1. Home
  2. HEALTH
  3. アメリカ催眠療法士考案。「カウントダウン法」で今夜からぐっすり

アメリカ催眠療法士考案。「カウントダウン法」で今夜からぐっすり

1,241

MYLOHAS編集部

20210401_2

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

20210401_1

ベッドに入ってもなかなか寝つけない人におすすめしたいのが、アメリカの催眠療法士が考案した「カウントダウン法」です。

いつの間にか眠ってしまう「カウントダウン法」

  1. ベッドに入り、目を閉じたまま、100から1つずつ減らして数え始める。
  2. 3秒に1つくらいのゆっくりしたテンポでカウントダウン。
  3. いくつまで数えていたのか忘れたら、もう一度100から数え直す。
  4. いつの間にか、すやすや……。

ポイントは、呼吸はゆっくりを意識すると、心拍数が下がり、リラックスできます。

1から順に数えるよりもカウントダウンのほうが、数を数えることに集中でき、あれこれと余計なことを考えずにすむため、いつの間にか眠ってしまいます。呼吸をゆっくりするのがポイントです。

「4-7-8呼吸法」に続けて行うと、さらに効果的。目を閉じて呼吸に集中することで、心拍数が下がり、心の緊張も和らぎます。

──この記事は、 2019年8月12日の記事の一部を再編集して掲載しています。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

食べて快眠

「満腹で眠ってはいけない」のはなぜ? スタイルキープに役立つ食事と睡眠のタイミング

「食べてすぐ眠ると太る」といわれますが、一体なぜなのでしょうか。満腹状態での睡眠を避けたほうがいい理由や、体重維持に役立つ食事・睡眠のポイントをご紹...

https://www.mylohas.net/2021/02/growth-hormone.html

スムーズな寝落ち、ぐっすりとした眠りを求めるなら、紫色のあの野菜を食べよ!

加工用途が少なく、需要が低迷している野菜・ナスを救うべく、ベンチャー企業「ウェルナス」はナスの研究を実施。世界で初めて、ナスに睡眠改善効果があること...

https://www.mylohas.net/2021/01/eggplant-1.html

    Ranking

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    3. Amazonプライムデー! セールは6月21日・22日。週末に準備すべきこと

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    6. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. ただの生理痛?婦人科に行くべき? 婦人科医の探し方は?

    9. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    10. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    3. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    4. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    5. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    6. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    7. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    8. Amazonプライムデー! セールは6月21日・22日。週末に準備すべきこと

    9. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    3. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    6. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    7. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    8. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    9. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    10. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら