1. Home
  2. 吉川圭美
  3. Regular
  4. こころとカラダ Q&A
  5. 食事で日焼けの原因となる活性酸素に立ち向かう。手強いのは「一重項酸素」

食事で日焼けの原因となる活性酸素に立ち向かう。手強いのは「一重項酸素」

こころとカラダ Q&A

1,434

吉川圭美

20210712-1

こころとカラダの調子にまつわる素朴な疑問に、専門家が答える連載「こころとカラダQ&A」。今回は、本格的な夏を目前に控えた今、栄養面から講じておきたい「日焼け対策」について管理栄養士、分子整合栄養医学 栄養カウンセラーの吉川圭美さんが答えてくれました。

食事でUVケアの底上げはできる?

Q. 日焼けだけでなく、シミやしわ、ハリなどの原因となる紫外線ダメージから肌を守るには、どんなインナーケアをすればいいでしょうか。ビタミンCがいいとはよく聞くけど、本当ですか?

A:はい、ビタミンCは欠かさずに。加えて「活性酸素」に対抗する栄養素を

「UVケア」「美白」と聞くと、すぐに思い浮かぶのが「ビタミンC」という存在。紫外線対策にはぜひとも摂ってほしい栄養素です。

また、意識して食べたいのが夏野菜や鮭、ナッツ、アボカドなど。その理由と上手な取り入れ方を紹介しましょう。

紫外線で細胞を傷つける“暴れん坊”が発動。とくに手ごわい「一重項酸素」に注目

20210712_2

日焼けのデメリット、それは紫外線によって細胞を傷つける“暴れん坊”である活性酸素が生まれ、細胞膜などが攻撃されてしまうこと。女性たちを悩ませる、シミやしわにつながってしまうのは見逃せません。

もちろん、体はこの状態を、手をこまねいてみているわけではありません。抗酸化物質をつくって細胞を守ろうと対抗しますが、うまくいかないとダメージが残ることに。

とくに紫外線の影響で注目したいのが、活性酸素のなかでもパワーの強い「一重項酸素」の存在。しかも彼らに立ち向かう物質は、ヒトの体では作ることができないのです。

「一重項酸素」から肌を守る、カロテノイド類、アスタキサンチン、ビタミンE

20210712_3

そこで、細胞を守る“味方”を食事からどんどん送り込みましょう。一重項酸素を消し去ってくれるものとしては、カロテノイド類が挙げられます。色素成分のひとつで、β-カロテンやリコピン、ルテインなどがあります。

これらが含まれる食材は、ピーマン、パプリカ、かぼちゃ、にんじん、トマトといったもの。そう、夏野菜をたっぷり食べることがポイントとなります。毎日コツコツと食べること、油と一緒に調理することがコツです。

20210712_6

また、鮭にふくまれるアスタキサンチンも、酸化から細胞を守る抗酸化力がビタミンCのなんと約6,000倍。“食べるUVケア”として、積極的に摂りたいところです。

同時に意識したいのがビタミンE。脂に溶ける栄養素なので、同じく脂でできた細胞膜にスルリと入り込み、自身が身代わりとなって膜を守ります。アボカドやごま、ナッツ類に豊富ですので、夏野菜のサラダにはアボカドやナッツをトッピングしましょう。

ビタミンCはサプリメントで効率よく

20210712_5

そして肝心の「ビタミンC」。体内にためておくことができず、水や熱などに弱く、調理で損失しやすい栄養素でもあるので、ここはサプリを上手に使いたいところです。

ここで知っておいて欲しいのが、質の良いものをチョイスすること。せっかくとっても、壊れてしまった状態では元も子もありません。

ちなみに、ビタミンCは美容面以外にも多くのはたらきがあります。免疫力を高めて風邪を予防したり、ストレスと戦うホルモンを作ったり、肝臓の解毒作用を助けたり、大忙しです。

私たちの体が、どこに優先してビタミンCを送り込むかは、人によって違います。肌のシミやしわに対処するという仕事の優先順位が低い場合 、量をしっかりとらなければ、肌まで届いていないなんてことも……

もろもろの事情を踏まえ、私がいいなと思うのは次のもの。医療クオリティで肌を守ってくれるのはありがたいです。

ちなみに、細胞膜を守り、効力を失ったビタミンEをよみがえらせてくれるのもビタミンC。ペアの力を利用しない手はありません。

白玉点滴でおなじみ、グルタチオンもチャージ

このほか、メラニンを抑えるはたらきがあるといわれるグルタチオンを増強するのも効果的。グルタチオンは、美容皮膚科でも知られる「白玉点滴」の成分としても、ご存じの方は多いでしょう。

グルタチオンは、アミノ酸であるグルタミン酸、システイン、グリシンを材料に、肝臓で作られています。しかし年齢とともに減少傾向に……。レバーや肉類、キウイやアボカドにも含まれています。また、タンパク質をしっかり摂ることもおすすめです。

日焼け止めなど外側からのケアも大切ですが、今年は一歩進んで、内側から細胞を守るケアをぜひ取り入れてみてください。

吉川圭美(よしかわ・たまみ)
女性の美と健康(ダイエット、食を通じた不調ケア・アンチエイジング・美肌など)に関する編集者・ライターとして活躍。取材で出会った「オーソモレキュラー栄養医学」に魅了されて資格を取得し、現在は管理栄養士、栄養カウンセラーとしてアドバイスをおこなっている。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら