1. Home
  2. STYLE
  3. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

あの人の、キッチン

18,034

大森りえ

S1160786_re

おいしい料理が生まれる「キッチン」という舞台裏。料理写真だけでは伝わらない、作り手のこだわりやストーリーがたくさんつまっています。

前編」に続き、ご紹介するのは「ごはん日記」でおなじみのイラストレーター・こぐれひでこさんのキッチン。今回は食卓を豊かにする「食材」のお話。冷蔵庫の中まで惜しげもなく見せてくれました。

海と山の幸に恵まれた三浦半島。週に1回の買い出しが楽しみ

S1160878_re

野菜室は、お米の袋を仕切りにしている。「今日は食材が全然ないの。明日には買い出しツアーに出かけなきゃ」

「何でも聞いて、何でも撮って」と言ってくれたので、お願いしてみました。「こぐれさんの冷蔵庫が見たいです」。

いつも副菜や薬味、フルーツやデザートまでが登場するこぐれさんの食卓を守る冷蔵庫は、さぞかし大きいのだろうと想像していました。しかし、大きいけれどあくまでも家庭用の冷蔵庫が1台、そして入らないときはフォトグラファーのTORUさんが仕事で使う冷蔵庫(フィルムを保管しておくための)の一部を借りることもあるそうです。

「食べきれなかったものを翌日に食べたりすることはあっても、作り置きはしませんね。だって時間があるし(笑)、1週間の献立を考えるなんてことができるほど器用じゃないから。そのときに食べたいものを作るのが楽しいですね。足りないものをすぐ買いに行けるような便利な場所ではないから、なければ工夫する。それもいいでしょ

S1160868_re

「あごだしと薄口しょうゆがあると便利よ、白だしは玉子を焼くときにね」と調味料の説明をしてくれる。

食材の買い出しは、週に1回。三浦半島は、海の幸だけでなく、山の幸にも恵まれていて、レストランに卸すような珍しい西洋野菜を作っている農園もあり、しかも鎌倉野菜より手頃だとか。あちこちを回って「これ、食べたい」と思ったものを買い、何を作るかはあとで考えるのがこぐれさん流。

S1160875_re

こぐれさんが食材を買いに行く「高梨農園」で折ってもらった保存袋。いくら真似しても同じようには折れないので、米袋で代用するように。

S1160691_re

フルーツは冷蔵庫に入れず、無造作にかごに置いておくことも。

「TORU君と買い出しに行くようになったのは、ここで暮らしてからですね。昔は一緒に買い物をする友だち夫婦をうらやましいと思っていました。今は一緒に買い物に行って、一緒にキッチンに立つ。それがここで暮らしてからの最大の変化かな」

難しい品種にも次々と挑戦。TORUさんの野菜作り

S1160743_re

テラスから見下ろすと、作業しているTORUさんの姿が。 森のような庭にさまざまな野菜が植えられている。

豊かな食卓を支えるのは、三浦半島の恵まれた海と山の幸。そして、TORUさんが畑で作る野菜も欠かせません

もともと青葉台の家でも屋上で野菜を作っていたそうですが、秋谷では種類も増え、難しい野菜にも挑戦。フリゼレタス、セルバチコ、ラディッシュ、ふき、スナップエンドウ、そらまめなど、「ごはん日記」でも、サラダやガルニチュールなどで、TORUさん作の野菜がたくさん登場しています。

S1170058_re

やわらかくておいしいTORUさん作のフェンネル。取材にうかがった日は、根っこがダイニングルームに飾られていた。

フェンネルやアンディーブなどのほか、この冬に栽培に成功したのが「プンタレッレ。イタリア・ローマでよく食べられる冬野菜で、こぐれさんはイタリアで食べて以来、「ここ10年ぐらい、『ごはん日記』で布教活動に努めているのに、全然広まらないの! おいしいのに!」というほど惚れ込でいるのだとか。

「日本ではプンタレッラっていうんだけど、複数形だから『レ』で終らなきゃいけないの。それが私のこだわり。『ごはん日記』でアレ? って思う人もいるかもしれないけど、『レ』ですからね(笑)。TORU君が作ってくれるから、来年も布教活動をがんばらなくちゃ」

仕事がのらないときは、キッチンへ。最高の息抜きの場所

S1170182_re

こぐれさんにとって、キッチンに立つ時間はどんなときかをたずねると「ん~、息抜きにはなりますね」という答えが。

仕事がはかどらないときは、ここに来て料理を始めたり、冷蔵庫の中を調べたり。作り始めると楽しくなっちゃって、もう仕事には戻れません(笑)」

L1000740_re

秋谷に来てからキッチンに立つようになったTORUさん。「お料理本を見ながら作るような凝った料理はTORUくんが担当なの」とこぐれさん。

「食べる量も飲む量も、ずいぶん減りましたね」とこぐれさん。それでも1日に3回キッチンに立つのは「だって老人は、他にすることないし(笑)。ちゃんとした用事は食事ぐらいですから」と冗談めかして笑います。

「以前はとにかく忙しかったから、料理をするのもすごくてきぱきしていました。今は時間があるからぐずぐずしてる。だけど楽しいの。食べるのも作るのも、どちらも好きですね。でもTORU君と何を食べようかって話しているのも楽しい時間ですね」

S1160694_re

日当たりのよいサンルームにはハーブ類の鉢が鎮座し、干し網がかかる。

住まいにスタジオと畑があって、作業を終えたTORUさんとふたりで食卓を囲むのは、青葉台時代も今の家でも同じ。ちょっと変わったのは、今は一緒に料理をすること。こぐれ家の歴史を語るには、食は切り離せないキーワードです。

次回はキッチンを少し離れ、リビングやダイニング、寝室、そしてバスルームまで。こぐれ夫妻のお住まいを紹介します。

こぐれさんのキッチン、前編はこちら

ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

「こぐれひでこの『ごはん日記』」でおなじみのイラストレーター・こぐれひでこさん。あの料理の数々は、どんなキッチンで生まれるのでしょうか。キッチン取材...

https://www.mylohas.net/2021/05/kogure_01.html

こぐれさんのアトリエやインテリアも

ご自宅、訪問。こんなアトリエでイラストを描いています/こぐれひでこさんの住まい[前編]

連載「あの人の、キッチン」番外編。こぐれひでこさんと夫であるTORUさんが暮らすお住まいを前後編でレポートします。前編は間取りや引っ越しを決めた理由...

https://www.mylohas.net/2021/06/kogure_home_01.html

パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

こぐれひでこさんのご自宅取材、キッチンに続いて第2弾は「住まい編」。この後編では空間を彩る家具や小物についてお話を聞きました。

https://www.mylohas.net/2021/07/kogure_home_02.html

こぐれひでこ
1947年埼玉県生まれ。イラストレーター。大学卒業後パリに住む。帰国後デザイナーとして活動した後、イラストレーターに転身。食や暮らしに関するイラストやエッセイを中心に執筆。「こぐれひでこのごはん日記」は2000年2月スタート。朝昼晩の食事をバランスよく、かつバリエーション豊かに食べること。それが人生の楽しみ。

撮影/小禄慎一郎

こぐれさんちの食材で

わが家の庭ではこんなプンタレッレも【こぐれひでこの「ごはん日記」】

イラストレーターこぐれひでこさんの毎日のごはん連載。3/10 のごはんは?

https://www.mylohas.net/2021/03/kogurehideko210321.html

バジルを春菊に置き換えて作ってみた【こぐれひでこの「ごはん日記」】

イラストレーターこぐれひでこさんの毎日のごはん連載。3/15 のごはんは?

https://www.mylohas.net/2021/03/kogurehideko210326.html

    Ranking

    1. 幸せになるために思い出したい4つのこと

    2. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. サッとひと塗り、ケア完了。なのにウルウル。感動のオールインワン・スキンケア

    7. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    8. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    1. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    2. 幸せになるために思い出したい4つのこと

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    7. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    8. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. 三日坊主にはもうならない。行動を継続し、目標を達成するメンタルの保ち方

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    7. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら