1. Home
  2. EAT
  3. 「かけるだけ」でトマトがびっくりな美味しさに。ベーコン焼く日はやってみて

「かけるだけ」でトマトがびっくりな美味しさに。ベーコン焼く日はやってみて

7,773

MYLOHAS編集部

s1xwgih0qsnqy2xjz3no

Image: Claire Lower

──ライフハッカー[日本版]より転載

夏のトマトは、過度にありがたがられがちです。何と言っても、トマトは数ある夏野菜のなかでも、もっとも夏野菜らしい夏野菜のひとつです。

そんなトマトの夏らしい爽やかな風味をぼやけさせてしまうなんて、間違っている……。このような考えに、私たちはついとらわれがちです。

ですが、そんな風に考えるべきではないのです。トマトには間違った食べ方などというものは存在しません

トマトはそのまま食べるのが一番だと訴える純粋主義者や、余計な味付けに反発する人(私もそのひとりです)が何と言おうとも。

ほかならぬこのトマトという野菜には、おいしく食べる方法が無限にあるのです。それに、どんな料理にも合うその万能ぶりは、称賛すべきものであって、敬遠すべきものではありません。

要するに私が言いたいのは、「新鮮な生のトマトをスライスして、そこにアツアツのベーコンオイルをかけるべき」という私の提案に対して、大声で反対してはならないということなのです。

お願いだから、ブーイングはしないでください。私の言っていることは正しいのですから。

ベーコンオイル×トマトはベストマッチ

GettyImages-977418366

Image via Getty Images

今にも大声で異議を唱えたい衝動に駆られた人も、ちょっと待ってください。

そして、あなたがこれまでトマトにかけたことのあるオイルを思い出してください。オリーブオイルをかけたことが絶対にあるはずです。しかも、おいしかったに違いありません

オリーブオイルは、風味が決してマイルドなわけではなく、どう考えてもピリッとした刺激が感じられます。けれども、筋金入りのトマト純粋主義者ですら、新鮮なトマトにオリーブオイルをかけることには賛成してくれるでしょう。

とにかく、ベーコンの油ほどおいしい油はないと言ってもいいくらいです。

染み出した油を濾さずに使う場合、たいていは焦げて香ばしくなったベーコンの欠片が少し残っています。そのスモーキーで塩気の効いた油が、甘酸っぱいトマトと絶妙にマッチするのです。

ジュージューと音を立てる高温のベーコン油をかけると、トマトの柔らかな表面がほんの少しだけ熱せられ、生のような、ごくわずかに火が通っているような、そのあいだの微妙な食感になります。

トマトのツンとした汁が油と混ざり合うと、まるで自然なヴィネグレットソースのようになります。

工夫を凝らしてさらにおいしくできる!

GettyImages-1241271089

Image via Getty Images

また、ベーコンの油にはもともと塩気がありますが、さらに塩をぱらぱらと振りかけてはいけないというほどでもありません。マルドンの塩をひとつまみ振るのもなかなかイケます。

生の黒胡椒をガリガリと数回挽いてもいいでしょう。手を加えるのをここでやめて食べてしまっても、十分しあわせに浸れるかもしれません。

けれども、だからといって、ここでやめる必要はありません。もうちょっと手をかけて、ベーコンオイル風味のカプレーゼを作ってみませんか?

アツアツでスモーキーなベーコンの油は、定番サラダのカプレーゼに新たなフレーバーを加えるだけではありません。

添えられたバジルの葉がしんなりし、モッツァレラチーズもいくぶん柔らかくなるので、サラダが若干の温かみを帯び、食べやすくなります。あえて言わせてもらえば、南部風になるのです。

油は、ベーコンを焼いた直後のフライパンに残ったものを使ってもいいですし、朝食後に取っておいたベーコンの油を温め直しても構いません。

とにかく、油がジュージュー音を立て、煙が立つくらいに熱してください。それを、スライスしてきれいに並べたトマトの上からかけます

油がトマトの表面に触れた瞬間にジュッと音を立てるはず。この音がまた、たまらないのです。

「ナス」と「トマト」の旨味がぎゅっ

簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

ナスをフライパンで焼くと、パサパサとした食感になりがち。ですが、解決法がありました!塩をふって焼くだけなのに、柔らかジューシーな焼きナスが完成。ぜひ...

https://www.mylohas.net/2021/05/grilled_eggplant.html

電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

旨味がギュッと凝縮されたトマトをおいしく食べるためのレシピ。時間がなくても大丈夫! 電子レンジを使うと、家で簡単に本格的なローストトマトを作ることが...

https://www.mylohas.net/2020/09/roast-tomatoes-in-the-microwave.html

Claire Lower - Lifehacker US[原文
訳:遠藤康子/ガリレオ

ライフハッカー[日本版]

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら