1. Home
  2. HEALTH
  3. だるさ、眠気、取れない疲れ…。女性ホルモンをチェックしてみて

だるさ、眠気、取れない疲れ…。女性ホルモンをチェックしてみて

カラダ戦略術

3,849

増田美加

20201217_1

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は「更年期特有の疲れやだるさ」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

疲れがとれず、いつもだるいのはなぜ?

20201217_2

徹夜をしても若いころはなんとかなったけれど、更年期になると寝不足が続くだけで風邪を引いたり、だるくなったり。仕事の効率が上がらなくなることも増えてきます。

また、食べると眠くなってしまうことも。夕食後、疲れてソファーから動けなくなって、「どうしてそんなに寝てばかりいるの」と家族から指摘されたり……。

食事をして胃腸が働くと、血流がそこにいってエネルギーを使います。すると、疲れてだるくなってしまうのです。

睡眠時間が長くなりがちなのも、更年期の疲れのあらわれです。

更年期特有の疲れは、程度が軽くてもいつまでも続きます。若いころ激しい運動をしたあとや、根を詰めて仕事をしたあとの強い疲労感とは違います。

更年期女性の7割が悩まされるという疲労感倦怠感。更年期特有の疲れはどのように対処すればいいのでしょうか。

不調は一過性。気楽に構えて

女性ホルモンが低下すると、疲れやすくなり、疲労回復が遅れます。すると意欲まで減退し、やる気も出なくなります。

とくに更年期世代は、仕事でも家庭でも役割が多く、人生の中で忙しい年代です。今までどおり、仕事や家庭生活がこなせないと、実際以上に体力が落ちたように感じられます

しかし、疲れや倦怠感も、更年期による女性ホルモンの低下や自律神経の変調を調整しようとして、体全体が反応した結果なのです。

今は、スローペースで過ごす時期と割り切って、焦らず無理をしないようにしましょう。一過性ですから、時期が来れば体も心もまた元気になります。気楽に構えましょう。

病気が原因のこともあるので注意

20201217_4

疲労感や倦怠感は、貧血や内臓の病気、甲状腺の病気、うつ病などでも起こります。病気が隠れていないか、内科や婦人科で検査を受けましょう

検査で異常がないのに、症状が良くならない場合は、更年期障害が考えられます。婦人科で相談をしてみましょう。

自律神経調整剤や精神安定剤、ホルモン補充療法(HRT)、漢方療法などによる治療が行われます。場合によっては、カウンセリングもよいかもしれません。

エストロゲン剤が女性を元気に

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン剤を使った治療が、ホルモン補充療法(HRT)です。ホルモン補充療法を試してみるのもいいかもしれません。

エストロゲンは、意欲を出す、気持ちを明るくする、集中力を高めるなどの心の作用もあることがわかっています。

ヨーロッパでは、長年、女性の健康のためにエストロゲン剤が使われています。

また、閉経前の女性なら、低用量ピルを使ってもよいといわれています。1~2か月使ってみて、調子が良くなったら、女性ホルモンが低下していたのかもしれません。

更年期を、自分と向きあういい機会に

20201217_3

生活リズムを整えることは大切です。十分な睡眠を確保します。疲れやすい状態であることを家族にも伝え、夜はできるだけ決まった時間に寝て、体調を整えましょう。

また、体調が悪いときは、仕事量は少なめに工夫して、こまめに休みます。仕事も家事も1日の量を今までより少なめにして、ゆとりのあるスケジュールにしましょう。疲れは、更年期の症状を強くします。頑張らずにいきましょう。ずっとこのままではありません。更年期の一時が過ぎると、また元気になります。

体を動かして筋肉をつけることは、人生100年時代の一生の財産になります。筋肉は毎年1%以上減っていきます。筋肉がつくと、体力もついて、疲れにくい体がつくれます。

疲れがとれないからと、ゴロゴロ休むばかりではなく、むしろ体を動かすと気分がすっきりして、メンタルにもいい効果が期待できます。

手軽にできるウォーキングやヨガ、ピラティスなど、長続きする自分に合った運動を見つけるには、更年期が最もいい時期と言えるでしょう。

今すぐ始めたいカラダケア

骨盤底の筋肉は一生の財産です。なぜだか知っていますか?

自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。Vol.9のテーマは、骨盤底筋。骨盤底の...

https://www.mylohas.net/2017/10/065154bodystrategy09.html

30代から年1%ずつ減少する筋肉! いまこそタンパク質ファースト

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は、「筋肉の重要性」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2020/06/strategy73.html

mika_masuda

増田美加・女性医療ジャーナリスト
予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら