1. Home
  2. MIND
  3. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

2,610

田邉愛理

shutterstock_1672562848_re

「思っていることが伝わらない」、「わかっているのについ、言い過ぎてしまった」──こうした会話の後悔や悩みを、多くの人が抱えています。『会話の9割は「言いかえ力」でうまくいく』(津田秀樹・西村鋭介著、アスコム)は、言葉で損をする人と好かれる人の違いに焦点を当てた本。人を傷つけたり、傷つけられたりしない「言いかえ力」を身につけることで、会話に関する悩みが一気に解消するかもしれません。

傷つくコミュニケーションの原因は「損する言葉」

20210824_2

心理研究家の津田秀樹さんと、精神科医の西村鋭介さんの共著である本書。2人の共通点は、「傷つかない・傷つけない会話」の専門家であるということです。

カウンセリングや心療の場では、心をケアしながら、相手とうまく会話をするための方法が、さまざまに研究されています。それらの方法は、決して特殊なものや専門的なものではありません。日常会話の中で誰もが実践できる、「ちょっとしたコツ」なのです。

(『会話の9割は「言いかえ力」でうまくいく』8ページより引用)

本書によると、会話で人を傷つけてしまったり、自分が傷ついてしまうのは、「損する言葉」を使っていることが大きな原因。「損する言葉」を「好かれる言葉」に言いかえるだけで、会話を中心としたコミュニケーションが変わるといいます。

絶対、ばっかり、なんにも…極端語は「抜くべきトゲ」

20210824_3

本書の第一章で取り上げられるのは、傷つける言葉のトゲを抜く「言いかえ力」。悪意のある比喩を使わない、AをほめるためにBを否定しない、質問形式で責めない……など、日常生活ですぐに使えるテクニックが紹介されています。

「最初に抜くべきトゲ」として登場するのは「極端語」。相手が2、3回くらいミスをしたときに、「いつも同じミスばかりして!」と言ってしまうようなケースです。

《極端語》には、「いつも」「絶対」「ばっかり」「なんにも」「まったく」「~だけ」「本当に」「全部」「全然」「すべて」「完全に」「ちっとも」「大〇〇」「みんな」「超〇〇」などや、「世の中には山ほどいる」「世の中で君くらいのものだ」などの言い方もあり、会話のなかに頻繁に登場しがちです。

(『会話の9割は「言いかえ力」でうまくいく』21ページより引用)

著者によると、極端語を使ってしまうのは、自分の伝えたいことが相手にちゃんと伝わらない……というもの足りなさを感じるから。しかし、人を叱ったり、文句を言ったりするときに使ってしまうと、かえってその言葉が相手に届きづらくなるという逆転現象が起こります。極端語を使われたことで、「そんなことない(そこまで極端ではない)」という反発心が生まれるからです。

この解決法は簡単で、「単に極端語を抜けばいいだけ」だと著者。一歩ずつ、確実に習慣にしていくことが大切だと述べています。

大切な人との関係を深めるための「言いかえ力」

20210824_1

言いかえ力」は、パートナーや家族など、親しい相手との会話でも効果を発揮します。とはいえ、「親しい相手との会話」は上級者編だと著者。相手に心を開き、相手のことを理解していると思うほど、ふとした言葉の傷が深く、大きくなりやすいからです。

とりわけ欠点を指摘するときは、言い方に細心の注意を払う必要があるようです。

心理学者のアルベルトの研究によると、相手の「行動」について不満を言っているカップルは、あまり問題がありません。

でも、相手の「性格」について不満を言っているカップルは、問題アリなのです。別れの危険性がかなり高いといえます。

(『会話の9割は「言いかえ力」でうまくいく』242~243ページより引用)

親しいだけにキツくなりやすいというのも要注意ポイントですが、もっと大切なのは、相手の「行動」は非難してもいいけれど、「性格」は非難しないほうがいいということ。「結果としての行動に不満があるだけで、あなたのことが嫌いなわけではない」というニュアンスを伝えられるかどうかで、2人の関係性が変わってきます。

「いっつも服を脱ぎっぱなし!本当にだらしないよね」と性格を怒るのではなく、「脱いだらすぐに洗濯カゴに入れて。自分のことは自分でやって」と行動の改善点を伝えるのが、相手も自分も傷つかない話し方。たくさん紹介されている「良い会話例」「悪い会話例」も参考に、ゲーム感覚で「言いかえ力」に挑戦してみませんか?

会話の9割は「言いかえ力」でうまくいく

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    2. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 「さしすせそ」にプラスで「う」。梅干しを調味料にするワタナベマキさんの絶品料理

    10. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    7. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら