1. Home
  2. EAT
  3. うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

2,598

MYLOHAS編集部

shutterstock_130478192

──ライフハッカー[日本版]より転載

卵は、白身と黄身という2つのパーツでできていると普通は思いますよね。

でも、実際にはそれよりはるかに複雑で、15のパーツがあります。もちろん、それを全部覚える必要はありません。

ただ、白身には外水様卵白と内水様卵白があることを知っていると、ポーチドエッグや目玉焼きがもっときれいに作れます。

外水様卵白と内水様卵白の違い

egg2

ふるいでろ過していない卵 Photo: Claire Lower

この2つのパーツは簡単に区別できます。

外水様卵白は薄くて水っぽく、フライパンに落とすと広がりやすい性質があります。

一方、内水様卵白はもっと厚みがあり、フライパンの中で盛り上がってあまり広がりません。

ふるいで外水様卵白を取り除く

egg3

ふるいでろ過した卵 Photo: Claire Lower

外水様卵白は簡単に取り除けます。卵を割って目が細かいふるいの中に入れ、フライパンを熱したり小さな鍋でお湯を沸かしている間、そのまま放置しておくだけです。急いでいるときは、ふるいを軽くトントンと叩いてもいいでしょう。

こんなことをする意味は? 出来上がりの見栄えが良くなるという理由がほとんどです。

ふるいにかけた卵を焼くと扱いやすいマックマフィンのサイズに保つことができますし、ふるいにかけてからお湯に落としてポーチドエッグにすると、つるんときれいなポーチドエッグになります。

また、厚みと高さがある内水様卵白に火が通る前に、薄い外水様卵白に火が通り過ぎてしまうという悩みが解消できます。

しかし、(私にとって)それ以上に重要なことは、白身より黄身の比率が大きくなることです。

何しろ、卵の味は黄身にこそあるというのに、黄身と白身を等分に食べていると、火が通り過ぎた味気ない白身が残ってしまうという悲しい事態を回避できます。

卵をふるいにかけて白身から少量の水っぽい部分を取り除くのは「もったいない」と思うなら、カクテルの材料として保存してもいいでしょう。

しかし、私は正直なところ、味がない少量のタンパク質を流しに捨てても、あまり気にしません。白身の一番価値の無い部分だと思うからです。

もっと美味しく食べるこつ

有元葉子さん直伝「今さら聞けない料理のこつ85」

毎日の料理、わからないことをそのままにしていませんか?素材を活かしたシンプルで美しい料理の達人、有元葉子さんが85個の“ 素朴な疑問”に答えます。

https://www.mylohas.net/2020/08/arimotoyoko.html

低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

低糖質で高タンパク、ヘルシーな「鶏むね肉」はダイエットの強い味方ですが、加熱すると固くなり、パサつきやすいのが難点。今回は管理栄養士の谷口美希さんが...

https://www.mylohas.net/2020/10/chicken-breasts.html

Image:Shutterstock
Source:Science of Cooking
Claire Lower – Lifehacker US[原文
訳:春野ユリ

[ライフハッカー 日本版]

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら