1. Home
  2. HEALTH
  3. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

田邉愛理

Sponsored by 大塚製薬株式会社

20200721-top

なんとなく気がのらない、集中力が続かないといったモヤモヤ感。仕事のストレスや夏バテのせいと思い込み、そのままにしていませんか? じつはそのモヤモヤ感は、体内リズムの乱れが原因かもしれません。

睡眠問題につながる「ソーシャル・ジェットラグ」

20200721-1

ライフスタイルやワークスタイルの多様化で、日常生活に大きな変化を感じている人は多いのではないでしょうか。

わかりやすいのがテレワークによる生活習慣の変化。出勤がある日は早起きするけれど、リモートワークで在宅勤務の日や、休日は朝寝坊してしまうというケース。通勤時間がなくなったことで、つい夜更かししてしまうことも少なくないはずです。

じつは、こんなふうに毎日のスケジュールがズレてしまうことこそ、多くの人が感じる「モヤモヤ感」の大きな原因。

睡眠科学の分野では、日によって就寝・起床リズムにズレが生じることを「ソーシャル・ジェットラグ」と呼び、現代型の睡眠の問題を引き起こす典型的な要因とみています。就寝・起床リズムのズレが人間の体内リズムを狂わせることで、さまざまな悪影響を招いてしまうのです。

体にはリズムの「時刻合わせ」が必要

20200721-2

もともと、人間には太陽の光とともに目覚めて活動し、夜(午後9時~10時頃)になると脳から睡眠ホルモン・メラトニンが分泌されて眠気が起きる、という体内リズムが備わっています。

rhythm

体内リズムの「時刻合わせ」をするもっとも影響力の大きな因子は、太陽の光です。

しかし現代では、夜も脳を覚醒させるスマートフォンのブルーライトを見続けたり、朝はカーテンを閉めたままにして太陽の光を浴びなかったりと、本来の体内リズムとは異なるサイクルで過ごしがち。こうした生活をしていると「時刻合わせ」ができずに、体内リズムが乱れてしまいます。生活習慣の変化がもたらす「ソーシャル・ジェットラグ」は、この状況にさらに追い打ちをかけてしまいます。

体内リズムの乱れは、メラトニンの分泌を妨げて睡眠トラブルを招くだけではありません。認知機能やホルモンバランスの乱れにも影響することがわかっています。

よい睡眠は「長く眠ること」ではない

20200721-3

一度ズレてしまった体内リズムを元に戻し、質のよい睡眠を取り戻すのは、残念ながら簡単なことではありません。睡眠不足なら、眠れるときにたくさん眠ればいいと考えがちですが、そうはいかないのが難しいところ。睡眠時間は短すぎても長すぎてもよくないとされています。

よい睡眠とは、長く眠ることではなく、睡眠の質そのものを高めること。そこで活用したいのが、「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」のような眠りの質を上げるアイテムです。

20200819_a

賢者の快眠 睡眠リズムサポート(機能性表示食品)3g×30包 5,378円(税込)

賢者の快眠 睡眠リズムサポート」は、就寝・起床リズムを整えることにより、睡眠の質をサポートする機能性表示食品。大塚製薬が睡眠の基礎研究からプロジェクトをスタートさせ、3年半をかけて製品化に成功しました。

20200819_b

睡眠サポートに役立つのは、北海道産アスパラガスの茎の部分を独自の製法で加工することによって得られる自然由来の成分。グレープフルーツ風味のすっきりとした味わいで、水なしで手軽に飲める顆粒タイプというのも便利です。

「体内リズムの乱れ」に自覚があるなら、「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」の出番。 就寝・起床リズムが整えば、暮らしのリズムも整い、やがて心身のリズムも上向きに。「モヤモヤ感」で悩んでいたことさえ忘れてしまうかもしれません。

賢者の快眠

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ