1. Home
  2. BEAUTY
  3. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

Editor's Pick

多田亜矢子

わたしたちの心地よい暮らしに役立つもの、わたしたちが暮らすうえで積極的に選びたい社会や環境に優しい商品、みんなにとって気持ちがいいアイテムやサービスを、編集部がピックアップする連載「Editor's Pick」。

今回は、「DIOR(ディオール)」より新発売されたスキンケアバームをご紹介。マスク着用などで過敏になった肌を優しくケアするアイテムです。

高い再生能力と、抗酸化・抗炎症力に注目

美容大国・韓国で数年前から話題の「シカクリーム」

「シカ」とはセリ科の植物・ツボクサのセンテラ・アジアチカという学名にちなんだもの。傷の治癒効果があることから、韓国にはシカ成分を配合した「シカケア」というキズパワーパッドのような製品が以前からありました。このシカが持つ高い再生能力と、抗酸化・抗炎症力が肌荒れやニキビなどにも効果を発揮するのでは? と着目され、スキンケアアイテムに搭載されるようになったことで、現在の爆発的なブームがもたらされたのだそう。

しかも保湿や肌のキメの改善、ダメージを受けた肌の鎮静サポートに優れることから、マスクによる肌荒れのケアに最適とされ、注目度が上がっています。

91%が自然由来成分。優しくケアするシカ バーム

20201118_dior_1

シカ コンプレックスやカモミール ワックスなど、植物の優れた有用成分を配合した「シカ バーム」75ml 6,490円(税込)。線維芽細胞の単層のin vitroテストを実施したところ、塗布後72時間で、肌活力のよみがえりと、肌本来の修復プロセスの加速を確認。

韓国コスメブランドから続々とシカ成分配合製品が登場していたのですが、2020年11月、なんと「ディオール」からも誕生しました。活性化効果を期待できるツボクサ エキスを配合したシカ コンプレックスを含む「シカ バーム」です。

フローラル サイエンスを提唱するディオールらしく、91%が自然由来成分シカ コンプレックスのほか、肌の柔軟性を高め、水分の蒸発を抑えることで長時間の保湿効果を発揮し、表皮をしっかりと保護してくれるカモミール ワックスも配合。これらの植物の有用成分が、炎症を起こし、敏感になった肌の違和感を緩和し、優しくケアしてくれます。

塗り心地のよさも追求されていて、ひと塗りで乳液へと変化するバーム テクスチャーは、肌呼吸を妨げることなく、肌のうえで軽やかなフィルムへと変化。美しく、穏やかに整った肌へと導きます。

20201122_1

パッケージデザインは、ディオール スキンケアが誕生した1967年のものを継承。清らかさを意味する白とグレーには、美しい肌と安穏な日々が再来することへの願いが込められているのだそう。

朝晩のスキンケアにシカ バームを加えるのもよいですが、おすすめは、昼間に持ち歩いてのちょこちょこ使い。マスクでこすれた、乾燥してきた、など気になるパーツにサッと塗る、「都度ケア」にぴったりです。顔にもボディにも使えるので、これからの季節は手やひじ、ひざなどにも使ってみてください。

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン

電話:03-3239-0618

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン

デリケートになった肌をケア

皮膚科医が教える、肌荒れを防ぐコツ。意外なマスクのつけ方とは?

マスクで肌荒れする人が増えています。どうしたら防ぐことができるのか、マスクの使い方とスキンケアのコツを皮膚科医がアドバイス。赤み、ヒリヒリ、ニキビの...

https://www.mylohas.net/2020/06/214340mask_skin.html

手の洗いすぎで手荒れがひどい…皮膚科医が教える予防と対策は?

手荒れを防ぐ手洗い方法とハンドケアのポイントを、皮膚科医のアドバイスとともに紹介します。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、手洗いの重要性が叫ばれ...

https://www.mylohas.net/2020/04/211074handcare.html

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら