1. Home
  2. BODY
  3. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

田邉愛理

Sponsored by 大塚製薬株式会社

20200721-top

なんとなく気がのらない、集中力が続かないといったモヤモヤ感。仕事のストレスや夏バテのせいと思い込み、そのままにしていませんか? じつはそのモヤモヤ感は、体内リズムの乱れが原因かもしれません。

睡眠問題につながる「ソーシャル・ジェットラグ」

20200721-1

ライフスタイルやワークスタイルの多様化で、日常生活に大きな変化を感じている人は多いのではないでしょうか。

わかりやすいのがテレワークによる生活習慣の変化。出勤がある日は早起きするけれど、リモートワークで在宅勤務の日や、休日は朝寝坊してしまうというケース。通勤時間がなくなったことで、つい夜更かししてしまうことも少なくないはずです。

じつは、こんなふうに毎日のスケジュールがズレてしまうことこそ、多くの人が感じる「モヤモヤ感」の大きな原因。

睡眠科学の分野では、日によって就寝・起床リズムにズレが生じることを「ソーシャル・ジェットラグ」と呼び、現代型の睡眠の問題を引き起こす典型的な要因とみています。就寝・起床リズムのズレが人間の体内リズムを狂わせることで、さまざまな悪影響を招いてしまうのです。

体にはリズムの「時刻合わせ」が必要

20200721-2

もともと、人間には太陽の光とともに目覚めて活動し、夜(午後9時~10時頃)になると脳から睡眠ホルモン・メラトニンが分泌されて眠気が起きる、という体内リズムが備わっています。

rhythm

体内リズムの「時刻合わせ」をするもっとも影響力の大きな因子は、太陽の光です。

しかし現代では、夜も脳を覚醒させるスマートフォンのブルーライトを見続けたり、朝はカーテンを閉めたままにして太陽の光を浴びなかったりと、本来の体内リズムとは異なるサイクルで過ごしがち。こうした生活をしていると「時刻合わせ」ができずに、体内リズムが乱れてしまいます。生活習慣の変化がもたらす「ソーシャル・ジェットラグ」は、この状況にさらに追い打ちをかけてしまいます。

体内リズムの乱れは、メラトニンの分泌を妨げて睡眠トラブルを招くだけではありません。認知機能やホルモンバランスの乱れにも影響することがわかっています。

よい睡眠は「長く眠ること」ではない

20200721-3

一度ズレてしまった体内リズムを元に戻し、質のよい睡眠を取り戻すのは、残念ながら簡単なことではありません。睡眠不足なら、眠れるときにたくさん眠ればいいと考えがちですが、そうはいかないのが難しいところ。睡眠時間は短すぎても長すぎてもよくないとされています。

よい睡眠とは、長く眠ることではなく、睡眠の質そのものを高めること。そこで活用したいのが、「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」のような眠りの質を上げるアイテムです。

20200819_a

賢者の快眠 睡眠リズムサポート(機能性表示食品)3g×30包 5,378円(税込)

賢者の快眠 睡眠リズムサポート」は、就寝・起床リズムを整えることにより、睡眠の質をサポートする機能性表示食品。大塚製薬が睡眠の基礎研究からプロジェクトをスタートさせ、3年半をかけて製品化に成功しました。

20200819_b

睡眠サポートに役立つのは、北海道産アスパラガスの茎の部分を独自の製法で加工することによって得られる自然由来の成分。グレープフルーツ風味のすっきりとした味わいで、水なしで手軽に飲める顆粒タイプというのも便利です。

「体内リズムの乱れ」に自覚があるなら、「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」の出番。 就寝・起床リズムが整えば、暮らしのリズムも整い、やがて心身のリズムも上向きに。「モヤモヤ感」で悩んでいたことさえ忘れてしまうかもしれません。

賢者の快眠

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも