1. Home
  2. 田邉愛理
  3. インタビュー
  4. 「会話が怖い」あなたへ。コミュニケーションをゲームにして楽しむヒント/アナウンサー 吉田尚記さん

「会話が怖い」あなたへ。コミュニケーションをゲームにして楽しむヒント/アナウンサー 吉田尚記さん

1,725

田邉愛理

20201112_1

コミュニケーションが苦手な人にとって、何気ない雑談ほど難しいものはありません。『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)は、そんな“コミュ障”気味の私たちに今すぐ使える強力な武器を授けてくれる一冊。著者であるニッポン放送アナウンサーの吉田尚記(よしだ・ひさのり)さんに、新刊に込めた思いをうかがいました。

コミュニケーションは「自己表現の場」ではない

20201112_2

名優サミュエル・L・ジャクソンに「その“ L ”は必要なんですか?」と尋ねて打ち解けるなど、どんな大物とも臆せず話し、おもしろいエピソードを引き出していく“よっぴー”こと吉田尚記さん。ラジオパーソナリティとして多忙を極める一方で、マンガ・アニメ・アイドル文化にも精通し、さまざまなイベントの司会進行としても大活躍しています。

そんな吉田さんの仕事ぶりからは信じられないことですが、ご自身曰くかつては話すのも聞くのも苦手な“コミュ障”で、 コミュニケーションを取ることに苦手意識を感じていたそう。可能なら会話から逃げたい、つまらない人間だと思われるのが怖い……そう思っていたのにアナウンサーになってしまい、20年をかけて克服してきたと話します。

「コミュニケーションが怖いという思いの裏には、『自分が変だと思われたくない』という気持ちがありました。でも、人にどう思われるかって、自分ではコントロールできない。相手は自己表現した通りに理解はしてくれませんから。多くの人が誤解していますが、コミュニケーションは自己表現の場ではないんです」

「対戦型」ではなく「協力型」のゲーム

20201112_3

吉田さんが考えるコミュニケーションとは、みんなで力を合わせてクリアする「協力型」のゲーム。けっして「対戦型」ではありません。

「自分を表現できた方が勝ちとか、相手に一目置かせたら勝ち、ではない。相手と一緒にいるあいだに一度も“気まずさ”が訪れなかったら勝ちというシンプルなゲームです。じつはラジオってそういうふうにできているんですよ」

ラジオの仕事を通して、会話は「こんな話をしたい」という狙い通りに進めるよりも、思いがけない方向に転んだほうが面白いことを学んだと吉田さん。

「もちろんラジオパーソナリティとして、そこでいろいろな手練手管を使うということはありますが、一般の人ならそんなことは気にしなくてもいいわけで。相手を楽しませようなんて思わなくていいんです。会話を“気まずさを排除していくゲーム”だと考えると、一番簡単なのは相手に喋ってもらうことです」

聞き上手とは質問上手。では上手な質問とは?

アナウンサーになりたての頃は、ゲストから「絡みづらい」とクレームが続出。現場のディレクターに「もっと聞き上手になれ」と言われるたびに、吉田さんは疑問を感じていたといいます。

「しゃべり上手なら練習できるけど、ただ聞くだけで相手が話してくれるなんて、もう超能力じゃないですか。では何が“聞き上手”なのかと考えたときに、それって“質問上手”なんじゃないかと気づいたんです」

「聞く」のではなく「質問」が大事。そう考えると、“良い質問”をしなくてはと逆に気負ってしまいそうですが……。

「それは“良い質問”の定義が僕とは違うかもしれません。僕にとって良い質問とは、相手がしゃべりやすいかどうか。たとえば村上春樹さんにお会いできたとして『文学とは何ですか』なんて聞いたら、きっとすごく答えづらいですよね。
そんなんじゃなくて、『今日のお昼はなにを食べましたか?』でいい。相手が答えやすい質問を積み重ねた先にあるものの方が、『文学とは』みたいな質問よりも全然いい話だったりする。そういうことはむちゃくちゃ多いです」

嫌われたくない、良い質問をしたい。そんな欲や守りの姿勢はいったん忘れて、相手が気軽に話せる「答えやすい質問」を続けるのがポイント

著書では会話を動物のグルーミング(毛づくろい)に例えた箇所がありますが、雑談も親近感を示す行動のひとつと捉えれば、“難しい”というイメージがかなり変わる気がします。

今すぐ使える!会話がラクになる3つの武器

20201112_4

とはいえ「丸腰では闘いの場に出られない」とおびえてしまうのが自称“コミュ障”というもの。本書で紹介される24の武器(テクニック)のなかから、今すぐ使えるおすすめの3つを教えてもらいました。

1.自己紹介は「貢献+弱点」で決まり

20201112_5

「これはアドラー心理学の研究者、向後千春先生と考えたもので、自己紹介の完成形といえる自信作です。
ポイントは“共同体への貢献”をアピールすること。『音楽なら詳しいです』と言うとマウントのように聞こえますが、『家に何千枚もレコードがあるから、どんな人にもぴったりの1枚を選べます』と言えば、共同体に貢献できる能力として受け取られます。
そこにひと言、みんなが親しみを持てる弱点を加える。『だけどレコードが多すぎて、家は足の踏み場がありません!』とかね。
貢献と弱点は、きれいにつながっていなくてもいいんですよ。『超おいしいポテトサラダが作れますが、100メートル走は20秒かかります』とか……ラジオのゲストがそんなふうに自己紹介してくれたら、僕も『やりやすいなぁー』とうれしくなります」

2.最強の相づち「えっ?」「あっ!」を使いこなす

20201112_6

「会話において、びっくりされると人間はしゃべりやすくなります。その気になればたいてい何でも驚けますから(笑)、出し惜しみせず驚きのリアクションをしてみてください。
逆にマニュアルの会話が続かないのは、相手がびっくりしないから。オンラインのコミュニケーションも反応に時間差ができて、リアクションがかんばしくなくなるので、みんな楽しくないんですよね。オンラインではできるだけ身振り手振りで、大きめのリアクションをしてあげましょう」

3.「WHY(なぜ)」ではなく「HOW(どうやって)」を聞く

「『おすすめの本は何ですか?』と聞かれると答えづらいけど、『自分の本棚にある本を端から思い出してください』ならスムーズに話せる。人間ってそういうところがありますよね。
だから、質問するとき『なぜ?』と聞くのは60点。それよりも『いつ、どうやって、どんな理由で……』といったHOWを聞くのがおすすめ。相手はすごく答えやすくなります」

コミュニケーションがつらいと感じるのは、「本当はコミュニケーションに価値を感じているから、とも言える」と吉田さん。

「大事に感じているからこそ、失敗が怖いし、傷つくのが苦痛なんですよね。でも、こんなふうに新しい武器やアイテムがあれば、ちょっと使ってみたくなるでしょう?
この本の狙いはそこです。コミュニケーションのゲームは、1回やるだけでログインボーナスが手に入ります。やればやるほど経験値がたまるし、損といえば“ちょっと疲れること”くらい。あとはもう、いいことばっかりですよ」

20201112_7

勇気を出して話しかけ、失敗してもへこまない。それを繰り返していくうちに、「変だと思われたくない」という気持ちは少しずつ消えていくと吉田さん。

頭が真っ白になったときは、吉田さんが鍛え上げた武器が力になってくれるはず。本書を手に、ぜひ会話というゲームにチャレンジしてみてください。

20201112_8-1

吉田尚記(よしだ・ひさのり)さん
1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。またマンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)ほか著書多数。Twitter

撮影/キム・アルム 、取材・文/田邉愛理

コミュニケーションを楽しむテクニック

相手の行動を変える、たったひとつのほめ言葉。信頼関係をつくる「100点のほめ方」

独自の教育メソッド「ほめ育」を開発した原邦雄氏。人の心を動かす「ほめ方」には大きな力があり、仕事や家庭でのコミュニケーションを改善することもできると...

https://www.mylohas.net/2020/10/praise.html

相貌心理学で人のすべてがわかる!3人のなかでもっとも仕事を任せられる顔は?

在宅勤務が増える一方で、ビデオ会議などリアルで面識がない人ともコミュニケーションをとらなければならないことも。そんなとき、顔から相手を知る手がかりを...

https://www.mylohas.net/2020/07/morphopsychologie.html

    Ranking

    1. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    5. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    6. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 2021年9月20日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. 【クイズ】どっちが太りにくい? てりやきバーガーとチーズバーガー

    9. 肩甲骨を「寄せて離して」猫背を改善。ストレートネック改善、小顔効果も

    10. 【クイズ】体臭と口臭を「消臭」する食べ物はどれ?

    1. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    4. マウンティングをしてしまう人の心の奥底にあるものは?

    5. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    6. HIIT初心者やトレーニングのマンネリ防止に。「マウンテンクライマー」アレンジ版

    7. 手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

    8. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    4. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    5. 「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

    6. 体脂肪率や骨格筋量まで推定。服を着たまま写真を撮るだけでのアプリがすごい

    7. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    8. 感染症対策にも効果?「しそ」はなるべく刻んで食べて

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら