1. Home
  2. EAT
  3. うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

2,000

MYLOHAS編集部

shutterstock_130478192

──ライフハッカー[日本版]より転載

卵は、白身と黄身という2つのパーツでできていると普通は思いますよね。

でも、実際にはそれよりはるかに複雑で、15のパーツがあります。もちろん、それを全部覚える必要はありません。

ただ、白身には外水様卵白と内水様卵白があることを知っていると、ポーチドエッグや目玉焼きがもっときれいに作れます。

外水様卵白と内水様卵白の違い

egg2

ふるいでろ過していない卵 Photo: Claire Lower

この2つのパーツは簡単に区別できます。

外水様卵白は薄くて水っぽく、フライパンに落とすと広がりやすい性質があります。

一方、内水様卵白はもっと厚みがあり、フライパンの中で盛り上がってあまり広がりません。

ふるいで外水様卵白を取り除く

egg3

ふるいでろ過した卵 Photo: Claire Lower

外水様卵白は簡単に取り除けます。卵を割って目が細かいふるいの中に入れ、フライパンを熱したり小さな鍋でお湯を沸かしている間、そのまま放置しておくだけです。急いでいるときは、ふるいを軽くトントンと叩いてもいいでしょう。

こんなことをする意味は? 出来上がりの見栄えが良くなるという理由がほとんどです。

ふるいにかけた卵を焼くと扱いやすいマックマフィンのサイズに保つことができますし、ふるいにかけてからお湯に落としてポーチドエッグにすると、つるんときれいなポーチドエッグになります。

また、厚みと高さがある内水様卵白に火が通る前に、薄い外水様卵白に火が通り過ぎてしまうという悩みが解消できます。

しかし、(私にとって)それ以上に重要なことは、白身より黄身の比率が大きくなることです。

何しろ、卵の味は黄身にこそあるというのに、黄身と白身を等分に食べていると、火が通り過ぎた味気ない白身が残ってしまうという悲しい事態を回避できます。

卵をふるいにかけて白身から少量の水っぽい部分を取り除くのは「もったいない」と思うなら、カクテルの材料として保存してもいいでしょう。

しかし、私は正直なところ、味がない少量のタンパク質を流しに捨てても、あまり気にしません。白身の一番価値の無い部分だと思うからです。

もっと美味しく食べるこつ

有元葉子さん直伝「今さら聞けない料理のこつ85」

毎日の料理、わからないことをそのままにしていませんか?素材を活かしたシンプルで美しい料理の達人、有元葉子さんが85個の“ 素朴な疑問”に答えます。

https://www.mylohas.net/2020/08/arimotoyoko.html

低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

低糖質で高タンパク、ヘルシーな「鶏むね肉」はダイエットの強い味方ですが、加熱すると固くなり、パサつきやすいのが難点。今回は管理栄養士の谷口美希さんが...

https://www.mylohas.net/2020/10/chicken-breasts.html

Image:Shutterstock
Source:Science of Cooking
Claire Lower – Lifehacker US[原文
訳:春野ユリ

[ライフハッカー 日本版]

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら