1. Home
  2. HEALTH
  3. 知っておきたい「やせ期」と女性ホルモンの関係

知っておきたい「やせ期」と女性ホルモンの関係

田邉愛理

20210205_5

女性の体は、女性ホルモンの影響を大きく受けています。生理前にイライラしたり、肌荒れや体の不調を感じたりする原因となるPMS(月経症候群)はよく知られていますが、実は体重の増減にも関係しているとのこと。管理栄養士の藤井歩さんが、女性ホルモンの働きを体重管理に生かすコツを教えてくれました。

2つの女性ホルモンの役割と作用

20210205_2

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。これらのホルモンの分泌量が約28日間で変化することにより、体や心に大きな変化が生じるのです。

2つのホルモンのうち、エストロゲンは排卵と妊娠への準備を促すホルモン。次のような作用があります。

エストロゲンの分泌が増える事で肌や髪の潤いがアップし、余分な水分や老廃物が体外に排出されやすくなります。精神的に安定する効果もあります。

(「Diet Plus」より引用)

いっぽうプロゲステロンは、受精卵を着床しやすくなるなどの役割があるホルモン。次の作用があることは、ぜひ覚えておきたいところです。

プロゲステロンの分泌が増える事でむくみやすくなったり、食欲が増進して体重が増加しやすくなります。精神的にもイライラしたり、不安定になりやすくなります。

(「Diet Plus」より引用)

体重管理は「やせ期」スタートがおすすめ

20210205_3

これらのホルモンの関係により、女性にはダイエットに適した「やせ期」があると藤井さん。

ダイエットにオススメの時期は、生理後から排卵までの1週間です。この時期はいわゆる「やせ期」と呼ばれています。この時期はエストロゲンの分泌量が多いため、むくみが解消されダイエット効率が良くなります。

(「Diet Plus」より引用)

生理後の1週間は、肌や髪の調子もよく女性にとってはうれしい期間。美容へのモチベーションがアップすることや、精神的に安定してイライラしにくいことも、食欲を調整する上では大きなメリット。体調もいいので、運動をがんばるタイミングとしてもぴったりです。

生理前の体重増加は気にしすぎないで

それでは、プロゲステロンの影響を受けやすい生理前の7日間はどうなるのでしょうか。

生理前7日間はプロゲステロンの増減が激しく、身体が余分な水分をため込みやすくなるので体重も増加傾向です。精神的にもイライラしやすく、食べたいものを無理に我慢しようとするとストレスを感じ、逆に暴飲暴食につながる恐れもあります。

(「Diet Plus」より引用)

20210205_4

ストレスがたまりやすいこの期間は、ダイエットはさておいてリラックスするのが一番! むくみにより体重が1~2kg増加しても、生理後には自然と元に戻ることも多いと藤井さん。

このように「やせ期」を生かすことで、体重管理はより簡単になります。身体の声を大切にして、自分にとって心地よいスタイルを維持していけるといいですね。

チャンスの1週間はコレ!

足パカ+腹筋で、気になるパーツを引き締める一石二鳥のトレーニング

気になるパーツを同時に鍛えられて一石二鳥!「腹筋&脚やせトレーニング」をご紹介。Twitterで大人気のトレーナー・りこさんが教えるストレッチ&筋ト...

https://www.mylohas.net/2021/01/226864twitter_exercise49.html

太る人と太らない人は何が違うの? 2万人をやせさせた神がアンサー

2万人をやせさせたダイエットの神が教える、「太る人と太らない人の違い」とは。ライターP子も衝撃を受けた、ダイエットに必要な「意識」とは? この連載は...

https://www.mylohas.net/2020/04/210932diet_04.html

fujii_ayumi

藤井歩(ふじい・あゆみ)さん
管理栄養士。大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係のさまざまな業務に携わっている。

[Diet Plus]

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 「炭酸風呂」は手作りできる。効果的な入浴法は?

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    10. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら