1. Home
  2. EAT
  3. うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

うれしくなるほど、つるんときれいな目玉焼きを作る方法

2,372

MYLOHAS編集部

shutterstock_130478192

──ライフハッカー[日本版]より転載

卵は、白身と黄身という2つのパーツでできていると普通は思いますよね。

でも、実際にはそれよりはるかに複雑で、15のパーツがあります。もちろん、それを全部覚える必要はありません。

ただ、白身には外水様卵白と内水様卵白があることを知っていると、ポーチドエッグや目玉焼きがもっときれいに作れます。

外水様卵白と内水様卵白の違い

egg2

ふるいでろ過していない卵 Photo: Claire Lower

この2つのパーツは簡単に区別できます。

外水様卵白は薄くて水っぽく、フライパンに落とすと広がりやすい性質があります。

一方、内水様卵白はもっと厚みがあり、フライパンの中で盛り上がってあまり広がりません。

ふるいで外水様卵白を取り除く

egg3

ふるいでろ過した卵 Photo: Claire Lower

外水様卵白は簡単に取り除けます。卵を割って目が細かいふるいの中に入れ、フライパンを熱したり小さな鍋でお湯を沸かしている間、そのまま放置しておくだけです。急いでいるときは、ふるいを軽くトントンと叩いてもいいでしょう。

こんなことをする意味は? 出来上がりの見栄えが良くなるという理由がほとんどです。

ふるいにかけた卵を焼くと扱いやすいマックマフィンのサイズに保つことができますし、ふるいにかけてからお湯に落としてポーチドエッグにすると、つるんときれいなポーチドエッグになります。

また、厚みと高さがある内水様卵白に火が通る前に、薄い外水様卵白に火が通り過ぎてしまうという悩みが解消できます。

しかし、(私にとって)それ以上に重要なことは、白身より黄身の比率が大きくなることです。

何しろ、卵の味は黄身にこそあるというのに、黄身と白身を等分に食べていると、火が通り過ぎた味気ない白身が残ってしまうという悲しい事態を回避できます。

卵をふるいにかけて白身から少量の水っぽい部分を取り除くのは「もったいない」と思うなら、カクテルの材料として保存してもいいでしょう。

しかし、私は正直なところ、味がない少量のタンパク質を流しに捨てても、あまり気にしません。白身の一番価値の無い部分だと思うからです。

もっと美味しく食べるこつ

有元葉子さん直伝「今さら聞けない料理のこつ85」

毎日の料理、わからないことをそのままにしていませんか?素材を活かしたシンプルで美しい料理の達人、有元葉子さんが85個の“ 素朴な疑問”に答えます。

https://www.mylohas.net/2020/08/arimotoyoko.html

低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

低糖質で高タンパク、ヘルシーな「鶏むね肉」はダイエットの強い味方ですが、加熱すると固くなり、パサつきやすいのが難点。今回は管理栄養士の谷口美希さんが...

https://www.mylohas.net/2020/10/chicken-breasts.html

Image:Shutterstock
Source:Science of Cooking
Claire Lower – Lifehacker US[原文
訳:春野ユリ

[ライフハッカー 日本版]

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら