1. Home
  2. BODY
  3. 急に胸がドキドキする、息切れする。そんなときに、まずすべきこと

急に胸がドキドキする、息切れする。そんなときに、まずすべきこと

カラダ戦略術

1,669

増田美加

20200820_1

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。前回は「コロナ禍の熱中症対策」について、お届けしました。今回は、更年期世代に起こりやすい「動悸・息切れのメカニズムと対処法」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

きっかけもなく、突然起こるのが特徴

20200820_2

呼吸が苦しくて、息がじゅうぶん吸い込めない感じがする。胸が重たく、つっぱる……などの息切れや動悸の症状を感じたことはありませんか?

なかには、夜寝ているときに、急に激しい動悸がして驚いて目が覚める、という人もいますし、胸がドキドキして、なんとなく息がすっきりしないという人もいます。

呼吸が苦しく、ドキドキと動悸がしたり、脈がとぶような感じがしたりすると、「不整脈かしら? それとも、もっと違う心臓の病気? 肺の病気?」と不安が募りますね。コロナ禍にある今、肺や胸の症状は、とくに心配になります。

しかし、これらは更年期世代に、比較的起こりやすい症状なのです。

階段を駆け上がったり、激しい運動をしたりしたあとは、だれでも脈が速くなったり、ドキドキしたりするものですが、更年期の症状としてあらわれる動悸や息切れは、これといったきっかけもなく、突然起こるのが特徴です。

おもな要因は「自律神経系の乱れ」

20200820_3

息苦しさや動悸による“不安感”が、症状をさらに増大させることがあります。また、疲れや、ストレスが強くなると、症状を感じることが多くなります。

これらは、まさに更年期の特徴です。

おもな要因は、心臓の拍動をコントロールしたり、胃の働きを調節したりしている自律神経の乱れによるものです。

息苦しさや動悸は、自律神経失調症と関連していて、自律神経が乱れると起こりやすい症状です。

更年期になると、女性ホルモンの分泌が低下します。女性ホルモンは、脳内の視床下部、下垂体からの指令のよって、卵巣から分泌されますが、更年期になると卵巣から分泌する女性ホルモンのバランスが乱れ、脳の視床下部、下垂体のバランスも崩れます。

この女性ホルモンの指令を出す視床下部、下垂体は、自律神経系の指令箇所と近いため、自律神経系も影響を受け、バランスを崩すのです。

長く続くときは、不整脈などの検査を

20200820_4

息苦しさや動悸は、はっきりとあらわれる人よりも、なんとなくドキドキするとか、胸苦しい、息苦しい、脈が乱れるなどと感じる人が多いようです。

あまり長く続いて、不安が募るようだったら、一度病院で検査をしてもらったほうがいいでしょう。

動悸や不整脈は、内科(循環器内科、心臓内科が専門)でもいいですが、息苦しさや動悸以外に更年期のほかの症状もあるようなら、婦人科を受診してみるのはどうでしょう。

更年期になると、不整脈が増える傾向にあります。症状があったら、不整脈でないかどうかをチェックしてみてください。

深呼吸をして、気持ちを落ち着かせて

もしも、動悸や息切れなどの症状が起こったときは、まず深呼吸をして、気持ちを落ち着かせることが大事です。

症状が激しいときは、空気中の酸素を多く吸い込み、一時的に血液中の二酸化炭素の濃度が低くなった「過呼吸」の状態になっていることもあります。

過呼吸への対応としては、紙袋を口に当てて、自分の息をゆっくり吸い込むようにします。このことで、血液中の二酸化炭素濃度が調節されて、発作が自然に治まります

近くに紙袋がないときは、両手で口と鼻を覆って呼吸をします。ビニール袋は窒息の危険性があるので、使わないようにしてください。

それでも、治まらない場合は、内科(循環器内科、心臓内科)などの病院で医師の診断を受けてください。

心臓の病気、貧血、肥満が原因のこともあるので要注意!

20200820_6

心臓の病気でも、動悸や息切れがします。

とくに閉経後は、狭心症心筋梗塞などの心臓病に気をつけなくてはいけません。女性ホルモンのエストロゲンは、血管を守る作用もあるため、更年期にエストロゲンが減少することによって、血管も弱くなりやすいのです。

また、貧血や肥満によっても、動悸や息切れが起こります。これらにも注意が必要です。

症状があらわれたら、検査を受けて、ほかの病気が隠れていないかを確かめておきましょう。病院では、いつ、どんなときに症状があらわれるか、どうすれば治まるか、などを聞かれます。事前にメモしておくといいでしょう。

検査でいずれも異常がなく、更年期の症状だとわかれば、過剰に心配する必要はありません。

漢方薬、女性ホルモン剤も試す価値あり

息切れや動悸が更年期症状であるとわかれば、婦人科での治療は、自律神経を調整する薬、漢方薬、女性ホルモン剤などの選択肢があります。

女性ホルモンを補充してあげるホルモン補充療法(HRT)は、ひとつの方法です。また、不整脈の薬や、安定剤で症状がやわらぐ人もいます。

漢方薬は、更年期のさまざまな不調対策によく使われます。「加味逍遥散(かみしょうようさん)」は、不安や自律神経症状を和らげる漢方薬としてもよく処方されます

婦人科の医師に相談してみましょう。

エクササイズ、食事、生活全般のアプローチで

20200820_5

更年期のメンタル面、フィジカル面ともに、日常的なちょっとした工夫で不調を改善することができます。

強い症状ではなく、なんとなく動悸、息切れ、脈の乱れを感じる程度という人は、予防的な対策として、ストレス解消を心がけてリラックスし、楽しい時間を持つことが大事です。好きな趣味や軽いスポーツを楽しむなどして、気分転換を図ることも対策になります。

また、適度な運動は、更年期のさまざまな症状改善に良いとされ、いろいろなエビデンス(科学的証拠)があります。軽い有酸素運動(ウォーキングや水泳など)を定期的におこなって、生活リズムを規則的に続けることで、症状はかなり緩和できます。ただし激しい運動は、不整脈などがある人には危険なこともあるので注意が必要です。

食事も大切です。何を食べればいい、というよりも、とにかくバランスが大事です。和定食のイメージで献立を考えます。更年期は、食生活を見直すとてもいいチャンスと前向きにとらえましょう。

とくに、動悸、息切れの原因が貧血なら、食生活の改善が必須です。レバー、ほうれん草、アサリなど、鉄分を多く含んだ食品を積極的に摂るように心がけます。カフェインの多いコーヒーや紅茶、アルコールなどの飲み過ぎや嗜好品のとりすぎにも注意を。禁煙も心がけましょう。

疲れると、症状が出やすくなります。疲れたなと思ったら、いつもより睡眠を多めにとることで、不調から復活することができます。

卵巣機能は下がっていきますが、上手に対処すれば、体調は復活します。日常の工夫や努力は、決して無駄ではありません。

もっとカラダ戦略術を読む

そのぽっこりおなか、もしかして。更年期太りを解消する方法

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は、「更年期の体重増加」について、女性医療ジャーナリストの増田美加さんに教わります。

https://www.mylohas.net/2020/07/strategy75.html

セルフケアだけでは口臭は解決しない!? その理由は?

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は、「口臭ケア」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2020/06/strategy74.html

増田美香

増田美加・女性医療ジャーナリスト
予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら