1. Home
  2. MYLOHAS編集部
  3. ライフハッカー
  4. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

1,994

MYLOHAS編集部

h4v74kxqosztuf9mc7u4

──ライフハッカー[日本版]より転載

スクランブルエッグは火を通し過ぎるとゴムのような食感になりますが、本来はクリーミーでおいしいものです。

私はずいぶん前から、じっくり時間をかけて作るクランブルエッグのファンでしたが、何しろ45分間もかかるので、月に1回ぐらいしか作れません。

ですから、料理サイトMandy of Lady & Pup’sが紹介している、「スクランブルエッグにコーンスターチを入れる」という天才的発想には、心底脱帽です(コーンスターチとはコーンを原材料にした片栗粉のようなもの)。

Mandyのレシピではコーンスターチを牛乳で溶いていますが、私はたまたま家にあったヘビークリームを使いました。

超クリーミーなスクランブルエッグの作り方

材料
・卵3個以上
・コーンスターチ1/2カップ、さらに卵1個につき小さじ1/8を加える
・卵1個につき牛乳(またはクリーム)大さじ1
・塩少々
・卵1個につきバター大さじ1

▼作り方

STEP1.
卵を溶き、別のボールで乳製品で溶いたコーンスターチと混ぜ合わせたら、塩を加えて味が均一になるように撹拌します(A)。
STEP2.
強火で熱したフライパンにバターを入れ、溶けて泡立ってきたら(A)を入れます。
STEP3.
端が固まってきたら、いったん火を消します。
STEP4.
周りから卵をかき集めるようにして、全体が円形になるように予熱で形を整えます。
STEP5.
30秒ぐらいやっても、まだ卵の落ち着きが悪いときは、もう一度弱火で熱を加えましょう。火が完全に通る直前に、スプーンで皿に移します。パリッと焼いたバタートーストと一緒に美味しく召し上がれ。

コーンスターチを使ったスクランブルエッグの感想

コーンスターチを入れたほうが本家本元よりとろみが強くなります。

食感の点では引けを取らず、チーズを入れなくてもチーズのような感じが出る点が最高です。

初めて一口食べたときは、あまりのクリーミーな美味しさに感動のあまり言葉を失ったぐらいです。

Image: Claire Lower/Lifehacker US

Source: Mandy of Lady & Pup’s

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳: 春野ユリ

他にもあります。いろんな料理の「コツ」

有元葉子さん直伝「今さら聞けない料理のこつ85」

毎日の料理、わからないことをそのままにしていませんか?素材を活かしたシンプルで美しい料理の達人、有元葉子さんが85個の“ 素朴な疑問”に答えます。

https://www.mylohas.net/2020/08/arimotoyoko.html

見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

食欲をそそるほどおいしそうな料理を作りたいと思ったとき、まずは「盛り付け」にひと工夫してみませんか? 今日から簡単にできる盛り付けのポイントを、管理...

https://www.mylohas.net/2020/09/dish-up.html

[ライフハッカー[日本版]]

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    6. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    7. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    10. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら