1. Home
  2. HEALTH
  3. 制限ではなく、どう摂るか。糖質と上手につきあうコツ2つ

制限ではなく、どう摂るか。糖質と上手につきあうコツ2つ

食べて健康に。食事バランスのキホン

2,436

MYLOHAS編集部

20210318

糖質対策といえば「炭水化物(糖質)を減らすこと」だと思っていませんか?

糖質対策のコツは「量」ではなく「質とバランス」にあると話すのは、管理栄養士の篠原絵里佳さん。健康リスクを防いで正しい糖質対策を可能にする2つのルールをうかがいました。

管理栄養士が考える、糖質対策のポイント2つ

20210318_1

ダイエットのための糖質対策というと、どうやって糖質の摂取量を減らすかに意識が向きがちです。しかし、過度な糖質制限は続けることが難しく、かえってリバウンドを招くことも。

制限ではなく、どう食べていくかが大切」だと、管理栄養士の篠原さんは語ります。糖質対策のポイントは、次の2つとのこと。

(1)糖質の種類を知り、「質」を見分ける

(2)適正なバランスで適正な量の糖質を摂取する

糖質は人間が生きていくために不可欠な栄養素。この2つのポイントをおさえることで、正しい糖質対策が可能になるといいます。

糖質の「質」を見分ける方法

20210318_3

第一のポイントである糖質の「質」は、糖の構造と関係していると篠原さん。糖質は、糖が単体で存在する単糖類(ブドウ糖など)が鎖のようにつながってできています。鎖が短いほど甘味が強く、吸収が早いため血糖値が上昇しやすくなるとのこと。

「お菓子や果物、ジュース類は短い鎖。ごはんのように噛んでいくほど甘くなるもの、甘味が薄いものは、長い鎖。私はよく患者さんに『短い鎖はおやつ系、長い鎖は食事系』と説明しています。
果物に含まれる果糖は、ブドウ糖と同じ単糖類。砂糖は二糖類で、糖が2個結合してできています。これら“短い鎖”の糖質は、吸収が早く血糖値が上昇しやすいのが特徴です。
一方、糖が数万〜数百万個も結合して“長い鎖”を形成する多糖類は吸収が遅く、血糖値の上昇もゆるやか。穀類やパスタ、いも類などは多糖類にあたります」(篠原さん)

食物繊維が多いほど「質のよい糖質」

20210318_4

糖質の「質」を左右する、もうひとつの要素が食物繊維です。同じ食品のなかに食物繊維が多く含まれるほど吸収が遅くなるため、「質のよい糖質」と言えるのだそう。

「果物の果糖は単糖類ですが、食物繊維が豊富。お米は多糖類ですが、白米よりも玄米のほうが食物繊維が多いので、吸収がゆるやかです。
同じ種類の糖質でも、食物繊維が多いかどうか、ビタミン・ミネラルが含まれているかで「質」が変わってくることを知っておきましょう」(篠原さん)

糖質対策を成功に導くルール

20210318_5

この考え方は、前述の第2のポイントである「バランス」にも関わってきます。糖質を摂るときは、一緒に食物繊維を含む食品を摂ることで、食物繊維がフィルターになり糖の吸収が遅くなるのだそう。

「糖質対策は制限ではなく“プラスの発想”で考えるべき。私が提唱しているのが、食物繊維5分前ルールタンパク質ファーストです」(篠原さん)

食物繊維5分前ルール」とは、主食を食べる5分以上前に、野菜や豆など食物繊維の豊富なメニューを食べること。食物繊維は胃の中に入るとトロトロになり、糖質の胃から腸への流入をゆっくりにしてくれます。

平日のランチなど、野菜を先に食べるのが難しいときは、食物繊維入りのドリンクを先に飲むのもおすすめと篠原さん。ドリンクは食品よりも、食物繊維の効果が早く出るといいます。

糖質制限が招くタンパク質不足

20210318_6

2つめのルールである「タンパク質ファースト」は、タンパク質を先に食べるという意味ではなく、タンパク質が多いものを欠かさずに食べる、というイメージです。毎食「手のひら大」以上の量を目標にすることで、エネルギーのバランスが整うというメリットもあります。

「栄養素は偏りがあると代謝が滞り、脂肪の燃焼効率も下がります。タンパク質をしっかり摂ることで、食べすぎの予防や糖質の燃焼にもつながります」(篠原さん)

とくに注意したいのは、糖質制限のしすぎでタンパク質不足に陥るケースです。活動や生命維持のエネルギーとなる糖質を減らしすぎると、体はタンパク質をエネルギーとして使ってしまいます。タンパク質によって体を作ることができなくなるため、貧血、筋肉量の低下、肌荒れなどの原因になるほか、免疫力の低下や抑うつ症状を招くこともあると篠原さんは警鐘を鳴らします。

かたくなに摂らないのではなく、 「糖質の種類を知って“質”を見分ける」「適正なバランスで適正な量の糖質を摂取する」という2つのポイントを守り、かしこく糖質とつきあっていきましょう。

──この記事は、 2020年3月18日の記事の一部を再編集して掲載しています。

もっと知りたい糖質・血糖値のこと

逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

炭水化物ダイエットは逆効果?管理栄養士に聞く「炭水化物ダイエットの落とし穴」とは。その理由とダイエットに失敗しないためのコツを解説します。

https://www.mylohas.net/2020/07/217287_carbohydrate.html

「隠れ高血糖」はまいたけで予防。医師・栄養士がすすめる食べ方

コロナ禍と厳冬による運動不足で、食後の短時間だけ血糖値が急上昇する”隠れ高血糖”の人が増えています。そこで、血糖値コントールに最適な「塩麹まいたけ」...

https://www.mylohas.net/2020/12/yukiguni-maitake.html

篠原絵里佳(しのはら・えりか)さん
管理栄養士。総合病院、腎臓・内科クリニックを経て独立。長年の臨床経験とアンチエイジング(抗加齢)医学の活動を通して、体の中から健康と美を作る食生活を見出し、わかりやすく発信することを得意とする。睡眠改善インストラクター、睡眠健康指導士を併せ持つ管理栄養士。

取材・文/田邉愛理

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 2021年9月20日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 「マリネ」ってこんなに簡単で美味しかった? マスターしたいレシピ3つ

    7. マウンティングをしてしまうのは自己肯定感が低いから。弱い自分と向き合って

    8. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    9. モデル・長谷川ミラさんインタビュー/食べることをいつまでも楽しむために、正しく知って考える

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    4. マウンティングをしてしまう人の心の奥底にあるものは?

    5. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    6. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    7. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    8. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. 感染症対策にも効果?「しそ」はなるべく刻んで食べて

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    5. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

    6. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    7. 体脂肪率や骨格筋量まで推定。服を着たまま写真を撮るだけでのアプリがすごい

    8. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら