1. Home
  2. EAT
  3. 96歳のばぁばが教える「料理きほんのき」。食べることは生きること

96歳のばぁばが教える「料理きほんのき」。食べることは生きること

6,057

田邉愛理

20210105_5

新年を迎え、気持ちも新たに手にとるお料理の本として、これ以上素晴らしいものがあるでしょうか。

『誰も教えなくなった、料理きほんのき』(小学館)の著者は、御年96歳、ばぁばこと鈴木登紀子先生。食事の基本となるごはんの炊き方からおだしの取り方、旬の元気な食材をおいしくいただく方法、美しい盛り付けやテーブルマナーのポイントまで、鈴木先生の50年に及ぶ家庭料理のすべてが語り尽くされた一冊です。

食べることは生きること

20210105_1

料理界の最長老ともいわれる鈴木先生。自宅で始めたお料理教室をきっかけに「きょうの料理」(NHK Eテレ)に出演したのは、子育てが一段落した46歳のときでした。

鈴木先生の料理の原点は、料理上手だった明治生まれの母“お千代さん”。何事にも心を添えて丁寧に対処する暮らし方、生き方のお手本だったと綴られています。

食べることは生きることです。命は栄養のあるものをバランスよく、おいしく食べることで元気になります。時代は変われど、この原則は決して変わりません。そしてその「命のもと」はお台所から生まれます。誤解しないでくださいね。“おいしく”というのは何も、つねに手間ひまかけて何品も作って食べる……ということではありません。時間がなければ炊きたてご飯におみそ汁、卵焼きとお漬けものだけでもよろしいの。今は親も子供も大忙しですから、せめて朝食、あるいは夕食だけでも、お腹がほっとする温かいお膳で、ご家族で食卓を囲んでほしいのです。

(『誰も教えなくなった、料理きほんのき』4ページより引用)

忙しいときでもごはんは炊きたて、汁椀は煮えばなを並べれば、一汁一菜でも心温まる食卓になると鈴木先生は言います。

20210105_2

「ほうれん草のおひたし」って、だしに浸けるから、おひたしですよ。お醤油がけではないのよ。

20210105_6

「かきフライ」のおいしい秘訣は、ヒダまでたっぷり衣をつけること。

20210105_5

鮮やかな黄菊の乾物を常備してご覧なさいな。おもてなしにもなる「いくら南天」ができますよ。

一品一品を確実においしく仕上げられるように、レシピがちょっと長めなのも本書の特徴。「基本を知らずに料理の手を抜くことはできない」というばぁばの“お小言”に、思わずドキッとしてしまいました。

「しぼらない大根おろし」が最高のパスタソースに

とはいえ、本書には手間ひまをかけた料理ばかりが紹介されているわけではありません。

20210105_4

鯛のあらはお安くて便利。かまぼこで「白魚もどきのお椀」に。

家族のお世話に加えて月の半分が料理教室、半分が撮影という大忙しの日々を60代まで続けてきた鈴木先生。「忙しい日の料理」の章では、料理教室や撮影の合間の「ちゃちゃっとまかない」料理が紹介されています。これがまた、びっくりするほど簡単なのに、感動的においしいという、頼もしいレシピばかりなのです。

助手さんたちに大人気だったのは、「ツナと大根おろしのまかないパスタ」。ゆでたてのスパゲティーに大根おろし、ツナ、細切りにした大葉をのせてお醤油をかけるだけの一品です。大根おろしをしぼらないことで、お醤油と相まって最高のソースになるのだとか。

台湾の屋台グルメをばぁば流にアレンジ

20210105_7

台湾の屋台グルメ「葱餅(ツォピン)」をアレンジした時短レシピもありました。

ツォピンは台湾の台北育ちだったという“パパさん”(ご主人の鈴木清佐さん。2009年に逝去)の大好物。「おねぎのねっとりした甘み、バターの風味と甘辛じょうゆがおもちに絡んで、なんとも幸せを感じるお味なの」という下りを読んでどうしても食べたくなり、夜の10時に作ってしまいました。

パパさんが大好きだった「葱餅(ねぎもち)」

1.もち5個は2等分に切る。ねぎ2本は1cm幅の斜め切りにする。
2.フライパンにサラダ油大さじ2、バター大さじ1を入れ、火にかけ溶かす。火を止めてねぎの半量を広げ、もちをのせ、その上に残りのねぎをのせる。
3.酒・砂糖各大さじ3、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ3強を順に加えて蓋をし、中火にかける。煮立ったら弱火にし、もちが4~5分でとろっとしたら完成。
※材料は2~3人分

(『誰も教えなくなった、料理きほんのき』181ページより引用)

この料理、あまり料理に注文をつけるタイプではなかったパパさんが、「おいしいね、懐かしいね」とそれは喜んでくれたのだそう。こうしたばぁばと家族のエピソードがさりげなく語られているところも、本書のなんともいえないあたたかみの源になっている気がします。

とろっとしたお餅とネギに甘めのバター醤油が絡んだ「葱餅(ツォピン)」、今も思い出すと食べたくなります。お正月のお餅が余っていたら、甘みを増した冬のネギをたっぷり使って、ぜひ作ってみてください。

今年はお料理を頑張りたいあなたに

「手のひら」を使うだけ。バランスのよい食事を継続するテクニック

自分の体格に合った食事の適量が簡単にわかる、「手ばかり」を使ったバランスチェックをご紹介します。外食の際やコンビニでお弁当を買うときにもチェックして...

https://www.mylohas.net/2020/10/scale.html

マヨネーズもお味噌汁も。いつものごはんを「薬膳」に簡単アレンジ

作り方が難しい、材料をそろえるのが大変……といった印象のある「薬膳」。そんな薬膳への先入観を覆してくれる一冊をご紹介。スーパーで買えるいつもの食材で...

https://www.mylohas.net/2020/12/zen-no-zen.html

誰も教えなくなった、料理きほんのき

写真提供/株式会社小学館

    Ranking

    1. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

    8. 顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策

    9. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    6. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら