1. Home
  2. MIND
  3. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

「おばさん」て誰のこと?

5,198

田中ひかる

20200831_6

「おばさん」をキーワードに、揺らぐ年齢観や女性の価値観の変化を、歴史社会学者の田中ひかるさんがつづる連載、第7回目は40代、50代女性の「おばさん」呼ばわりについて。

おばあさんに「おばさん!」と呼ばれた

20200831_7

連載初回で、「最近は『中年だけど“おばさん”とは呼びづらい』女性が増えてきました」と書きました。裏返すと、中年になっても「おばさん」と呼ばれたことがない女性が増えているということです。

私の周辺にも、ネット上にも、他人から「おばさん」と呼ばれてギョッとしたという40代、50代女性の経験談があふれています。

「発言小町」(※)に「おばあさんに『おばさん!』と呼ばれた」というトピックを立て怒っている51歳の女性もいました。

昨日、スーパーでの出来事です。たまたま納豆売り場を通りかかった時のこと。「おばさん!おばさん!」と大声で叫んでいる高齢者の女性がいらっしゃいました。(中略)構わず通り過ぎようとしたのですが、「おばさん」の連呼は続きます。「へ!? ひょっとして、私?」と思った瞬間。「ちょっと、おばさん、あなただよ。ぐじゃぐじゃに刻んだ納豆ってどこにあるの!?」(中略)子どもや若い方から「おばちゃん」と呼ばれることはまあ良いです。しかし自分の母親世代の方からそう呼ばれて、正直、「あなたにいわれたくないわ!!」と猛烈に腹が立ちました。

私にはトピ主の気持ちがよくわかるのですが、最初のレスは「51歳は『おばさん』では? 他に何と呼べばいいと?」。ほかに「たとえ相手が何歳でも『おばさん』以外の呼びようがありますか?」「やはり、『おばさん』でよいのではないでしょうか。お姉さんではちょっと無理があるような気もします」といったレスがありました。

トピ主は、51歳の自分が「おばさん」か否かを問題にしているのではありません。「お姉さん」と呼ばれたいわけでもないでしょう。自分よりもずっと年上の女性から「おばさん」呼ばわりされたことに腹を立てているのです。

「医者のおばちゃん」「弁護士のおばちゃん」

20200831_8

もちろん、トピ主に共感する意見もたくさんありました。

すごく失礼な人に遭遇されましたね。無視で当然です。私は還暦を過ぎていますが知らない人におばさんやおばちゃんと呼ばれることにとっても抵抗があります。仕事はスーパーでの接客業ですが年に1度か2度おばちゃんと呼ぶ客(たいてい中高年の男性)に遭遇しますが礼儀知らずな品性に欠ける人だと思っております。

「おばさん(おばちゃん)」呼ばわりに親しみを込めている人もいるようですが、相手が不快に感じている以上、それは親しみではなく不躾(ぶしつけ)というものです。「パートのおばちゃん」「掃除のおばちゃん」は単語化している節もあります。

「医者のおばちゃん」「弁護士のおばちゃん」とは言わないのに「パートのおばちゃん」「掃除のおばちゃん」はためらいなく使うという人は、たしかに「品性に欠け」ています。「お医者さん」「弁護士さん」同様、「店員さん」「パートさん」「清掃スタッフさん」と呼べば済む話です。

いずれにしても、ネット上にこうしたトピックが数多くあるということは、それだけ「おばさん(おばちゃん)」と呼ぶことがデリケートな問題であるということでしょう。

※ 読売新聞が運営する日本最大級の女性向け掲示板

おばさんて誰のこと?

「プチ整形」が「整形」でなくなる日

歴史社会学者、田中ひかるさんによる「おばさん」をテーマにした連載。今回のテーマは『「プチ整形」と美容の効用』。美容医療の力でアンチエイジングもすっか...

https://www.mylohas.net/2020/08/218694obasan06.html

「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

歴史社会学者による「おばさん」をテーマにした連載。今回のキーワードは「美魔女」。魔法のような美しさをもつ「美魔女」と呼ばれる中年女性たち。実は努力の...

https://www.mylohas.net/2020/08/217791obasan04.html

田中ひかる

田中ひかる(たなか・ひかる)さん
歴史社会学者。1970年、東京都生まれ。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。近著『明治を生きた男装の女医―高橋瑞物語』(中央公論新社)ほか、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など著書多数。公式サイト

image via Shutterstock 、Photo by Getty Images

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら