1. Home
  2. MIND
  3. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

「おばさん」て誰のこと?

2,981

田中ひかる

20200921_1

「おばさん」をキーワードに、揺らぐ年齢観や女性の価値観の変化を、歴史社会学者の田中ひかるさんがつづる連載の第10回目は、今では嫌悪されがちな「女子力」というワードについて。

「おばさん」回避から生まれた「女子」

20200921_4

これまで「おばさん(オバサン)」という呼び方についてあれこれ書いてきましたが、はっきりしているのは、現代では「おばさん」と呼ばれてうれしい女性はあまりいないということです。

呼称ではないものの、「おばさん」呼ばわりを良しとしない空気の中から生まれた言葉が「女子」ではないでしょうか。「女子会」「女子力」「オトナ女子」などの「女子」です。

このうち「女子力」という言葉については、すでに賛否両論が出尽くしています。

「女子力」は、漫画家の安野モヨコさんが1998年から美容情報誌『VoCE』(講談社)で連載した「美人画報」で使ったのが最初だと言われています。

当初は“きれいになる技術を持つこと”つまり“美容力”といったニュアンスで使われることが多かったのですが、徐々に美容やファッションの域を超え、料理やマナー、コミュニケーションなどのスキル全般を指すようになりました。

都合よく解釈できる言葉であるため、女性の“在り方”や“生き方”を語る上で便利であり、何より「力」という言葉が女性をエンパワーメントするような印象を与えることから、メディアが積極的に使いました。

しかし、「積極性」「前向きな姿勢」と好意的に捉えられていた「女子力」も、次第に飽きられ、むしろ嫌悪されるようになっていきます。

「女子力」はジェンダーを体現した言葉

20200921_3

朝日新聞デジタルが2016年から2017年にかけて行った「『女子力』って?」というアンケート調査(回答数1621件、うち女性1250人)では、「女子力」という言葉に「いいイメージ」を持つ人よりも、「悪いイメージ」を持つ人のほうが多く、「女子力」を「料理や掃除など、家事が得意」「細やかな気配りができる」ととらえている人が多いことがわかります。

また、次のような意見も寄せられました。

「女子力」ということばは、伝統的な役割分業観、あるいはステレオタイプ化された「女らしさ」(その裏としての「男らしさ」)を前提にしていることが多いと思います。私は大嫌いです。人間として求めるべき「力」は性別に関係ないです。「女子力」ということばは場合によってはジェンダー差別を助長します。(50代男性)

たしかに「女子力」と見なされているものは、女性のみに求められるべきものではありません。「男子力」という言葉がないこと、かりに「男子力」という言葉があったとして、それは何を指すのだろうかと考えれば、「女子力」がジェンダーを体現している言葉であることは明らかです。拡大解釈され、便利に使われていた「女子力」ですが、最近はほとんど死語となりました。

「オトナ女子」もほとんど使われていません。それはとりもなおさず、「オトナ」をつけずとも、「女子」が年齢を問わず女性全般を指す用語として使われる場面が増えているからではないでしょうか。

次の最終回は“自称「女子」”について考えます。

おばさんて誰のこと?

「オバサン」に図々しいイメージが定着した理由

「オバサン」に図々しいイメージが定着した理由はなぜか?「団塊の世代」や「オバタリアン」との関係など、年齢観や女性の価値観の変化を歴史社会学者の田中ひ...

https://www.mylohas.net/2020/09/219492obasan09.html

イタい? ダサい?「美魔女」はなぜ嫌われるのか

歴史社会学者、田中ひかるさんによる「おばさん」をテーマにした連載。前回に引き続き、「美魔女」について。「美魔女」は悪役?日本社会の年齢観や女性観につ...

https://www.mylohas.net/2020/08/218087obasan05.html

profile

田中ひかる(たなか・ひかる)さん
歴史社会学者。1970年、東京都生まれ。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。近著『明治を生きた男装の女医―高橋瑞物語』(中央公論新社)ほか、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など著書多数。公式サイト

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら