1. Home
  2. MIND
  3. イタい? ダサい?「美魔女」はなぜ嫌われるのか

イタい? ダサい?「美魔女」はなぜ嫌われるのか

「おばさん」て誰のこと?

4,115

田中ひかる

20200817_top

「おばさん」をキーワードに、揺らぐ年齢観や女性の価値観の変化を、歴史社会学者の田中ひかるさんがつづる連載 。第5回目となる今回は、「美魔女コンテスト」の結果を報じたニュースに寄せられたコメントをもとに、日本社会の年齢観や女性観について考えます。

美魔女に対する“通り魔的”コメントの数々

20200817_1

昨年12月に開催された第10回「国民的美魔女コンテスト」でグランプリを獲得したのは、出場者中「最高齢」の52歳の女性でした。しかも更年期障害と介護を経ての受賞だったため、賞賛と共感のコメントが多いだろうと思いきや、ヤフーニュース(2019年12月6日。配信元はオリコンニュース)に寄せられたコメントには、批判的なものが目立ちました。

その内容は多種多様で、「なんで美魔女なん?? 嫌いや。嫌なタイトル」「そもそも美魔女っていう言葉が嫌い。全く意味がわからない」といった「美魔女」という用語に対する批判から、「普通に52歳」「頑張って努力して厚い化粧してこの程度でしょ」「美婆女」といった、ひと言でバッサリと斬り捨てる、まるで通り魔のようなコメントもありました。

更年期や、介護なんて何のウリにもならない。皆やっていること。介護ったって、自分でみたわけでもなく、自分に散々投資しての作り物の結果でしょ。そこが浅いのがバレてる。美魔女なんてもう古くて、ダサい。まだこんな企画やってんのかとびっくりしたわ。

これなどは、憶測まじりでほとんど八つ当たりです。いったい、なぜこれほどまでに感情的なコメントが寄せられたのでしょうか。前々回、「劣化」について書いた際、「美しさを磨こうとする人が、嫉妬心を持つ人にアラ探しされてしまうんでしょうね」(※1) という能町みね子さんの意見を紹介しましたが、これは美魔女に対しても当てはまりそうです。

それぞれの美魔女論

20200817_2-1

“こういう女性が美しい”あるいは“称えられるべき”というコメントをした人たちもいました。

俺の母親は山梨の桃農家で、日焼けしてて、真夏には汗ダラダラ流しながら頬に土付けたまま働いている。人として十分美しい。


金と時間のあるBBAにこの賞あげてなんの意味がある? だったら普段せっせと子育てや家事やってるお母さんも褒められるべきでは。

「美魔女」という価値観は、日焼けして頬に土つけて働いている人や「せっせと子育てや家事やってるお母さん」を否定するものではないと思います。

「意味」については言うまでもありませんが、コンテストの背後には巨大な美容マーケット(美容産業)が控えており、「若さ」や「美しさ」を追求したい女性たちに向けた“宣伝”という面が大きいでしょう。そういうことに関心のある人たちが、エンターテインメントとしてコンテストを楽しめばよいのではないでしょうか。

「年相応」という同調圧力

20200817_3

私の60代の母は、夢は田舎にいるような可愛らしいおばあちゃん!だそうです。おばあちゃん服が似合う優しいおばあちゃんになりたいなーと言ってます。

こうしたコメントからは、「年相応」を良しとする価値観が読み取れます。もっと露骨に、「年相応」でない美魔女を批判するコメントもありました。

「年齢を重ねたなら、つつましくなってほしい」「せめて40まで。それ以上は悲しくなるだけ」「老いたくないという妄執に囚われすぎな人って感じがする」などなど。ここには、「年相応」という同調圧力が感じられます。

また、「魔女」という言葉の響きもアンチコメントを誘引しているのかもしれません。「美魔女」という言葉は、「魔法を使っているとしか思えない」 (※2) ほど美しいというところからきているので、悪い意味合いはありません。

しかし、いくつになっても若さや美しさを追い求めるという点で、『白雪姫』の「魔女」を連想してしまう人もいるでしょう。若く美しい白雪姫に嫉妬し殺そうとする魔女は、世界が認める悪役なので、イメージはよくありません。

とはいえ、アスリートのように美を追求する美魔女は、寝たまま王子が通りかかるのを待つ受け身の白雪姫とは対照的な存在なので、「姫」に対する「魔女」というネーミングは実はぴったりなのです。


※1 「能町みね子氏と辛酸なめ子氏『劣化』と『奇跡』の意味語る」『NEWポストセブン』2015年10月20日配信
※2 『朝日新聞』2011年10月25日朝刊

おばさんて誰のこと?

「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

歴史社会学者による「おばさん」をテーマにした連載。今回のキーワードは「美魔女」。魔法のような美しさをもつ「美魔女」と呼ばれる中年女性たち。実は努力の...

https://www.mylohas.net/2020/08/217791obasan04.html

なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

歴史社会学者、田中ひかるさんによる「おばさん」をテーマにした連載。今回のキーワードは「劣化」。歳を取ること=劣化?いつのまにか人に対して使われるよう...

https://www.mylohas.net/2020/08/217360obasan03.html

田中ひかる

田中ひかる(たなか・ひかる)さん
歴史社会学者。1970年、東京都生まれ。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。近著『明治を生きた男装の女医―高橋瑞物語』(中央公論新社)ほか、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など著書多数。公式サイト

Photo by Getty Images 、images via shutterstock

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    10. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら