1. Home
  2. EAT
  3. もうしばらく「ウチのごはん」を公開します/イラストレーター こぐれひでこさん[Hello 2021, Thanks 2020]

もうしばらく「ウチのごはん」を公開します/イラストレーター こぐれひでこさん[Hello 2021, Thanks 2020]

5,703

MYLOHAS編集部

koguresan_nenshi_01

皆様、明けましておめでとうございます。

MYLOHASの新年1本目は、人気連載「こぐれひでこの『ごはん日記』」の著者、こぐれひでこさんに聞いたゆく年くる年「Hello 2021, Thanks 2020」からスタートします。

2000年2月、MYLOHASの姉妹サイトでスタートした「ごはん日記」は、2021年2月で丸21年。MYLOHASにお引越ししてから数えても、8年目を迎えようとしています。

なぜ、これほどまでに人気があるのでしょうか?

いろいろな理由が思いつくのですが、そのひとつは「読むだけで、元気がもらえるから」。毎日毎日、何を食べようかと考え、食べては「おいしい!」とよろこぶ。たまに「うーん、いまいち」としょんぼりする。こぐれさんの食卓をのぞかせてもらうと、幸せとは、そういうことなのではないかと思えるのです。

「今日もおいしいものを食べよう!」と思わせてくれる「こぐれひでこの『ごはん日記』」は今年も毎日更新予定。そしてその前に、こぐれさんの“ゆく年くる年アンケート”をぜひどうぞ。

心ここに在らずの2020年。でも「じゅんさい鍋」はおいしかった!

koguresan_03_640

「体験したことのないおいしさ。これはすごい」(2020年7月18日の「ごはん日記」より)

2020年はこぐれさんにとってどんな年でしたか?

コロナコロナで明け暮れた2020年。それほど神経質になっていたつもりじゃなかったのに、冬から春に、春から夏に、夏から秋に、秋から冬に、季節がどんなふうに移っていったのか、記憶が希薄。なんとなく「心ここに在らず」的な、ぼんやりした日々。こんな1年、73年間生きてきて、初めてでした。

仕事やプライベートでは?

仕事は、長年続いている仕事を変わらず淡々とやらせていただいています。

プライベートでは2020年の後半、TORU君が階段を踏み外して転倒、骨折。その1週間後、私が車のドアに手を挟んで薬指を骨折。そのまた1週間後、TORU君の仕事パートナーが自転車で転んで膝を骨折。3名の年齢は74、73、72歳。骨折老人チームです。

コロナだけじゃなく、日々の行動にも気をつけなくちゃ、としみじみしています。

そのほかうれしかったことや感動したことなどを教えてください

パス! 老人になると感受性が鈍るんだと思う(笑)。

でも、2020年でいちばんおいしかったものは、と聞かれたら、TORU君の誕生日に、友人たちが秋田から取り寄せてくれた『じゅんさい鍋』。じゅんさいが鍋として使われるなんて驚き。しかも、初めて味わうおいしさだった。これは心に残る。

koguresan_02_640

「驚くほどたっぷりのじゅんさい。水菜、舞茸、比内地鶏肉、比内地鶏スープ、だまこ(お米の団子)、ごぼう、長ねぎ。舞茸とごぼうとだまこをしばし煮てから水菜とねぎ。じゅんさいを加えてさっと火が通ったら、各自食べる」(2020年7月18日の「ごはん日記」より)

「老いていくってこんな感じなのね」と思ってもらえたらうれしい

2021年はどんな年にしたいですか?

(忙しくなんかないのに)いつも「あ、あれしなくちゃ!」と思って、せかせかしている生活態度を、もっとおおらかな態度に改めたいと思っています。

仕事やプライベートで取り組みたいことまたは心がけたいことは?

ちまちました趣味のようなことを見つけたいと思うけれど……まだ見つかっていません。

健康のために「これを心がけます」ということがあれば教えてください

朝ヨガ&夜ヨガ、朝の散歩。

合計60分の軽くて簡単な運動だけど、これだけは続けようね、と自分に言い聞かせています。

20.03.27_c_couscous01

「TORUシェフはマトンのクスクスに挑戦。クスクス、おいしくできました。はなまる!」(2020年4月8日の「ごはん日記」より)。日記からはお二人の仲の良い暮らしぶりもうかがわれる。

こぐれさんの連載を楽しみにしている読者にメッセージを

「他人の食卓を覗くのって面白いかも」という考えで始まった「ごはん日記」。ご馳走を食べる日もあれば、ひとつしかないラーメンを分け合って食べる日もアイデアを駆使する日があれば、思いっきり手抜きの日も

この日記が始まったころ、53歳だった私は、もうじき74歳。食欲旺盛だったスタート時と比べたら、ずいぶん少食になりました。お酒も弱くなったので、昔に比べ「二日酔い」の日が激減。「ああ、老いていくってこんな感じなのね」と思ってくださると嬉しい。

もうちょっと「ウチのごはん」を公開させていただこうと思っていますので、どうか覗きにきてください

* * *

本年の「こぐれひでこの『ごはん日記』」は昨年掲載分の続き、2020年12月20日分からスタートします(毎日午前11時30分更新)。

こんな食事をしたい、そして、こんなふうに年を重ねたい、と思わせてくれる「ごはん日記」を、今年もどうぞお楽しみに。

koguresan_01_400-72

こぐれひでこさん
1947年埼玉県生まれ。イラストレーター。大学卒業後パリに住む。帰国後デザイナーとして活動した後、イラストレーターに転身。食や暮らしに関するイラストやエッセイを中心に執筆。2000年2月から始まった「こぐれひでこのごはん日記」はもうすぐ21歳。朝昼晩の食事をバランスよく、かつバリエーション豊かに食べること。それが人生の楽しみ。

「ごはん日記」の裏話

もうじき20周年! 担当編集者が語る「こぐれひでこのごはん日記」秘話

毎日欠かさず更新される、こぐれひでこさんの「ごはん日記」。『こぐれひでこのおいしい食卓』出版に際し、歴代編集者がこぐれさんとの素敵な思い出を寄せてく...

https://www.mylohas.net/2019/12/203175book_gohannikki.html

    Ranking

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 2021年3月1日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら