1. Home
  2. HEALTH
  3. 骨盤のゆがみ、ポッコリおなかの原因にも。早くから始めたい骨盤底のケア

骨盤のゆがみ、ポッコリおなかの原因にも。早くから始めたい骨盤底のケア

カラダ戦略術

2,887

増田美加

20210325_7

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は「女性のデリケートゾーン(骨盤底)」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

骨盤底は、健やかな人生を送るためのキモ

骨盤底は、骨盤のいちばん底にあって、子宮や下半身の臓器を支える骨盤底筋やじん帯・筋膜で構成されているプレートのことです。加齢だけでなく、運動不足、妊娠・出産でも衰えます

とくに40代からは、かゆみ、乾燥、頻尿、尿もれ、性交痛だけでなく、全身のさまざまなトラブルの原因につながってくるため、人生100年時代にいつまでも美しく、快適に生きるには、骨盤底はケアすべき重要な場所です。

20210325_2

骨盤底にある筋肉=骨盤底筋は、恥骨から左右の坐骨結節の間に張っています。坐骨結節は、意識しづらい場所ですね。

坐骨結節を確認するには、椅子に座って、てのひらを上にしておしりの下に置いてみてください。手の指が触れる、硬い骨の出っ張りの部分がそうです。左右のおしりに、ひとつずつあります。

骨盤底にある骨盤底筋は、肛門や腟を意識して「締める→緩める」を繰り返すことで、鍛えることができます

骨盤底筋が衰えると、こんな不調が

20210325_1

骨盤底筋が衰えると、どうなるのでしょうか。まず、骨盤が歪み、下腹がポッコリ出るなど、ボディラインの崩れが起こります

それに加えて、腟のゆるみ、萎縮、頻尿、尿もれ、下腹部痛、性交痛、骨盤臓器脱(子宮脱)などを起こす危険が高まります。また、これらの不調によって、うつ病リスクも高まるといわれています。女性のQOLを著しく低下させるのが骨盤底筋の衰えです。

骨盤底筋の大きな役割のひとつが、排泄のコントロールです。骨盤底筋は、便意や尿意があるとゆるみ、排泄を促します。ところが、骨盤底筋に過剰な負荷がかかり、骨盤底筋を締める力が低下すると、頻尿や尿もれの原因になります。

骨盤底筋は、骨盤の底にあって、恥骨、坐骨結節、尾骨についている筋肉で、骨盤内の臓器である、膀胱や子宮、直腸を支える役割があります。そのため、骨盤底筋が衰えると、骨盤臓器脱といって、腟から子宮が出てきてしまう子宮脱や膀胱が出てしまう膀胱瘤、直腸が出てしまう直腸瘤の原因にもなるのです。

骨盤底筋は鍛えないと、どんどん衰えます

これらは、出産によって、骨盤底筋や靭帯、筋膜が伸びて、断裂することでも起こりますが、40代になって更年期に、女性ホルモンの低下や筋肉の衰え、コラーゲンの減少によっても起こります。

骨盤底筋は、手足同様、鍛えれば筋力はアップし、何もしなければ衰える骨格筋です。普段、意識しないでいると、手足の筋肉よりも衰えるのが早いのです。

頻尿、尿もれ、骨盤臓器脱は、締める力の低下によって起こりますが、一方で、緩めることができず、腟が萎縮し、痛みでセックスができなくなる人もいます。

肩こりと同様のメカニズムで、筋肉が緊張すると血流が悪くなり、痛みを起こす発痛物質が滞るため、痛みが出てくる場合があります

筋肉の衰えのピークは、エストロゲンの分泌が減る閉経後です。

女性ホルモン低下が引き起こす新疾患「GSM」

20210325_4

更年期に、おしものかゆみ、乾燥、頻尿、尿もれ、性交痛があれば、「GSM(Genitourinary Syndrome of Menopause/閉経関連尿路生殖器症候群)」という疾病の可能性もあります。

GSMは、女性ホルモンの低下にともなう外陰部や腟の萎縮と脆弱化で、泌尿器と生殖器の症状が顕著に起こります。

以前は、老人性腟炎と呼ばれ、年だから仕方ないと放置されていました。けれども、2014年に、国際女性性機能学会と米国更年期学会が新たな疾患概念としてGSMを提唱しました。

GSMは、ゆっくりと確実に進行し、閉経後には半数以上の女性の生活の質が低下していることが明らかにされています。

症状は、外陰部・腟の乾燥感・灼熱感・かゆみ、尿失禁、頻尿・尿意切迫感、排尿困難感、膀胱炎の繰り返し、性交時のうるおい不足、性交痛、性的欲求低下、オーガズム低下などと多岐にわたります。

GSMの3大症状は「外陰部・腟のかゆみ、尿もれ、性交痛」です。

頻尿、尿もれ、性交痛、腟の萎縮で困っている人は、女性泌尿器科や婦人科で相談してください

ホルモン補充療法や腟錠の治療も

GSMの治療薬の第一選択肢は、女性ホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)とされています。保険適応薬で、飲み薬、貼り薬、塗り薬と種類も豊富です。

しかし、全身へのホルモン補充療法(HRT)は、「乳がんや子宮がん、血栓症などの既往があると使えない。十分に症状が改善しない人もいる。60歳以上だと血栓などの動脈硬化のリスクがあり処方されにくい」という問題があります。

そのため、上記に当てはまる人には、全身のホルモン補充ではなく、局所(腟)にホルモンを補充する治療で、エストロゲンの腟剤を使われることもあります。

オイルを使っておこなう腟マッサージも大切

20210325_3

エストロゲンを配合したオイルや妊産婦さんの会陰マッサージに使うオイルを使って、腟の粘膜をマッサージします。オイルをつけて、人差し指の第一関節くらいを腟に入れて、指をグルっと回しながらマッサージ

オイルは、外陰部の皮膚にも使います。

腟マッサージは、乾燥、萎縮した腟を柔らかく柔軟にしてくれます。

さらに、ジムやクリニックなどでおこなう骨盤底トレーニング、ピラティスなどの運動療法を専門家に教わることも大切です

軽い尿もれや頻尿の段階ならば、薬を使わずに、骨盤底トレーニングで80%改善するといわれています。

また、症状がなくても、早い段階から骨盤底トレーニングを習慣化しておくと、予防になります。

これらの治療でも改善しない人には、女性泌尿器科や婦人科で行っているフラクショナル炭酸ガス(CO2)レーザーで、腟や外陰部を照射する治療もあります。

GSMの症状を改善して、デリケートゾーンの若返りをめざす治療です。

増田美加さんが新刊を出版!

増田さんの新刊『もう我慢しない! おしもの悩み 40代からの女の選択』(オークラ出版)では、骨盤底を“おしも”とし、デリケートゾーンのかゆみ、乾燥、頻尿、尿もれ、性交痛のケアなどについて、詳しく紹介しています。ぜひお手にとってみてください。

今すぐ始められる、骨盤底のケア

骨盤底の筋肉は一生の財産です。なぜだか知っていますか?

自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。Vol.9のテーマは、骨盤底筋。骨盤底の...

https://www.mylohas.net/2017/10/065154bodystrategy09.html

骨盤底の筋肉を鍛えてお腹ポッコリを解消! 尿もれも予防

自分の体をきちんと知ろう!をテーマにした増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダ戦略術」。Vol.9&10のテーマは、骨盤底筋。Vo...

https://www.mylohas.net/2017/11/065607bodystrategy10.html

mika_masuda

増田美加・女性医療ジャーナリスト
予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。 新刊『もう我慢しない! おしもの悩み 40代からの女の選択』(オークラ出版)ほか、『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)など著書多数。 NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら