1. Home
  2. EAT
  3. どう調理しても、鱧はおいしいものでした【こぐれひでこの「ごはん日記」】

どう調理しても、鱧はおいしいものでした【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

6,605

こぐれひでこ

21.08.02_a2

【8月2日】

21.08.02_a1

朝ごはん:生ジュース。回覧板に入ってくる「広報YOKOSUKA」は30cm×42cm。すごく大きい。こんなに大きい必要ありですか?

21.08.02_a2

昼ごはん:鱧を焼いて残っていたうなぎのタレを塗りました(ごはんにもまぶした)。もちきびご飯にはカツオのフレークと大葉と根しょうがをまぶして、お弁当箱に入れた。おかず用のお弁当箱には、玉子焼きと大根の酢醤油づけと明太子。

鱧、いよいよ食べきりました。どう調理しても、鱧はおいしいものでした。

近所に住むヤマちゃんの「八重山旅の絵日記『水を巡る』展」を見に行きました。波照間島の「水」にインスパイアされた作品です。

21.08.02_c2

21.08.02_c1

夜ごはん:天ぷら(ごぼう、人参、れんこん、オクラ、コーンとちりめんじゃこ、玉ねぎ)とそうめん、きゅうりとわかめの三杯酢、そうめんの薬味(ねぎ、みょうが、オクラ、おろし生姜、天かす)。チョコレートアイス。

WEB太陽で「堀内誠一のポケット」という連載(文:林綾野/写真:小暮徹)が始まりました。

私たちはパリで堀内家族と同居していました(ほとんど居候ですが)。堀内さんのあふれんばかりの才能にすぐ近くでふれられたこと、本当に幸運でした。感謝です。

堀内誠一 (1932-1987)
1932年12月20日、東京に生まれる。デザイナー、アートディレクター、絵本作家。『anan』や『BRUTUS』、『POPEYE』など雑誌のロゴマーク、『anan』においては創刊時のコンセプト作りやアートディレクションを手がけ、ヴィジュアル系雑誌の黄金時代を築いた。1958年に初の絵本「くろうまブランキー」 を出版。「たろうのおでかけ」「ぐるんぱのようちえん」「こすずめのぼうけん」など、今に読み継がれる絵本を数多く残す。1987年8月17日逝去。享年54歳。

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    4. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら