1. Home
  2. STYLE
  3. 本質を知れば、料理はもっと楽しく豊かになる。料理家SHIORIさんが伝えたいこととは

本質を知れば、料理はもっと楽しく豊かになる。料理家SHIORIさんが伝えたいこととは

大森りえ

20210304_shiori-1-1

コロナ禍で家のキッチンに立つことが増え、ときに料理をすることが負担に感じることもあります。

しかし、「料理はとても楽しいもの。その本質を知ってほしい」と話すのは、料理家のSHIORIさん。動画やオンラインレッスンを通じて、“調理法と味付けの選択肢を増やすことで広がる料理の楽しさや豊かさ”を発信しています。

目の前でデモンストレーションする料理教室から、ネットを介して伝えるオンラインレッスンへ。SHIORIさんがコロナ禍ではじめた新たな試みについてお話を聞きました。

大切にしたいことの優先順位が変わり、働き方を考えるように

20210304_shiori_2

SHIORIさんのご自宅のキッチン。ここからさまざまな料理が生まれる(写真/鈴木真弓)

誰もがオンラインのありがたみを感じたこの1年。SHIORIさんもYouTubeをはじめ、スタジオをクローズしてオンラインの料理教室をスタート。

しかし、それはコロナ禍で必要に迫られたからというだけではありません。きっかけは、もう少し前。生後半年の長男が先天性難聴であることがわかり、大切にしたいことの優先順位が変わったからです。

「病院からの帰り道、初めて夫の涙を見ました。本当の豊かさとは何かをあらためて考え、仕事を少しセーブして子育てを中心に、できるだけ家にいて自分のペースでできて、収益もあげられる、そんな働き方をしていきたいと考えました」

そこで思いついたのがYouTubeチャンネルの開設でした。

「時代はYouTubeでしょという安易な発想からでした(笑)。ただ、料理動画を配信している人はすでに大勢いるので、そのなかでも自分のオリジナリティが出せるように差別化を図ろうと試行錯誤しました」

動画クリエイターの友人に指南を仰ぎ、撮影は近くに住む妹さんが担当。SHIORIさんは一切顔を見せないかわりに、画角にこだわり、特殊なフィルターをつけ、ASMRの心地よい音が印象的な「モーニングルーティン」の動画ができあがりました。しかし撮影開始から公開までに約3か月を要しました。

「私は機械にうといし、古いPCを使っていたので動画の書き出しに24時間ぐらいかかることも。妹の忍耐力なしにはできませんでしたね」

公開から4月で1年。1本目の動画はじわじわと再生回数を伸ばし、100万回に届くほどの人気動画となっています。

SNSのライブで見出した、オンラインの可能性

20210304_shiori-3-1

その直後に1回目の緊急事態宣言が発出。料理教室をお休みするなかで、SHIORIさんはインスタグラムのライブ配信で料理を紹介しはじめました。

「自分にもできる」という自信をつけて、おいしい料理を作ってほしいという気持ちの一方で、感じていたのが「料理は面倒なものである」と決めつけんばかりのメディアに対する危機感。

「ステイホームで料理の機会が増えた人たちの負担を減らそうというのはわかるのですが、テレビなどで紹介されるのは『簡単・時短・ちょい足し』ばかり。もちろんそれも素晴らしいアイデアですが、調理や味付けの選択肢を増やすことで料理の本質的な楽しさや喜びを知ることができることを伝えたかったんです」

実際、SHIORIさんがつづった「料理がつらいあなたへ」というメッセージには大きな反響が寄せられました。

ただし、オンラインでは香りは伝わらないし、試食もしてもらえません。そこで、できるだけ味や食感といった作る料理のゴールをわかりやすく言語化し、どんな環境で作ってもうまくいくように、あらゆるシーンを想定して試作を繰り返しました。

「たとえばハンバーグなら、『今日作るのは、適度に肉の弾力を感じながらも、噛みしめるたびに肉のうまみがあふれ出るくらいやわらかいハンバーグですよ』といった感じです。ガスかIHか、フライパンで作るのか、厚底の鍋で作るのかによっても仕上がりは違うので、人生でこれほど試作をしたことがないっていうぐらいレシピ作りにはこだわりました」

しかし、この工程こそが、料理家として長く抱えてきたジレンマを解消することになったとか。テレビや本でレシピを紹介するには、時間や文字数の制限があるため、「本当に伝えたいことを伝えられていないのではないか」と感じていたというSHIORIさん。

「行間から感じ取ってほしかったことのすべてを、自分が主宰するオンラインレッスンなら自分の言葉で発信できる。それがすごく楽しいし、私にとっても大きな学びになっています」

「今は種を蒔いておくとき。いつか高くジャンプできる」

20210304_shiori-4-1

2020年7月からは、本格的にオンラインレッスンを始動。初回の受け付けで6,000人弱の申し込みが殺到し、2021年3月頭には8,000人を超える生徒さんを抱えることに

生徒さんの背景はじつにさまざまで、男女問わず、今まで仕事や子育てで料理教室には足を運べなかった人や、海外で暮らす人、食の仕事に携わる人、料理経験が豊富な50~60代の人たちも。

さらにSHIORIさんが15年前から出してきた著書『彼ごはん』シリーズで料理のいろはを学んだ読者が「ふたたびSHIORIさんに習いたい」と言ってくれることもSHIORIさんの大きな励みになっているとか。

オンラインレッスンにあたり、SHIORIさんが気を付けたのがプラットフォームを変えないこと。それまでインスタグラムで発信してきたのに、使い慣れていないソフトやアプリに変えてしまっては生徒さんが離脱してしまいかねません。

それに、シェア・拡散できるSNSでは自分が作った料理をアップしたり、誰かが作った料理にコメントしたりすることで、生徒さん同士の交流も図れます。

「オンラインレッスンやYouTubeで紹介した料理をいろんな方が作ってくれて、それぞれのご家庭の食卓にのぼっているシーンをリアルタイムで見せてもらえるのもSNSの醍醐味。オンラインのありがたいところですね」

20210303

SHIORIさんがオンラインの扉を開くきっかけをくれた息子さんと(写真提供/SHIORIさん)

お子さんのハンディキャップをきっかけに、広がったSHIORIさんの活躍の舞台。そして「料理は楽しいものである」というSHIORIさんのメッセージも着実に広がりを見せています。

料理に限らず、新しいことをはじめたい、楽しいことを見つけたいと願う女性たちに、SHIORIさんが話すのは「まずは、種を蒔いてみよう」ということ。

「いろんなことが制限されている世の中ですが、それをマイナスにとらえてふさぎこんでしまうのか、種を蒔いて根を下にのばしているかでは、大きな差が出てしまいます。今は学びのときと捉えて準備しておけば、いつか制限が解かれたときに、そのぶん高くジャンプできるはず。今は何か学びたいと思うことをはじめるとき。それが料理だったらなおうれしいですね」

PCで執筆する時間は、自分と向き合う大切な時間

20210304_shiori-6-1

オンラインレッスンをしたり、思いついたことをすぐメモしたり。とても身近なスマートフォンに対し、「気合いを入れて開く」というちょっと一線を引いたところにあるのが「PC」です。

昔から文章を書くのが好きだというSHIORIさん。料理家としてデビューしたころからブログに思いを書き続け、noteのプロフィールでは「文章を書くことが好きな料理家」を自称。エッセイにも定評があります。

そんなSHIORIさんが文章を書くときは、使うツールは決まってPC

PCで執筆をする時間は、私にとって自分と向き合う大切な時間。文章を書いたりレシピを練ったりするときは『よしやるぞ』と気持ちを引き締めてモニターに向かうので、だらだらとPCを見たりすることはないですね」

ただし、「何より欲しいのが時間」という忙しさ。PCを持ち歩けるならそれに越したことがないとか。

理想の条件は、スマホのように手軽に扱えること。大きくて重くて、動きが遅いなら、やっぱりスマホを頼ってしまいますね。持ち運べる薄さと軽さ、さっと取り出せて思いついたことを書きとめるスピード感があって、バッテリーの持ちがいいなら、ぜひ持ち歩きたいですね」

執筆や動画編集もサクサク。軽くて薄いハイスペックなPC

20210304_shiori-7-1

そこで今回、SHIORIさんに試してもらったのが「MSI Prestige 14 Evo」というノートPC。自身のYouTubeを開いてもらいました。

MSIはわずかな動きが勝敗を左右するゲーミングPCで有名なメーカーだけに、機能性とパフォーマンスの高さが特長。見た目と手触りにこだわったサンドブラスト(つや消し)加工を施し、縁取りにはダイヤモンドカットデザインを採用。エレガントで女性らしいデザインが目を引くノートPCです。

SHIORIさんにピッタリなのは、快適なタイピングへのこだわり。液晶パネルを開くだけでタイピングに最適な傾斜が生まれるヒンジのデザイン。キーボードのサイズとキーストロークもタイピングのしやすさを重視していて、さらにバックライトを内蔵しているので暗い場所でおこなうタイピングもサポートしてくれます。

また、顔認証カメラと指紋認証リーダーが搭載され、パスワードを入力せずとも簡単にログインすることが可能。オンラインレッスンや動画を視聴しながら料理をしたい人には、手が濡れていても顔を向ければログインできるのはうれしいですね。

デスクトップPC並みの性能を持ちながら、驚くほど薄く、1.29kgという軽さも実現。液晶パネルは180度展開します。また、PCの起動や大容量ファイルの読み書きにも圧倒的な速さを発揮します。

小さなストレスを減らせば、大きな変化につながる

20210304_shiori-8-1

そんな「MSI Prestige 14 Evo」の薄さや軽さはもちろん、スピード、画質の美しさなどをつかさどるのが、ハイパフォーマンスなパソコンの証である「インテル® Evo™ プラットフォーム」。これに準拠したPCでなければ「MSI Prestige 14 Evo」のようなハイスペックなノートPCは実現しません。

インテル® Evo™ プラットフォームとは、最新の第11世代 インテル® Core™ プロセッサーによって実現した「薄さ」「軽さ」「速さ」といったPCに求められるスペックを担保した上で、ユーザーがより上質な体験ができる仕組みのこと。とても厳しい多くのテストをパスする必要があります。

YouTubeなどの動画を加工するとき、重いデータの編集作業や画像処理も快適におこなえるのは、インテル® Iris® Xe グラフィックスを搭載したインテル® Evo™ プラットフォーム準拠PCだからこそ。

これには「動画編集をしてくれる妹も喜びそうですね」とSHIORIさん。

オンラインレッスンやライブ配信中により快適なWi-Fi環境をサポートしてくれるのもインテル® Evo™ プラットフォーム準拠PCが備えた「高速通信規格Wi-Fi 6」のおかげ。安定した高画質動画の再生、ダウンロード時間の短縮を叶えます。

また、ACアダプターを外した状態でも高パフォーマンスのまま9時間以上もバッテリーが持つのもインテル® Evo™ プラットフォーム準拠PCの条件。30分の充電で4時間以上の駆動が可能です。

そして、スマホのような手軽さをPCに求めるなら、うれしいのが起動の速さスリープ状態から1秒で立ち上がるので、SHIORIさんのように思いついたことをメモしたいという人には朗報と言えるでしょう。

「日々感じていた小さなストレスを減らすことができれば、大きな変化につながると思います。かなり助かりますね」

「コロナ禍の今は、種を蒔くべきとき」とSHIORIさんが語っていたように、インテル® Evo™ プラットフォームに準拠したノートPCを相棒に、未来の自分に向けて何か種を蒔いてみてはいかがでしょうか。

インテル® Evo™ プラットフォーム

iOS-Photo-1610858086

「息子には英語を話せる力を身につけさせてあげたい。そのためにもオンラインでネイティブな先生の発音を聞いてほしい」とSHIORIさん。操作もスムーズで画質も美しいPCが、学びのサポートをしてくれるはず。

インテル® Evo™ プラットフォームバッジは、ユーザーが望む卓越した体験を提供するために最適化された、目的に応じたテクノロジーを完璧に組み合わせたノートブック PC の証。
・第11世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー(Core™ i5 以上)を搭載、最新のインテル® Iris® Xe グラフィックスに対応
・フルHDの高画質で9時間以上操作可能なバッテリー駆動時間
・1秒未満でのスリープ状態からの復帰
・30分以内の急速充電で4時間以上の駆動
・高速通信規格Wi-Fi 6(Gig+)とThunderbolt™ 4の搭載
>>詳細はこちら

MSI Prestige 14 Evo

mobility-laptop

「たしかに、この角度いいですね」とSHIORIさん。パソコンスタンドを後付けせずとも、液晶パネルを開くだけで、快適なタイピングがおこなえます。

第11世代インテル® Core™ プロセッサー搭載で、MSIビジネスクリエイターノートPCがさらに進化しました。最新の高性能プロセッサーと強力な内蔵グラフィックスで、デスクトップPC並みのパフォーマンスを実現し、画像・動画編集などに効果を発揮。 場所を選ばずどこでもクリエイティブ作業を快適におこなうことが可能です。
>>詳細はこちら

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel Evo、インテル Evo、Intel Inside ロゴ、Iris、Thunderbolt、Thunderboltロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 © 2021 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。
※その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

記事下_700x219_1

20210305_shiori_9

SHIORIさん
料理家/フードコーディネーター。レシピ本『作ってあげたい彼ごはん』をはじめ、著書累計は400万部を超える。フランス・イタリア・タイ・ベトナム・台湾・香港・ポルトガル・スペインでの料理修業経験があり、和食にとどまらず世界各国の家庭料理を得意とする。代官山のアトリエでは料理教室「l'atelier de SHIORI」を6年間主宰したのち、2020年夏からはレッスンの場をオンラインへと移す。一児の母で、家族が喜ぶ家庭料理を幅広く提案している。L'atelier de SHIORI Online

撮影/YUKO CHIBA

インテル

    Ranking

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    3. Amazonプライムデー! セールは6月21日・22日。週末に準備すべきこと

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    6. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. ただの生理痛?婦人科に行くべき? 婦人科医の探し方は?

    9. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    10. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    1. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    2. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    3. デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを

    4. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    5. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    6. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    7. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    8. Amazonプライムデー! セールは6月21日・22日。週末に準備すべきこと

    9. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    3. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    6. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    7. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    8. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    9. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    10. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す