1. Home
  2. EAT
  3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

家ごはんのヒント

242,051

田邉愛理

20210222

「予約がとれない伝説の家政婦」として知られるタサン志麻さん。レシピ本も多く出版していますが、『志麻さんの台所ルール:毎日のごはん作りがラクになる、一生ものの料理のコツ』(河出書房新社)はひと味違います。レシピがひとつも載っていない、レシピ以前の「台所ルール」に焦点を当てた本なのです。

「レシピに書けないこと」を伝えたい

20210223_1

料理人にとってはアウェイな環境である「お客様の台所」に立ち、3時間で15品を超える絶品の“作り置き”を仕上げる手腕が人気の志麻さん。本書で自らのノウハウを公開したのは、「ごはん作りが苦痛」な人の負担を少しでもラクにしたかったからと語っています。

多くの人がつまずきがちなのが、レシピ本の通りに作ったのにおいしくない、味が決まらないという失敗。その原因のひとつと志麻さんが考えるのが、レシピ本の限界です。

私もレシピを書き始めて痛感したのが、料理には「レシピに書けないこと」が山ほどあるということ。最近のレシピは特に、「より短く、簡潔に」という傾向になっています。「なぜこの工程を経るのか」が書かれていないので、おいしくするポイントをはずしてしまう。でも、ポイントさえわかっていれば、いつもの料理でもおいしく作ることができます。自分で応用することもできるので、新しく特別なレシピを覚えるよりも一生ものの知恵になるんです。

(『志麻さんの台所ルール:毎日のごはん作りがラクになる、一生ものの料理のコツ』19ページより引用)

本書は心の準備編、段取り&調理編、食材&調味料編、調理道具編の4パート構成で、志麻さんが本当に伝えたかったという料理の知恵が綴られています。あの目の覚めるような手際の良さの秘密が、この一冊に詰まっているのです。

料理は「野菜を切る」から始めてはいけない

多くのレシピ本には、使う食材の種類や切り方が最初に書いてあります。しかし、その感覚で最初にすべての食材を切っておこうとすると、調理がスムーズに進まないと志麻さん。

20210223_4

私が初めにするのは、「食材を切る」ではなく「鍋をコンロに置く」こと。鍋に油を引いたら、次に玉ねぎを切ります。それをまな板からそのまま鍋に入れて炒め始め、炒めながらニンジンを切って、鍋に入れます。

(『志麻さんの台所ルール:毎日のごはん作りがラクになる、一生ものの料理のコツ』41ページより引用)

こうすれば食材でまな板がいっぱいになることもなく、食材を入れておくボウルやバットも必要ありません。玉ねぎをじっくり炒めたいカレー作りにも最適の手順です。

また、食材の下ゆでが必要なときは、台所に立ったら「まず水を入れた鍋をコンロにかける」と良いとのこと。お湯が沸くまで待つ時間を作らないことも、「実はすごく大事な段取り」だと書かれています。

「塩をふる」をマスターすると料理が変わる

20210223_3

舌の肥えた芸能人をも唸らせる志麻さんの料理。その鍵を握るのが、フレンチ仕込みの“塩づかい”です。

フレンチでは基本的に塩だけで味を決めるため、「うまみを引き出す」「脱水」「臭みとり」など、塩の持つ力を存分に引き出すことがおいしさの要。とくに肉、魚、トマトやキノコといったうまみが強い食材は、しっかりめに塩をふることで、甘みやうまみがより引き出されるといいます。

肉は特に、下味にしっかりめに塩をふっておきます。後から煮込む料理でも、煮込むスープの中に塩を加えるのとではまったく仕上がりが変わります。

肉に対する塩分が弱いと、なんとなくぼやけた味になってしまうんです。肉はうまみのかたまりなので、「塩が入ることで肉を認識できる」といっても過言ではありません

(『志麻さんの台所ルール:毎日のごはん作りがラクになる、一生ものの料理のコツ』63ページより引用)

料理がぼやけた味になる人は、思いきっていつもの1.2~1.5倍を目安に塩をふってみると良いそう。主役の食材に塩を効かせておけば、後から調味料を足さなくても味が決まるし、つけ合わせの野菜は「塩味なし」でも充分おいしく食べられるようです。

私も以前、テレビで見た志麻さんのやり方で焼きそばを作ったことがあります。肉はしっかり下味をつけて炒め、野菜は塩分なしで別に炒めて後から合わせることで、自分史上最高の焼きそばに。やり方をちょっと変えるだけで、簡単においしく作れることにびっくりしました。

「疲れない簡単さが、日々食べるごはんには必要」と志麻さん。徹底して合理的なテクニックの一部を真似するだけでも、料理の腕が確実に上がりそうです。

コツを知れば楽しくなる

春は「蒸し料理」。疲れとストレスを癒す養生ごはんのススメ

女優やモデル、美容家が通う「行列ができる店」として知られる玄米カフェ「実身美(サンミ)」。とれない疲れやストレスが癒されると人気のごはんを、自宅で手...

https://www.mylohas.net/2021/02/sanmi.html

冷凍方法から絶品レシピまで。高タンパク・低脂肪の人気食材「鶏むね肉」を美味しく使うコツ4選

低糖質で高タンパク、体型維持にぴったりの食材・鶏むね肉。そこで、より美味しく食べるためのお役立ちの冷凍法やパサつきを無くす切り方、時短レシピなどを紹...

https://www.mylohas.net/2020/12/tori_mune_kotu.html

志麻さんの台所ルール:毎日のごはん作りがラクになる、一生ものの料理のコツ

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    8. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    9. 2021年5月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    5. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    6. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 呼吸も心もクリアに。インテリアグリーンとの暮らし方5選

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら