1. Home
  2. STYLE
  3. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

整えBOOK

4,022

田邉愛理

20210510

ゴールデンウィークで休んだはずなのに、かえって心と体のリズムが乱れ、日常生活がつらく感じる……。「5月病」とまではいかなくても、連休のあとは憂うつな気分になりやすい気がします。

こんなときの処方箋は、あたたかく大らかで、ほっとする言葉を自分にかけてあげること。『精神科医・モタ先生の心が晴れる言葉──今だからこそ読みたい「心の名医」による66のメッセージ』(あさ出版)から、雨模様の心が晴れるモタ先生の名言をご紹介します。

人生の「雨季」はいつか必ず終わる

20210510_2

家族・夫婦・子育て・心の病・ストレスを専門とする「心の名医」であり、2006年に90歳で逝去されたモタ先生こと斎藤茂太さん。歌人・斎藤茂吉の長男、作家・北杜夫の実兄であり、多くのベストセラーを著した随筆者としても知られています。

本書はあさ出版から発刊されたモタ先生の著作から、コロナ禍の今だからこそ読みたい66のメッセージを集めて再編集したもの。

冒頭に掲げられるのは、行き詰まりや先が見えない状況に対するモタ先生の言葉です。

やまない雨がないように、人生の「雨季」もいつか終わる。

そのことは信じていい。

そしてまた雲間から太陽が顔をのぞかせるのだ。

(『精神科医・モタ先生の心が晴れる言葉──今だからこそ読みたい「心の名医」による66のメッセージ』2ページより引用)

雨の日は気持ちが暗くなりがちだけれど、人間は「雨など降らなければいい」とは思わない。それは、あらゆる命にとって、存在し成長し続けるために雨が欠かせないものだと知っているからだと、モタ先生は語ります。

私たちがつらいと感じる状況は「人生の雨季」のようなものであり、成長のきっかけにもなり得るもの

「必ず終わる」という確信を持ち、つらさとの付き合い方を少し変えるだけで、心は光を取り戻せる──。

天寿を全うするまで「生涯現役」を貫き、医師・作家として多くの人の心を癒したモタ先生の言葉には、不思議な説得力を感じます。

「もう」ではなく「まだ」で発想すると状況が変わる

「生き方の達人」と呼ばれたモタ先生は、ご本人いわく「生来の楽天家」。ポジティブな言葉が多いので、「ほんとうに苦しいときに、プラス思考で考えるのは難しい」と疑問を感じる人もいるかもしれません。

しかしモタ先生によると、プラス思考は決して脳天気なものではないとのこと。悩まずにいること、自分の都合のいいように考えることが「プラス思考」ではないのです。

(中略)ほんとうのプラス思考には、ときには苦しみや悩みがついてまわるのである。大切なのは、悪いことを予測しながらも、いい結果を思い描くことなのである。「これだけの困難が予想される。でもきっと抜け出せる。その先には明るい未来が開けてくる」と信じ、どう行動するのかを考えるのが前向きな思考だ

(『精神科医・モタ先生の心が晴れる言葉──今だからこそ読みたい「心の名医」による66のメッセージ』239ページより引用)

困難に直面したときのモタ先生のアドバイスは、「もう」ではなく「まだ」で発想すること

「もうダメだ」ではなく「まだ大丈夫」「まだこれから」と口に出し、一歩を前に踏み出せば、今の苦しい経験は必ず未来のプラスになると教えてくれています。

「私は幸せになる運命だ」と言ってみる

20210510_4

気持ちが追い込まれたときのモタ先生の習慣は、「どんな人もみな幸せになる運命のために存在している」と考えることだそう。

そして、自分を元気づけたいときは、あるおまじないを唱えるといいます。

口の中で小さく、「私は幸せになる運命だ」と言ってみる。すると少し元気になれる。

自分に対する肯定感が生まれると、それは体にもいいようだ。(中略)実際、このようにある種の開き直りができるとだいたい状況が好転してくる。さらに、自分がよく見えてくる。見失っていた自分を取り戻すことができるようになる。

(『精神科医・モタ先生の心が晴れる言葉──今だからこそ読みたい「心の名医」による66のメッセージ』242~243ページより引用)

自分を見失いそうなとき、「あなたなら大丈夫」と言ってくれる人の存在は心強いもの。モタ先生のおだやかな語り口が、モヤモヤする心を落ち着かせ、一歩を踏み出すエネルギーをくれる一冊です。

すっきりしない心に試してみて

心のバランスを整えるには「集中しない」のがコツ!? 家でできる練習法

ボーッとしていて、意識も散漫。何から手をつけていいのかわからない。そんな彷徨う心を落ち着かせるマインドフルネスの方法を専門家に教えてもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2020/04/210951mind_mindfulness2.html

凹んだときこそガッツポーズ? 身体の動きが心に与える影響とは

被験者たちにスキップなどの楽しい動きや変な動きをしてもらったところ、ポーズをとるうちに愉快になって、元気になったというサンフランシスコ州立大学の研究...

https://www.mylohas.net/2019/03/185297get_better03.html

精神科医・モタ先生の心が晴れる言葉──今だからこそ読みたい「心の名医」による66のメッセージ

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    6. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    9. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    10. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    9. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら