1. Home
  2. EAT
  3. 「サラダチキン」と「鶏むね肉」の魅力を管理栄養士がレクチャー。簡単おすすめレシピ2選

「サラダチキン」と「鶏むね肉」の魅力を管理栄養士がレクチャー。簡単おすすめレシピ2選

1,166

田邉愛理

20210604_2

低脂肪、低糖質、高タンパクという特徴から、ヘルシー食材として大人気の「鶏むね肉」。スタイルキープに効果的な食材であるだけでなく、じつは肌や髪、目の健康美にも役立つ食材であることをご存知でしょうか。今回は管理栄養士の水谷俊江さんが、改めてそのメリットとおいしい食べ方を紹介してくれました。

定番「サラダチキン」はここがスゴイ

20210604_1

鶏むね肉の魅力が広く知られるようになったきっかけといえば、鶏むね肉を蒸して味つけした「サラダチキン」。コンビニなどで手軽に手に入り、袋から出してすぐに食べられる便利さから大ヒットしました。

水谷さんによると、サラダチキンの魅力は次の3つ。

・高たんぱく質(1パックで1食分のたんぱく質)
・低脂肪、低糖質、低カロリー
・手軽に手に入り、調理いらず

(「Diet Plus」より引用)

多くのサラダチキンは1パック(約100g)あたり約100kcal。コンビニのおにぎり半分と同じくらいのカロリーですが、約22gのタンパク質を摂取することができるそう。さらに、鶏むね肉の糖質量は0g、脂質は1g未満。皮付きの鶏もも肉と比べると、脂質量はたった1/10なのです。

そして、水谷さんが鶏むね肉をすすめるもう1つの理由が、「美のビタミン」「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAが豊富なこと。肌や髪、目のうるおいや輝きを保つエイジングケアとしても、ぜひ取り入れたい栄養素です。

おいしく仕上げるポイントも。鶏むね肉のおすすめレシ

20210604_3

鶏むね肉は比較的リーズナブルで、毎日の食卓に取り入れやすいのも嬉しいところ。肉自体の味わいが淡泊なので飽きやすいのが難点ですが、具材や味つけを変えれば解決できます。水谷さんおすすめの簡単レシピがこちらです。

1.「鶏といろどり野菜の白ワイン蒸し」

鶏むね肉にフライパンで焼き色をつけてから、白ワインを加えて野菜と一緒に10分蒸すだけ。ローズマリーの爽やかな香りがいいアクセントです。

2.「大根と鶏むね肉のとろ旨煮」

かつおだしで鶏むね肉と大根を煮込み、やさしい味わいのひと品に。ご飯にかけて丼にして、わさびを少し添えて食べるのもおいしいとのこと。

「むね肉の淡白であっさりした味は、煮物や蒸し物がとても合う」と水谷さん。むね肉がパサパサしないように片栗粉をまぶしてから煮たり、加熱しすぎないようにしたりすることもおいしさのポイントだといいます。サラダチキンと合わせて、ぜひ毎日の食事に活用してみてください。

鶏むね肉を使いこなそう

低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

低糖質で高タンパク、ヘルシーな「鶏むね肉」はダイエットの強い味方ですが、加熱すると固くなり、パサつきやすいのが難点。今回は管理栄養士の谷口美希さんが...

https://www.mylohas.net/2020/10/chicken-breasts.html

ダイエットに鶏むね肉! やせやすい体づくりをサポートする3つの魅力

ダイエットの味方につけたい「鶏むね肉」。なぜ鶏むね肉は優秀なダイエット食材と言われているの?その魅力を3つ紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188325diet_chicken.html

mizutani_toshie

水谷俊江(みずたに としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    2. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    3. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    4. 頭痛には、どんな栄養を摂るべき? 管理栄養士が控えるべき食品も紹介

    5. 冷たくして召し上がれ。豆乳でふわふわに仕上げる「きゅうりの冷製ポタージュ」

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    8. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    9. 生理用吸水ショーツを使ってみた。注目10ブランド一挙紹介

    10. ストレスが68%もダウン。心と体をラクにする「読書セラピー」

    1. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    2. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    3. 頭痛には、どんな栄養を摂るべき? 管理栄養士が控えるべき食品も紹介

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    6. 抑えきれない怒りの症状は「PMDD」かも。PMSとどこが違う?

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. 飛田和緒さんに教わる保存食のコツ。手をかけただけ、おいしさがやってくる

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    3. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 栄養不足と思ったら、とりあえずこれ食べよう。管理栄養士考案、レンジで「ブッダボウル」

    6. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    7. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    10. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら