自然な仕上がりを叶えてくれる。
※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

シークワーサーエキスやブルーライトカット効果が期待できるアイテムを味方につけつつ、時には、パソコンやスマホなどを見ない時間を意図的に作ることも意識したいですね。

image via Shutterstock

資生堂

    Ranking

    1. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    2. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 「さしすせそ」にプラスで「う」。梅干しを調味料にするワタナベマキさんの絶品料理

    10. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    7. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら