1. Home
  2. MIND
  3. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

3,685

田邉愛理

20201020_8

さまざまなストレスに囲まれる現代社会では、ストレスと向き合い、前向きな力に変える「レジリエンス(折れない心)」が必要だといわれます。では、どうすればレジリエンスを身につけることができるのか。そのヒントをくれるのが、神経科学の視点から脳の機能や仕組みを紐解く『BRAIN DRIVEN(ブレインドリブン) パフォーマンスが高まる脳の状態とは』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

著者の青砥瑞人(あおと・みずと)氏は、日本の高校を中退後、2012年にアメリカのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部を飛び級で卒業。日本における応用神経科学のパイオニアとして、最新の知見を人の成長やWell-being(ウェルビーイング)に役立てる活動を行っています。

予約が取れない大人気レクチャーを書籍化

神経科学とは、脳を含む「神経系」を細胞や分子の機構から解き明かす新しい学問です。これまでブラックボックスとして扱われ、なかなか研究が進まなかったという神経系。2008年に下村脩博士らが「緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と応用」でノーベル化学賞を受賞しましたが、こうした成果によって脳の可視化が進んだこともあり、2010年以降から論文数が急増しているといいます。

本書は、著者が年に数回おこなっている「脳・神経科学レクチャー」から、「モチベーション」「ストレス」「クリエイティビティ」という3つのテーマを取り上げてまとめたもの。医学や科学の知識がなくても、神経科学のエッセンスを理解して実生活に生かせるように、ユーモラスなイラストを交えてわかりやすく解説してくれています。

「汝自身を知れ」──メタ認知の重要性

20201020_1

もっとモチベーションを高めたい。ストレスとうまく付き合いたい。クリエイティビティを発揮したい──私たちがこうした問題で悩むのは、少しでも自分を高め、よりよい自分になりたいから。この観点に立ったとき、「どうしても避けては通れない脳の重要な機能がある」と著者はいいます。それが「メタ認知」です。

メタ認知とは、自分自身を客観視・俯瞰視した認知の状態。「汝自身を知れ」という格言が古代ギリシア時代から脈々と伝えられきたように、メタ認知を鍛え、自分を俯瞰視することは非常に難しいといわれます。

では、なぜ難しいのか。ここで著者が例に出すのは、自宅から駅までの道のりにある電柱の数です。何百回、何千回と歩いているはずなのに、多くの人は電柱の数を覚えていません。それは、その情報が「脳の中で捨てられる」から。意識的に注意を払わない情報は、脳に記憶情報として保存させないようにできているのです。

このことは、自分という情報にも当てはまる。自分に意識的に注意を向けない限り、自分の脳に自分の情報が書き込まれないのである。さらに自分のことはよくわかっているという錯覚から、ほとんどの人は意識的に自分を見ようとしない。自分であろうと電信柱であろうと、意識的に注意を向けない限り脳に学習させるのは非常に難しいのである。

だからこそ、自分を客観的に捉えてみる時間や学習が求められる。最近は、OECD(※)もメタ認知能力が21世紀において必要な能力として非常に重要だと言っている。

(『BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは』21ページより引用)

メタ認知の本質的な意義は、自分のことを客観的に、俯瞰的に見ることで、自分自身の脳に自分についての情報を書き込むこと。

それが「自分をもつ」ことであり、自律的に考え、行動する脳を強化することにもつながると著者は語ります。

※OECD…経済協力開発機構。2020年7月時点で37か国が加盟。

脳の「rlPFC」がストレス反応を学びに変える

20201020_7

こうしたメタ認知の大切さは、ストレス対策にも関わってくるようです。

ストレスはネガティブなイメージを持たれがちですが、もともとは生存に必要だから備わった重要なメカニズム記憶力や学習効果、直感力を高める役割もあるのだとか。

ストレスのポジティブな反応を活用するためには、脳の前頭前皮質にある「rlPFC」が鍵になります。rlPFCは事象を並べて分類したり、カテゴライズしたりして、パターン化する機能をもつ部位。メタ認知で自分を俯瞰視するときに活用される部位であることも、近年の研究で明らかになってきています。

このrlPFCを活用してメタ認知を行えば、これまで経験した過去のエピソードや、それによって生じた感情を捉え、どのような傾向があったのかをパターン化することが可能。rlPFCを活用することで、ストレス反応を「つらさ」だけで終わらせずに、ポジティブな学びに変えることができるのです。

成功の前にあるストレスをパターン学習する

20201020_2

ストレスを受けた過去を振り返るのは楽しい作業ではありませんが、著者いわく、そこを乗り越えるためのちょっとしたコツがあるのだそう。

「最初は全然できなくて大変だった。でも、あの時期を乗り越えたから、今の幸せな気持ちがあるんだな」。そんなふうに、何かに成功したとき、成功に至る過程で経験した失敗やストレスを振り返り、自分のなかで反芻することです。

重要なのは、成功体験が得られてポジティブな感情が出ているときに、失敗の経験あるいはストレスと結びつけて「同時に」学習することだ
これがまさにメタ認知である。脳の学習としては、ここがチャンスだ。
結果が見えやすく、感情を動かしやすく、容易に記憶化されやすい成功体験の記憶に、そのプロセスで味わった辛いストレスの体験の記憶を関連づけて記憶化するのだ。関連づけて学習させるには「同時性」が欠かせない。

(『BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは』162ページより引用)

このような想起を繰り返すと、脳は「ネガティブな失敗やストレスにも意味がある」ことを学習してくれます。その学習が次の壁にぶつかったときのストレス対応につながり、前を向くためのモチベーションにもなるのです。

ビル・ゲイツの言葉にみる「レジリエンス」

20201020_3

このような学習が行われた脳の状態こそ、「レジリエンス(折れない心)」にほかならないと著者はいいます。なんとなく失敗し、なんとなく成功していたのでは、ストレスに強い「レジリエンス脳」を育むことはできません

マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツはこう言っていた。
「成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ」
たしかに、成功した瞬間はポジティブな情動に目を向けるのも大事だ。しかし、ただ祝うだけではなく、単に浮かれるだけでもなく、背景にあった失敗やストレスなどのネガティブな面にも同時に目を向けてみる。単にネガティブな記憶に留めるのではなく、ポジティブな記憶と紐付けて成長に昇華させる。その脳の学習が我々を強くしてくれる。

(『BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは』164ページより引用)

忙しい毎日のなかで、意識的に自分を知ろうとしないのと同じように、私たちは自分の成功体験すらスルーしがちなのかもしれません。ビル・ゲイツ氏をはじめ、世に知られる経営者やアスリートは自らの記憶と日々向き合い、レジリエンス脳を強化しているのでしょう。

ささやかな勝利や達成感でも、そこに至るまでの道のりを振り返り、喜びも失敗も深く味わうことが脳へのご褒美。この学習プロセスがストレスを力に変え、新しい挑戦を可能にするという著者の言葉を、忘れずにいたいと思います。

より良い自分になるために

自己肯定感を高めようなんて思わなくていい。自分を邪魔する「メンタルノイズ」を見つけて

「自己肯定感を高めようなんて、思わなくていい」。そう語るのは 心理カウンセラーの山根洋士氏。自己否定のループから抜け出す方法と、自分がふだん気づいて...

https://www.mylohas.net/2020/10/self-affirmation.html

人生を好転させる「セルフトーク」3つのステップ

習慣的にネガティブなことを口にしていると「ネガティブセルフトーク障害」になってしますかも。でも数週間で自分を変えることも可能に!ポジティブな自分を作...

https://www.mylohas.net/2020/08/self-talk.html

BRAIN DRIVEN(ブレインドリブン) パフォーマンスが高まる脳の状態とは

Photo by Getty Images 、 image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    2. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    3. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    6. 「ホットフラッシュ」の対処法。人目につくから余計につらい...

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    6. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    7. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    8. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら