1. Home
  2. EAT
  3. 「サラダチキン」と「鶏むね肉」の魅力を管理栄養士がレクチャー。簡単おすすめレシピ2選

「サラダチキン」と「鶏むね肉」の魅力を管理栄養士がレクチャー。簡単おすすめレシピ2選

2,482

田邉愛理

20210604_2

低脂肪、低糖質、高タンパクという特徴から、ヘルシー食材として大人気の「鶏むね肉」。スタイルキープに効果的な食材であるだけでなく、じつは肌や髪、目の健康美にも役立つ食材であることをご存知でしょうか。今回は管理栄養士の水谷俊江さんが、改めてそのメリットとおいしい食べ方を紹介してくれました。

定番「サラダチキン」はここがスゴイ

20210604_1

鶏むね肉の魅力が広く知られるようになったきっかけといえば、鶏むね肉を蒸して味つけした「サラダチキン」。コンビニなどで手軽に手に入り、袋から出してすぐに食べられる便利さから大ヒットしました。

水谷さんによると、サラダチキンの魅力は次の3つ。

・高たんぱく質(1パックで1食分のたんぱく質)
・低脂肪、低糖質、低カロリー
・手軽に手に入り、調理いらず

(「Diet Plus」より引用)

多くのサラダチキンは1パック(約100g)あたり約100kcal。コンビニのおにぎり半分と同じくらいのカロリーですが、約22gのタンパク質を摂取することができるそう。さらに、鶏むね肉の糖質量は0g、脂質は1g未満。皮付きの鶏もも肉と比べると、脂質量はたった1/10なのです。

そして、水谷さんが鶏むね肉をすすめるもう1つの理由が、「美のビタミン」「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAが豊富なこと。肌や髪、目のうるおいや輝きを保つエイジングケアとしても、ぜひ取り入れたい栄養素です。

おいしく仕上げるポイントも。鶏むね肉のおすすめレシ

20210604_3

鶏むね肉は比較的リーズナブルで、毎日の食卓に取り入れやすいのも嬉しいところ。肉自体の味わいが淡泊なので飽きやすいのが難点ですが、具材や味つけを変えれば解決できます。水谷さんおすすめの簡単レシピがこちらです。

1.「鶏といろどり野菜の白ワイン蒸し」

鶏むね肉にフライパンで焼き色をつけてから、白ワインを加えて野菜と一緒に10分蒸すだけ。ローズマリーの爽やかな香りがいいアクセントです。

2.「大根と鶏むね肉のとろ旨煮」

かつおだしで鶏むね肉と大根を煮込み、やさしい味わいのひと品に。ご飯にかけて丼にして、わさびを少し添えて食べるのもおいしいとのこと。

「むね肉の淡白であっさりした味は、煮物や蒸し物がとても合う」と水谷さん。むね肉がパサパサしないように片栗粉をまぶしてから煮たり、加熱しすぎないようにしたりすることもおいしさのポイントだといいます。サラダチキンと合わせて、ぜひ毎日の食事に活用してみてください。

鶏むね肉を使いこなそう

低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

低糖質で高タンパク、ヘルシーな「鶏むね肉」はダイエットの強い味方ですが、加熱すると固くなり、パサつきやすいのが難点。今回は管理栄養士の谷口美希さんが...

https://www.mylohas.net/2020/10/chicken-breasts.html

ダイエットに鶏むね肉! やせやすい体づくりをサポートする3つの魅力

ダイエットの味方につけたい「鶏むね肉」。なぜ鶏むね肉は優秀なダイエット食材と言われているの?その魅力を3つ紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188325diet_chicken.html

mizutani_toshie

水谷俊江(みずたに としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら