1. Home
  2. MIND
  3. なぜ「おばさん」と呼ばれてギョッとするのか

なぜ「おばさん」と呼ばれてギョッとするのか

「おばさん」て誰のこと?

1,266

田中ひかる

20200907_4

「おばさん」をキーワードに、揺らぐ年齢観や女性の価値観の変化を、歴史社会学者の田中ひかるさんがつづる連載、第8回目は、おばさんと呼ばれることに慣れていない中高年女性が多い理由について考えます。

30歳女性の過半数が将来、孫なし?

20200907_2

最近の中高年女性は「おばさん」呼ばわりに慣れていないため、いきなり他人からそう呼ばれるとギョッとする、ということを前回書きました。なぜ慣れていないのでしょうか。

私が子どもの頃(今から40年くらい前)は、友達のお母さんを遠慮なく「おばちゃん」と呼んでいましたが、最近の子どもは母親同士の呼び方にならい「〇〇ちゃんママ」と呼ぶことが多いようです。

よその子どもどころか、身内の子どもからも「おばさん(おばちゃん)」と呼ばれたことがない女性も増えています。

少子化の影響で、いまや姪も甥もいないという人は珍しくありません。自分が一人っ子、あるいはきょうだいがいても、そのきょうだいに子どもがいなければ、姪も甥も存在しません。

さらに姪や甥がいても、「おばさん」ではなく名前で呼ばれている、という人が増えています。

今後、出生率が上向くとは思えないので、身内からも「おばさん」と呼ばれることがないまま、40代、50代、60代に突入する女性は増える一方でしょう。

参考までに、1990年生まれの女性(現在29~30歳)が一生子どもを持たない割合は35.5%と予想されています。さらに、孫を持たない割合は、過半数を超えそうな勢いです(※)。すると、「おばさん」同様、いきなり他人から「おばあさん(おばあちゃん)」と呼ばれる女性も増えると思います。

※ 国立社会保障・人口問題研究所『日本の将来推計人口――2011~2060年』表Ⅲ-3-6「中位仮定に基づくコーホート指標」

消えた「おばさん」たち

20200907_1

かつては親戚のおばさん以外にも、子どもたちの周辺には「おばさん」がたくさんいました。「給食のおばさん」「みどりのおばさん」「学研のおばさん」「ヤクルトおばさん」などなど

給食調理室には、若い女性もいたのかもしれませんが、私は先生方の呼び方にならって「給食のおばさん」と呼んでいました。娘に、「今は給食を作ってくれてる人たちのことを、何て呼んでいるの?」と尋ねると、「調理さん」という答えが返ってきました。たしかにそれで十分通じます。男性の「調理さん」も多いので、「給食を作っている人=女性」という認識はそもそも誤りです。

「みどりのおばさん」は、緑色の制服を着て「交通安全」と書かれた黄色い旗を持ち、児童たちが安全に登下校できるように誘導してくださった女性たちのことです。

正式名称は「学童擁護員」で、1959年に母子世帯の雇用対策として東京都が始めたのが最初です。現在は、制度自体が廃止され、「シルバー人材センター」やボランティアに頼る自治体が増えたため、「みどりのおばさん」という呼称も聞かなくなりました。

「学研のおばさん」は、学習研究社(当時)発行の教育雑誌『学習』や『科学』を配達していましたが、2010年に両誌とも休刊となりました。私の周辺では「学研のおばさん」と呼ばれていましたが、コマーシャルソングでは「学研のおばちゃん」と歌われており、全国的には「おばちゃん」が主流だったようです。

「ヤクルトおばさん」は、現在の「ヤクルトレディ」のことです。ヤクルト本社に問い合わせたところ、販売員の年齢層が若くなったことに加え、「おばさん」という呼称が女性蔑視的であるため、改称したとのことです。ただし、「男女雇用機会均等法」のもと、公称はあくまで「ヤクルトスタッフ」とのことでした。

身近にたくさんいた「おばさん」たちがいなくなってしまったことで、「おばさん」という言葉に対する免疫がなくなったことも、「おばさん」呼ばわりにギョッとしてしまう一因でしょう。

おばさんて誰のこと?

なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

歴史社会学者、田中ひかるさんによる「おばさん」をテーマにした連載。今回のキーワードは「劣化」。歳を取ること=劣化?いつのまにか人に対して使われるよう...

https://www.mylohas.net/2020/08/217360obasan03.html

イタい? ダサい?「美魔女」はなぜ嫌われるのか

歴史社会学者、田中ひかるさんによる「おばさん」をテーマにした連載。前回に引き続き、「美魔女」について。「美魔女」は悪役?日本社会の年齢観や女性観につ...

https://www.mylohas.net/2020/08/218087obasan05.html

profile

田中ひかる(たなか・ひかる)さん
歴史社会学者。1970年、東京都生まれ。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。近著『明治を生きた男装の女医―高橋瑞物語』(中央公論新社)ほか、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など著書多数。公式サイト

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    2. 最近コーヒーやチョコを欲する人は要注意。今すぐ自分に優しくして

    3. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. メイクの世界からヨガの道へ。その人が持つ「素のすこやかさ」がいちばん美しい/ヨガインストラクター つぐみさん

    6. 砂糖代わりに使って。管理栄養士おすすめ、栄養豊富な「甘酒」の活用法

    7. モノもコトも、忙しいだけの毎日を変える「捨てる技術」。本当に大切な1%を見極める

    8. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    9. 休息は眠るだけじゃありません。毎日に取り入れたいブレイク方法

    10. 在宅ワークの運動不足、腰痛予防におすすめ。腸腰筋のストレッチ

    1. 最近コーヒーやチョコを欲する人は要注意。今すぐ自分に優しくして

    2. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    3. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    4. 在宅ワークの運動不足、腰痛予防におすすめ。腸腰筋のストレッチ

    5. 知らなかった。「れんこん」には美容にいい成分がいっぱいだった[レシピ付き]

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. モノもコトも、忙しいだけの毎日を変える「捨てる技術」。本当に大切な1%を見極める

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 2021年1月18日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    1. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    2. 最近コーヒーやチョコを欲する人は要注意。今すぐ自分に優しくして

    3. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    4. 丑年に贈る心理テスト。あなたの「牛度」は何%?

    5. 【心理テスト】2021年、あなたが大切にしたいヘルシーな「モットー」は?

    6. 知らなかった。「れんこん」には美容にいい成分がいっぱいだった[レシピ付き]

    7. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    8. キツイ! けど、ギリギリできる。脂肪燃焼効果が続くジャンプしないHIIT

    9. 週に2日控えめにするだけ。イギリスBBCも注目する「5:2ダイエット」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら