1. Home
  2. HEALTH
  3. 週に2日控えめにするだけ。イギリスBBCも注目する「5:2ダイエット」

週に2日控えめにするだけ。イギリスBBCも注目する「5:2ダイエット」

4,666

田邉愛理

20210108_2

お正月に食べ過ぎて、なんだか体が重い──そんなときはイギリス発の「5:2ダイエット」を試してみませんか? 管理栄養士の水谷俊江さんが、「5:2ダイエット」の効果とシンプルな取り入れ方を紹介してくれました。

断食から生まれた「5:2ダイエット」

20210108_3

5:2ダイエット」とは、1週間のうち5日はいつも通りに食事をして、2日だけ摂取エネルギーを男性600kcal、女性500kcalに抑えるという、断食をベースにしたダイエット法です。

考案したのはロンドン在住の医師であり医学ジャーナリストでもあるマイケル・モズレー氏。自らの体を実験台として改良を重ね、その過程を追ったドキュメンタリーが2012年にイギリスBBCで放映されて、大きな反響を呼びました。

ポイントは、カロリー制限をおこなう二日は連続しない二日として、曜日を固定しておくことです(例えば月曜日と木曜日というように)。

この方法を5週間続けたモズレー医師は……体重約6kg減。体脂肪率は27%から19%に。そして血液検査も全て正常値になったとのことです。

(「Diet Plus」より引用)

モズレー氏は断食に関する世界の科学的研究成果をとりまとめ、この方法にたどり着いたといいます。単に体重を減らすだけではなく、食べ過ぎを防ぐことで老化が抑制される、脳の働きが活発になる、といった効果も期待できるようです。

500kcalの目安は「いつもの1/3」

20210108_4

7日間のうち5日は好きに食べられる「5:2ダイエット」は、比較的チャレンジしやすい減量法かもしれません。

ハードルがあるとすれば、ゆる断食日のカロリーを500kcalに調整する方法。簡単な目安を水谷さんが教えてくれました。

女性500kcal、男性600kcalを計算して作ることは難しいですが、例えば普段の食事の内容はそのままで、量を1/3にすればだいたい500kcal~600kcalとなります

(「Diet Plus」より引用)

さらに、主食をパスタのかわりにしらたきにしたり、海藻やきのこを増やしたりすると、かさ増し効果で低カロリーでも満足できるとのこと。

お正月太りの解消はもちろん、乱れた食生活のリセットや、食べ過ぎで疲れた胃腸を休ませたいときにも効果的な方法と言えそうです。

胃腸の疲れは早めにリセット

健康は日々の小さな積み重ねがつくる。常食したい食べ物と知っておきたい基礎知識4選

身近の食べ物の本当の栄養価を知っていますか? 知れば、毎日の食材選びや食事づくりが、より楽しくなるはず!ここでは、特に栄養価が高いの食材をピックアッ...

https://www.mylohas.net/2020/12/eiyougaku_2020_best.html

食べ過ぎと運動不足だけじゃなかった。年末年始に太りやすい意外な盲点

クリスマスが終わると、世の中は一気にお正月ムード。気持ちが華やぐ一方で、気になるのが「正月太り」。その原因は「ご馳走の食べ過ぎ」だと思っていませんか...

https://www.mylohas.net/2020/12/stay-in-shape.html

mizutani_toshie

水谷俊江(みずたに・としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    8. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら