1. Home
  2. HEALTH
  3. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

カラダ戦略術

1,723

増田美加

20210225-7

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は加齢とともに感じやすくなる目の不調、とくに「老眼」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

目のうるおい不足にも、エストロゲンが関係?

20210225-6

ドライアイ? 老眼?

年齢を重ねるにつれて感じるのは、目が疲れて、涙が出る、痛い、目が乾くといった症状です。そのうちに、目がかすむ、チカチカする、ショボショボする、ゴロゴロする、まぶしくてつらいなどの症状が出てきます。

目の表面は、涙によってうるおい、保護されています。涙の量が減り、涙の成分が変化して目の表面を覆っている涙の膜が少なくなり、目の表面の粘膜が乾燥した状態がドライアイです。

肌のトラブルにたとえると、まさに目の肌荒れ状態

パソコンやスマホなどで目を酷使し、乾燥やコンタクトレンズによる負担、ストレス、睡眠不足などが加わって、多くの人がドライアイに悩まされています。

さらに、エストロゲンの分泌量低下によって、皮膚や粘膜のうるおいが不足してきます。目も粘膜ですから、目のうるおいも不足します。

加齢によって目の粘膜が弱まることも、ドライアイに関係しています。ドライアイになると、目の不快感や痛みなど、さまざまな症状が現れ、ひどくなると目を開けていることさえつらくなります。

老眼は、水晶体の弾力が失われるから

20210225-4

老眼は、メガネの度は合っているはずなのに、スマホやパソコンを見たりすると、疲れてしかたがないなどの症状が出てきます。

さらに進むと、焦点がどこに合うのかわからなくなることもあります。近くのものに焦点を合わせようとすると、時間がかかってピントが合いにくいなどがその例です。

目が疲れやすく、文字が見えにくくなったら、老眼のはじまりかもしれません。老眼とは40歳を過ぎるころから感じる目の老化のことをいいます。

老眼は、近くを見るときにピント合わせるための水晶体が老化によって、弾力を失い、調節力が衰えて起こるものです。

夕方、薄暗くなると見えにくくなり、老眼のはじまりに気づく人も多いようです。

40代前半では疲れ目が続いて、以前に比べて近くのものが見えにくいといった程度ですが、45歳ぐらいから目の老化がさらに進んで、小さな文字がだんだん読みにくくなってきます。こうなると、目のためにも眼鏡(老眼鏡)が必要になります。

水晶体に含まれるコラーゲンは、エストロゲンが関係

老眼のほか、まぶしい、目がかすむ、明るいところで見えにくいと感じているうちに、視力が落ちてくる病気があります。白内障です。白内障は水晶体がにごって、視力が低下する病気です。

老眼や白内障の原因となる水晶体は、コラーゲンなどが含まれています。このコラーゲンの生成には、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンが大きく関係しているのです。

エストロゲンが低下すると、コラーゲンが減っていきます。そのため、女性ホルモンが低下すると、目が疲れやすくなったり、かすんで見えにくくなったり、ピントが合いにくくなります。

頭痛や肩こりは、老眼が原因のことも

ドライアイや目の疲れを感じたら、眼科で検診を受けて、遠近両用などの多焦点レンズの適正なメガネをかけましょう。

つらい頭痛や肩こりは、老眼が原因かもしれません。「まだ老眼鏡は必要ない」と無理をしていると、肩こり、頭痛がひどくなってきます。文字が見えづらいために、無理な姿勢をとっていることもあります。

目の調節が合わないまま、近くを見る作業を続けていると、疲労感もたまります。頭痛や肩こり、疲れが続いたら、眼科でチェックをしてみましょう

美容のためにも、適正なメガネが大事

20210225-3

多焦点レンズには、遠近両用レンズのほかにも、中距離と近距離だけに絞った中近両用、遠距離と中距離に絞った遠中両用などの組み合わせもできます。

デスクワークで書類を見たり、パソコンで作業したりすることが多い人は、中近両用レンズを使うと目が疲れにくくなります。

単焦点レンズのいわゆる老眼鏡は、メガネをつけたり外したりするため、目が疲れ、ドライアイが起こりやすくなります

ある程度、老眼が進んできたら、遠近両用などの多焦点レンズにしたほうがいいといわれています。コンタクトレンズに慣れている人は、遠近両用などのコンタクトレンズもありますので、試してみてもいいでしょう。

これまで視力に自信があった人ほど、メガネをかけることに抵抗を感じるものです。美容上の理由から、メガネをかけたくない気持ちもわかります。

でも、裸眼で近くを見ようとすると、目を細めたり、眉間にシワを寄せたりします。無意識に出てしまうこうしたクセや表情が、眉間の表情ジワの原因にもなるのです。それに、顔をしかめて、ものを見る姿は、決して魅力的とは言えません。

メガネは、ファッションでもある

20210225-2

しかめっ面をするよりも、メガネをかけて、レストランのメニューなどをスマートに見たほうが魅力的です。おしゃれで個性的なメガネもさまざまありますので、ファッションのひとつとして取り入れてみましょう。

老眼は、40~60歳ころまで進行します。だいたい2~3年でレンズの度数が変わるので、何度かレンズを変える必要があります。

使っている眼鏡が見えにくくなったら、目のためにも我慢せず、検査をして新しいレンズに変えましょう。老眼は60歳を過ぎると、度の進み方も遅くなり、70歳くらいでほとんど変わらなくなります。

Image via Shutterstock

mika_masuda

増田美加・女性医療ジャーナリスト<br>予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら