1. Home
  2. MIND
  3. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

31,439

田邉愛理

20201103

愛には“知られざる秘密のテクニック”が隠されてはいない。ただ、なにがいちばん大切かを、ときどき思い出す必要があるだけだ──

そう語るのは、『人生のルール』をはじめとする「Ruleシリーズ」が50もの言語に翻訳され、世界的ベストセラーとなっているリチャード・テンプラー氏。今回は新版として刊行された『上手な愛し方 The Rules of Love』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)から、自分にとって最高のパートナーを見つける方法をご紹介します。

世界50言語に翻訳されたベストセラー

愛のルールというと90年代の『ルールズ』のような、“意中の男性を射止める極意”的なものを想像しますが、2016年に英国で刊行された本書はかなり趣きが異なります。

恋人はもちろん、家族や友情、別れのためのルールもあり、最後を飾る117番目のルールは「別れたあとも人生は続く」。世界50言語に翻訳されたというのもうなずける、年齢や性別を超えた普遍的な愛がテーマです。

最高のパートナーはどんな人?

20201103_5

愛は一生の大問題であり、愛に関してほとんどの人はとても苦労しているというテンプラー氏“人を観察すること”の達人である著者は、あらゆる種類の人を観察し研究したなかで、少数ながら愛に関して「きわめて有能な人」が存在することに気づきました。

人を上手に愛することのできる人たちは、どんなふうに愛する人と出会い、愛を確かめ、新鮮さを保ち続けているのでしょうか。ルール5で説かれるのは、「相手を選ぶもっとも重要な基準とは何か」という難問です。

ルックス、収入、地位……これらは時間とともに失われるもの。自信がある、穏やかでやさしいといった個性や性格も永遠のものではなく、人生で経験するさまざまなショックで変わる可能性があるといいます。

「笑顔にしてくれる相手」を選ぶべき理由

20201103_1

そこで著者が提案するのが、「笑顔にしてくれる相手」というシンプルな基準です。

すべてが消え失せたとしても、ひとつだけ残るものがある。それは、ユーモアのセンスだ。ほかのだれよりも、あなたを笑顔にしてくれる人を見つけたら、すぐに結婚しなさい。これこそ、わたしからのアドバイスだ。実際、それ以上に大切なことがあるだろうか?

(『上手な愛し方[新版]The Rules of Love』26ページより引用)

ただし、単純な意味で“笑わせてくれる”だけでは、満点とはいえないと著者はいいます。パートナーとして最高なのは、「あなたがあなた自身のことを笑えるようにしてくれる相手」です。

著者にそう思わせたのは、数年前に妻に先立たれた友人。ひとりになってからは、なにもかもまじめに考えすぎて、以前は笑ってすませられたこともくよくよ悩んでしまう──今までは自分がハッピーな気分になれるように、妻が仕向けてくれていたことに気づいたと話してくれたのだとか。

相手がいれば、ダメな自分も失敗した自分も受け入れられる。そんなパートナーを見つけたら「もう人生は順調だ。それは、ぜったいにまちがいない」と、著者は強い言葉で伝えています。

不運が続くときにやってはいけないこと

20201103_4

本書の第5章では、パートナーや家族といった垣根を越えた、「すべての愛」のためのルールも5つ記されています。107番目のルールは「自分の外側の世界に目を向ける」。一度このルールを身につければ、人生は楽しく充実したものになり、大きく道を外れることはないと著者は語ります。

苦しいとき、自分のことばかり考えてしまう気持ちはよくわかる。しかしいまのわたしは、それで得るものはないとわかっている。特に、ものごとが悪くなりはじめたら、自分の内側を見つめることをやめなければいけない。

考えるべきは、周囲の人々のために、自分の愛を最大限に活用する方法だ。そうすれば、自分は役に立ち、価値ある存在だと感じられる。その感覚は、今後なにを経験するにしても、あなたの助けとなり、外側の世界へとあなたを連れ出してくれる。

(『上手な愛し方[新版]The Rules of Love』239ページより引用)

悪いことが続くと、ことさらに自分を責めたり、過去の失敗まで思い出して落ち込んだりして、心の闇がどんどん深くなっていくときがあります。

そんなときは「内側」ではなく「外側」に視点を移すというのは、コロナ禍にある今、とても腑に落ちるアドバイス。これから折にふれて思い出すことになりそうです。

最高の人生にするために

自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

Twitterで20万人ものフォロワーに支持される精神科医 Tomyさん。発する言葉が、多くの人の心を軽くしています。インタビュー後編はTomyさん...

https://www.mylohas.net/2020/10/221522_tomy02.html

知ってた? 人には4つの「メンタルモデル」がある

「どうしていつも自分はこうなんだろう」と悩む人は、「心の痛み」を避けるための信念、「メンタルモデル」を無意識に持っているからかも。その信念という無意...

https://www.mylohas.net/2020/07/216414mentalmodel.html

上手な愛し方[新版]The Rules of Love

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら