1. Home
  2. EAT
  3. あら、こんなに爽やかなおいしさだったっけ【こぐれひでこの「ごはん日記」】

あら、こんなに爽やかなおいしさだったっけ【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

9,707

こぐれひでこ

21.06.02_c4

【6月2日】

21.06.02_a1

朝ごはん:腐乳の雑炊(ザーサイと在庫品の卵白、パクチー)、胡麻豆腐、ひじき煮、生ジュース。

予約してあった「肺炎球菌ワクチン」の接種に野村内科クリニックに行った。ワクチン注射はほとんど痛くなかった。ファイザーのワクチンを予約できるというので予約。一番早くて7月でした!それでも予約できたので、ほっと一息。

21.06.02_b3

21.06.02_b2

21.06.02_b1

昼ごはん:スパゲッティ・ヴォンゴレと小あじのエスカベッシュ(南蛮漬け)のサラダ(きゅうりとトマトとオリーブオイル)。うまい、うまい。

代々木公園のパブリックビューイングは中止だって。そこを利用して大型ワクチン接種場に変更だそう。ちゃんと反対の声をあげていた人たちは偉いですよねえ。私なんて、公の行動せずに個人的にブツブツ言っていただけ。お恥ずかしい。

21.06.02_c1

21.06.02_c4

21.06.02_c3

21.06.02_c2

夜ごはん:ビシソワーズ(冷たいポテトスープ)、クスクスのタブレ(クスクス、パプリカ、トマト、きゅうり、玉ねぎ、パセリ)、生野菜(ラディッシュ、きゅうり、ブロッコリ)、ハンバーグ(人参、ブロッコリ)、抹茶アイスクリーム。

しばらくぶりに作ったクスクスのタブレはフランスの惣菜店に必ず並ぶ、超ポピュラーな料理。あら、こんなに爽やかなおいしさだったっけ、と軽く自画自賛いたしました。

本日のおすすめ記事はこちら

食べ合わせでさらにヘルシーになる食材リスト

食事をとるときは食べ合わせが大事。フランスの雑誌『L'Express』が挙げる「身体に良い組み合わせの食材」をいくつかご紹介。たとえばクスクスと呼ば...

https://www.mylohas.net/2017/07/063388eat.html

しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

覚えておくと便利! 低カロリーなのにボリューム感がある「食べるスープ」のレシピをご紹介します。管理栄養士が考案したヘルシーな具材たっぷりスープは、ダ...

https://www.mylohas.net/2021/05/130kcal-soup.html

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら