1. Home
  2. MIND
  3. 変化を受け入れられる心を手に入れるには? 2021年を健やかに生きるヒント5選

変化を受け入れられる心を手に入れるには? 2021年を健やかに生きるヒント5選

3,884

田邉愛理

2020matomemine_01

Image via Shutterstock

変化が多い時代だからこそ、変化を受け入れられるマインドを整えたい!

ここでは今年公開した記事の中から、アクセス数の多かった「心の整え方」をテーマとする記事をピックアップ。2021年をもっと気持ちよく生きるヒントをお届けします。

「生きること」や「幸せ」を、それほど壮大なテーマに捉えなくていい

tomy_A___0055_640

撮影/中山実華

Twitterで20万人ものフォロワーに支持される“ゲイの精神科医 Tomy”さんは、「幸せや生きる意味を問いすぎると苦しくなる」と話します。

「『生きる意味』なんて最初からない。生きるということは点の重なりでしかなく、その時、その瞬間を大切にするしかない」とTomyさん。

Tomyさんが考える幸せとは、「よい時を過ごす」というシンプルなこと。新年を迎えるにあったって、ぜひ耳を傾けてほしい“Tomy語録”です。

▼詳細はこちら
生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん

精神科医に聞いた、心の居場所の見つけ方。欠点とはどう向き合う?

shutterstock_1186921750

image via shutterstock

精神科医の星野概念先生に、つらい気持ちをラクにするヒントを取材。無理に自己肯定感を高めようと頑張らずに、「心の居場所」を見つけることを提案してくれました。

自分の欠点を発表するだけの「欠点自慢大会」のアイデアは秀逸! 年末年始、友達やパートナーとやってみたら盛り上がりそうです。

欠点を認めて、まるごとの自分を愛せるようになったらいいですね。

▼詳細はこちら
精神科医に聞いた、心の居場所の見つけ方。欠点とはどう向き合う?

全員がストレスで倒れてもおかしくない。「コロナ鬱」のサインは意外な症状

shutterstock_1662967729

image via shutterstock

EAP(働く人のメンタルヘルスケア)のパイオニアである市川佳居さんによると、過剰なストレスから身を守るためには、体にあらわれる“ある症状”を見過ごさないことが大切とのこと。

もしも未来への不安にかられたら、「自分が今できること」に気持ちをフォーカスしましょう。早め早めのストレス対策テクニックを指南します。

“ある症状”がないか、確認してみてください。

▼詳細はこちら
全員がストレスで倒れてもおかしくない。「コロナ鬱」のサインは意外な症状

これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく。どうしたらいい?

_IM_9787

撮影/キム・アルム

2020年1月に『人は、なぜ他人を許せないのか?』(アスコム)を刊行し、「許せない」という感情が暴走する脳の状態に注目した、脳科学者の中野信子さん。 どうすれば「許せない」自分を理解し、人を許せるようになるのか──。

このインタビューでは、中野さんが「正義中毒」と名付けた一種の依存症状の構造とその回避策を、最新の脳科学から解き明かしてくれました。

▼詳細はこちら
これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん

自分を褒めることを習慣にすると、人生が変わる

wakanozawa_244

撮影/YUKO CHIBA

モデルや女性向けウェルネスブランド「HEREIAM(へレイアム)」のディレクターとして活躍する野沢和香さん。日々、気分をリフレッシュするためにしている“自分褒め”の習慣で、人生が大きく変わったといいます。

「結果よりも目標へ向かうプロセスに宝ものがたくさん落ちている」という野沢さんの言葉が、2021年を清々しく過ごすヒントをくれた気がします。

▼詳細はこちら
自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

もっと生きやすくなるコツをチェック

自己肯定感を高めようなんて思わなくていい。自分を邪魔する「メンタルノイズ」を見つけて

「自己肯定感を高めようなんて、思わなくていい」。そう語るのは 心理カウンセラーの山根洋士氏。自己否定のループから抜け出す方法と、自分がふだん気づいて...

https://www.mylohas.net/2020/10/self-affirmation.html

ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

生きづらさや心の浮き沈み。昔の人達はどのように乗り越えてきたのでしょうか。新刊『世界の自己啓発 50の名著』より、自分を奮い立たせるヒントを学びまし...

https://www.mylohas.net/2019/10/200825book_self-enlightenment.html?itm_source=article_link&itm_campaign=https://www.mylohas.net/2020/10/self-affirmation.html&itm_content=https://www.mylohas.net/2019/10/200825book_self-enlightenment.html

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら