1. Home
  2. BEAUTY
  3. これ、いいかも。乾燥や敏感になりがちなお肌の「お守りクリーム」発見

これ、いいかも。乾燥や敏感になりがちなお肌の「お守りクリーム」発見

松本みい

GettyImages-1226885209_640

Image via Getty Images

ちょっとしたことで顔や体がヒリヒリしたり、かゆみを感じたり……。乾燥する冬は、肌が敏感にゆらぎがちな季節。

それは、乾燥によって肌のバリア機能が低下することで、紫外線や花粉、ハウスダストといった外からの刺激に対して、肌がいつも以上に反応してしまうのが一因だと言われています。また、もし“肌がゆらいでいるな”と感じたら、刺激の少ない成分で、肌をしっかり保湿してあげることが大切だそう。

そしてこの冬、編集部は、そんなゆらぎがちなお肌にもぴったりな保湿クリームを発見!

編集部が「1本手元に置いておきたい」と考えたのは、この1月22日に発売になった「アンブリオリス モイスチャークリーム センシティブ」。“しっとりなめらかで、抜群の保湿力”として知られるアンブリオリスのロングセラーアイテム「アンブリオリス モイスチャークリーム」から誕生した低アレルギー性処方(※)の保湿クリームです。

08_02_2021_COMPO_LCS_640

「アンブリオリス モイスチャークリーム センシティブ」

シンプルに、美しい肌に必要なものだけを配合すること”を最優先に、アレルギーの原因とされる香料を配合せず、 肌にやさしいとされている成分を厳選。 敏感肌(※)で悩んでいる人はもちろん、子どもや赤ちゃん、赤ちゃんのいるママまで安心して使えるクオリティが特徴です。またシンプルな処方なので、下地クリームやクレンジングミルクの代わりにも!

その“どこがすごい?”“なぜすごい?”を詳しくレポートします。

1本家に置いておこうと思った理由3つ

Point 1:ベースは皮膚科医が開発した信頼性の高いクリーム

アンブリオリスのはじまりは、1950年、パリの皮膚科医が、肌本来の美しさを引き出すクリームを開発したこと。これが、「アンブリオリス モイスチャークリーム センシティブ」のベースになっている「アンブリオリス モイスチャークリーム」で、もともと病院で処方されていたものでした。その後、メイクアップアーティストなど美容のプロの間で口コミで広がり、世界中で販売されるように。

手頃な値段で、しかも肌に必要な油分と水分をしっかり与えてくれる“スキンケアの基本”として、パリでは母から娘へ、世代を超えて愛用されています。つまりロングセラー。皮膚科の見地から生まれたブランドであり、いろいろな人が長く使い続けている信頼のブランドです。

GettyImages-508582716_144

Image via Getty Images

Point 2:美しい肌に必要なものをシンプルに。成分の98%が天然由来

新商品の「アンブリオリス モイスチャークリーム センシティブ」は、デルモコスメティック皮膚科学に基づくスキンケア)に則ったシンプルな処方がポイントです。

主成分は「アンブリオリス モイスチャークリーム」と同様に、必須アミノ酸を豊富に含み、潤いを与えるダイズタンパク、肌を整え、すこやかに保つアロエベラ。必須脂肪酸やビタミンを豊富に含むシアバター、また、ミツロウや植物由来のエモリエントオイルなど、98%が天然由来

必要な成分だけを厳選して、肌に届けてくれます。

だから、ナチュラルコスメ派の人、もともと敏感肌の人(※)や季節などで肌がゆらぐ人にも、赤ちゃんにも、そして、無香料なので男性にもおすすめです。

iStock-104821461_500

Point 3:1本で7役。肌にやさしいクレンジングミルクにもなる!

滑らかなテクスチャーでベタつきにくいさっぱりとした仕上がりのクリーム。朝晩の洗顔後の保湿クリームや化粧下地、またボディ用のマッサージクリームなど、マルチユースに使えるのも魅力です。

たとえば、乾燥が気になる部分には、保湿パックとして(クリームを肌が隠れるくらい塗り、15分から20分ほど放置したのちに拭きとる)。また、肌が敏感に傾いたときのクレンジングミルクやメイク落とし(マスカット1粒分を顔全体によくなじませ、コットンで拭きとる)の代わりにも使えます。

1つで7役。こんなふうにも使えます!

・保湿クリーム
・下地クリーム
・アフターシェーブクリーム
・保湿パック
・クレンジングミルク(メイク落とし)
・ボディクリーム
・赤ちゃん用のフェイス&ボディクリーム

常備しておけば、急なゆらぎ肌のときにも安心

19_02_2021_LCS_CONCOURS

「アンブリオリス モイスチャークリーム センシティブ」 100ml 3,520円(税込み)

乾燥はもちろん、ストレスやホルモンバランスの変化によっても、肌はゆらぎがちになると言われます。敏感肌の人(※)のデイリーケアにはもちろん、肌のゆらぎが気になったときのお守りクリームとしても手元に一本置いておきたいクリームですね。

この1月22日より、ブランドの公式オンラインショップのほか、全国のバラエティショップなどで販売スタート。また公式オンラインショップでは、トライアルサイズ(15ml 935円 税込み)も販売中。こちらは初回限定配送料無料なので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょう。

※海外にてテストを実施。すべての肌にトラブルがおきないわけではありません。

よかったら、下記のアンケートにもぜひご回答ください。皆様のご意見をブランドにお届けします。


アンブリオリス・ジャパン

    Ranking

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 2021年3月1日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫