1. Home
  2. STYLE
  3. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

115,566

MYLOHAS編集部

GettyImages-1137710110_re

Image via Getty Images

──ライフハッカー[日本版]より転載

年によっては、私は自分の菜園に夢中になります。そんなときは、栽培計画を書き、種を撒き、お気に入りのトマトの苗を探して遠出したりもします。一方、今年のように、疲れ果ててさっぱり気が乗らない年もあります。

そんなときは、最小限の作業で美味しい物を収穫したくなります。というわけで、私がどんな年にも必ず植えるのはハーブです。

屋内で野菜を育てる方法は、以下のビデオをご覧ください。

ハーブは、菜園ハックのトップに位置しています。何しろ育てるのが楽なので、その分インパクトが大きい作物にエネルギーを集中できるからです(ハーブは野菜かどうかわかりませんが、それについて議論するつもりはありません。ただ、ハーブは菜園で栽培できます)。

スーパーで手に入る新鮮なフレンチハーブは高価な贅沢品です。乾燥させたものは安いですが味は落ちます。しかし、たとえば、バジルを植えた鉢を窓辺に置いておけば、いつでも好きなときに新鮮なバジルをほとんど無料で堪能できます。

ハーブは、庭で最も育てやすく、収穫も簡単です。年中収穫できますし、一度にたくさん収穫して食べきれなくて困ることもありません。ハーブは、一度植えると半永久的に繰り返し収穫できて、保存も簡単です。

プランターを何個か置くスペースさえあれば十分です。ハーブは小さいのでプランターでうまく育ちます。

庭にハーブを植える区画があるなら、是非地面に植えてください。その方がのびのびと大きくなります。

私のお気に入りのハーブとその育て方をご紹介します。

1. セージ

GettyImages-460749591

セージは毎年収穫できる丈夫な植物で、感謝祭の七面鳥の味付けをする頃もまだイキイキしていることがよくあります。文字通り何の世話もせず、成長するに任せて大丈夫です。

2. チャイブ(セイヨウアサツキ)

GettyImages-934866360

私はチャイブをたくさん持っていますが、買ったものは1つもありません。チャイブは時が経つに連れて房になってどんどん大きくなるので、房を株分けして別のプランターか庭の別のところに植えたり、友人にあげたりできます。私も友人から最初のチャイブをもらいました。チャイブは世話をまったく必要とせず、きれいな花が咲きます。

3. バジル

GettyImages-1226564235

バジルはハーブのプリマドンナです。たまに水をやりましょう。苦味が出ないようにするには、花が咲かないように葉先を摘む必要があります。

次に、一番手がかかる点ですが、バジルはトマトと新鮮なモッツァレラチーズと一緒に食べるか、パスタに入れる必要があります。本当に手間がかかりますね。

4. ミント

GettyImages-171106919

世の中にはミントの植え方が2つあります。ミントをプランターに植えて1年限りで終わらせるか、地面に植えて来年も収穫するかです。ミントが好きな人は、ミントを1度だけ買って、地面に植えましょう。


プランターでハーブを育てるときは、日光が十分に当たるようにして(屋内に置くよりバルコニーや植木箱で育てた方がいいですね)、時々水を少しやりましょう。屋外に植えると、ほとんど何もする必要はありません。

セージ、チャイブ、タイム、ローズマリーは冬も越せます。それ以外のハーブは自ら種を撒くかもしれません。私は、春になるたびに、ミントとオレガノが発芽するのを見ています。

私からハーブ栽培の初心者にアドバイスするとしたら、ハーブを種から育てようと思ってはいけないということです。そんなことをすると収穫までに時間がかかり過ぎます。

プランターに植えてあるハーブを園芸店かスーパーで購入し、家に持ち帰ったらその葉を何枚か食べて、数分後には「私はガーデニングに成功した」と宣言して構いません。だって、もうハーブガーデンを持っているのですから。園芸の天才ですね。

Beth Skwarecki – Lifehacker US[原文
訳:春野ユリ

Image via Getty Images

ライフハッカー[日本版]

プチガーデニングのすすめ

呼吸も心もクリアに。インテリアグリーンとの暮らし方5選

エコプラントや盆栽など、インテリアグリーンとの暮らし方のヒントをマイロハスの記事のなかからご紹介します。

https://www.mylohas.net/2016/08/056617interiorgreen.html

オーガニックなガーデニングライフ。ポートランド発「Root Pouch」

ガーデニングを始めたくなったらぴったりなのが、オレゴン州ポートランド発の「Root Pouch(ルーツポーチ)」。ガーデニングを気軽にライフスタイル...

https://www.mylohas.net/2017/08/064213root.html

    Ranking

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    3. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    4. 「シャンプーバー」の使い心地は? 固形シャンプー注目3ブランドを試してみた

    5. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    6. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    7. もう食べられない、と思うまで食べ続けてしまう......。過食ぐせを治すには?

    8. 筋肉がつきにくくなるのはなぜ? 運動をムダにせず効率的に「筋力アップ」する方法

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. ただの生理痛?婦人科に行くべき? 婦人科医の探し方は?

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    3. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    4. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    5. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    6. Amazonプライムデー! セールは6月21日・22日。週末に準備すべきこと

    7. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    10. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    3. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    4. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    5. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    6. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    7. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら