1. Home
  2. HEALTH
  3. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

3,083

田邉愛理

shutterstock_1830849791

何かと忙しい春。心身の疲れをさらに加速させるのが、上半身に重くのしかかる「肩こり」です。症状が悪化して頭や首まで痛んでくる前に、ぜひ試してほしいのが「肩甲骨ほぐし」。管理栄養士の藤井歩さんが、美容や体型キープにも役立つ簡単なストレッチを教えてくれました。

「肩甲骨ほぐし」の3つのメリット

1.肩の血行を良くして肩こり解消

背中を丸めてスマホやパソコンを長時間使っていると、肩の血行が悪くなり、肩こりの原因になってしまいます。肩甲骨をほぐすと肩の血行が促進されるため、肩こり解消に効果的です。

2.猫背を解消して美姿勢に

肩甲骨まわりの筋肉が凝り固まると、「猫背」の姿勢になりやすいと藤井さん。猫背になると腹筋などの筋肉をあまり使わなくなるため、ぽっこりお腹にもなりがちとのこと。「肩甲骨ほぐし」で猫背を解消すれば、筋肉が正しく使われるようになり、スタイルアップが期待できます。

3.褐色脂肪細胞を刺激して代謝アップ

肩甲骨の周りには褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞には熱を生産する働きがあり、体温が上がることで代謝アップにつながると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

褐色脂肪細胞は新生児に多いとされ、加齢とともに減少し、増やすことはできません。

しかしうれしいことに、「肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活性化することができる」と藤井さん。今の体重を維持したいときや、体重を少し落としたいときなど、ぜひ下記の「肩甲骨ほぐし」ストレッチを取り入れてみてください。

おすすめストレッチ「肩甲骨ほぐし」

手順1

椅子に座り、両手を頭の後ろに添える。

0416_2

「Diet Plus」より

手順2

息を吸いながら両ひじをしっかり開く。

0416_3

「Diet Plus」より

手順3

息を吐きながら右側に倒してキープする。

0416_4

「Diet Plus」より

ポイント
・目安は10秒×片側2回
・キープ中はゆっくりとした呼吸を繰り返しましょう。
・逆側も同様に行いましょう。

(「Diet Plus」より引用)

肩こりがひどいときは、両手を後頭部に添えるだけでイタ気持ち良く、上半身のこりがじんわりほぐれる感じがします。左右に体を倒しながらゆったりとした呼吸を続けることで、リラックス効果もあるようです。

椅子に座った状態で行うストレッチなので、いつでも気軽にできるのが魅力。デスクワーク中に肩こりが気になったら、こまめに取り入れてみるのがおすすめです。

気持ちのいい体で気分もアップ!

カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

気持ちのいいヘルシーな体を維持したい。そのためには無理なカロリー制限よりも、生活習慣の改善や、基本的な体の知識のおさらいが効くようです。おいしく食べ...

https://www.mylohas.net/2020/11/five-points.html

良くならないのはなぜ? 頑固な「首こり・肩こり」の意外な原因

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は「肩こり、首こり」について、女性医療ジャーナリストの増田美加さんがお伝えします。

https://www.mylohas.net/2021/02/strategy90.html

fujii_ayumi

藤井歩(ふじい・あゆみ)さん
管理栄養士。大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係のさまざまな業務に携わっている。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

    8. 顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策

    9. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    6. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら