1. Home
  2. BODY
  3. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

田邉愛理

Sponsored by 西川株式会社

横手貞一朗

日本を代表するような女優やモデル、トップアスリートが全幅の信頼を置くカリスマトレーナーの横手貞一朗さん

「2時間受けるだけで身体が変わる」といわれる横手さんのトレーニングでは、過緊張状態にある身体をリリースし、ニュートラルな状態に戻すことが大切にされています。

その根本となるのが、運動・栄養・休養のバランス。3つの柱を整える生活習慣や、睡眠の質を上げる呼吸エクササイズについて教えていただきました。

体重計のないトレーニングスタジオ

横手貞一朗

ただ美しいだけではない、しなやかでパワフルな機能美を引き出すためには、運動・栄養・休養のバランスが重要だと語る横手さん。この3つの柱が整えば、「体重計なんていらなくなる」と話します。

横手貞一朗

横手貞一朗さん(以降、横手さん)

私のスタジオには体重計がないんです。約30年この仕事を続けさせていただいていますが、クライアントさんにはスタジオでは体重を測ってもらったことがないし、誰の体重も知りません

私自身もそうしているのですが、食事に関しては、自然界のものを身体が欲するだけ食べる。適度な運動をすれば適度に疲れて、身体の内側から回復しようとして眠くなる。そうすれば深い睡眠が促され、次の1日、次のリズムが気持ちよくまわっていきます。


体重チェックよりも大切なのは、自分を自然に戻す感覚を大事にすること。運動でも身体の中心軸を意識して、「地球の軸」に合わせるようにすることで、身体の歪みや緊張を解きほぐせるといいます。

ムキムキにならないトレーニングのコツ

横手貞一朗

横手さんいわく、腰痛、肩こり、首の痛みといった不調のほとんどは「身体の歪み」によって引き起こされるとのこと。筋トレをするときも、歪んだ姿勢で重力に対して無理に負荷をかけると、筋肉は凝り固まり、ムキムキ、バキバキになるのだとか。

横手貞一朗

横手さん

「所作の美しさ」や「循環のよい身体」を求めるなら、こうしたトレーニングは不向きです。

巡りのよい身体のために大切なのは、重力に対して一番力が抜けるポジションに身体をもっていくこと。その状態でエクササイズをすると、血液やリンパの流れがスムーズになり、身体の機能が引き出されてキレイになります。


深く眠れる呼吸エクササイズ

熟睡する女性

image via Shutterstock

身体の中心軸を作り、過緊張を抜くと身体の機能が引き出されるというのは、睡眠についても言えること。力がふっと自然に抜けた状態で眠れるかどうかで、眠りの質が違ってくると横手さん。

今回は、横手さんおすすめの「深く眠れる呼吸エクササイズ」を教えていただきました。

1.腹圧呼吸

横手貞一朗

「息を吸うときも吐くときもお腹を膨らませる」呼吸法。お腹の中の圧力を高めた状態で鼻呼吸をすることで、体幹が鍛えられ身体の中心軸が安定します。

2.鼻の通りをよくするストレッチ

横手貞一朗

片手を耳の後ろの「乳様突起」に当て、もう一方の手を鼻骨の上部に当てて軽く上に引き上げるようにします。そのまま深い鼻呼吸をしながら、上半身をゆっくりとひねってストレッチ。左右交互に行いましょう。マスクに引っ張られて凝った鼻筋をほぐすのにも有効です。

横手貞一朗

横手さん

ストレッチをしながら深い鼻呼吸をすると、身体の歪みがリリースされます。眠る前に身体の内側から呼吸でマッサージすることで、寝ている間も自然に横隔膜が動きやすくなりますから、眠りの質が絶対に変わりますよ。


寝ている間に「疲労を全回復」させるには

西川のAir SIマットレス

[エアーSI]マットレス・レギュラータイプ・シングルサイズ(H:9cm × W:97cm × L:195cm)88,000円(税込)

日々のパフォーマンスが勝負の横手さんにとって、マットレス選びは大切な問題。3ヵ月ほど前から睡眠時の体幹をサポートする[エアーSI]マットレスをお試しいただいたところ、「睡眠の質がまったく変わった」と語ります。

横手貞一朗

横手さん

[エアーSI]マットレスに寝て息を1回大きく吸い込んで、しばらく止めてからフーッと息を吐くと、次の瞬間もう爆睡。そのまま朝までグッスリだから、寝ているときの記憶がないんです(笑)。

それで、寝起きがパーンと全開なんですよ。もともと寝起きはいいほうですが、よりスイッチが入りやすくなったというか。寝ている間に疲労が全回復しているというイメージで眠ることができています。


横手さんを驚かせたポイントのひとつが、体圧分布測定器による一般的な寝具と[エアーSI]マットレスでの体圧分布の比較です。

体圧分布図

一般的な寝具(左)と[エアーSI]マットレス(右)を使用した際の横手さんの体圧分布図。仰向けに寝たときの様子です。接触面が拡大し、体圧が分散されたことが分かります。

横手貞一朗

横手さん

横になって自分の体圧分布を測定するのですが、あの計測は本当にすごい。肩や左右の体圧がかかるポイントに合わせて支えてくれるせいか、寝ていて内臓が圧迫される感じがしないんです。


体圧分布図

一般的な寝具(左)と[エアーSI]マットレス(右)を使用した際の横手さんの体圧分布図。横向きに寝たときの様子です。色が濃い体圧がかかっていた肩部分が改善されたことが分かります。

横手貞一朗

横手さん

とくに寝る前のストレッチや深い呼吸を取り入れたときに、ほぐした身体をふわっと受け止めてくれるような感じがあります。ストレッチやエクササイズとの相性がすごくいいマットレスだと思いますね。


目標のある人を支えてくれるマットレス

エアーSIマットレスの断面

[エアーSI]マットレスは、日々のセルフケアのために開発された特殊立体クロススリット構造マットレス横向き、仰向け、どちらの寝姿勢でも肉体をバランスよく支える快適な睡眠環境を実現。明日の活力を求める人のコンディショニングをサポートします。

エアーSIマットレスの断面

マットレス表面にある突起の数は、なんと1860個。こちらの凹凸が身体を支え、血行を妨げにくく圧迫感を緩和します。

また、ベース部が身体の沈み込みを調整し、ムリのない快適な寝心地を実現します。

エアーSIマットレスの断面

また、しっかりとボディラインにフィットし体圧を分散します。寝返りもスムーズで横向き寝にも対応します

横手貞一朗

横手さん

最初に使ったときはあまりにも身体の力が抜けすぎて、朝起きたときにびっくりしたくらいなんですよ。

[エアーSI]マットレスは、なにか目標がある人――睡眠の質を向上して次のレベルにいきたい、もっといい仕事、パフォーマンスをしたい――そんな気持ちで毎日を積み重ねている人が使うことで、初めて真価がわかるのではないでしょうか。そういう、気持ちが明日に向いている方に、ぜひすすめたいマットレスです。


歪みや緊張から身体をリリースし、身体に本来備わるパワーと機能美を取り戻してくれる[エアーSI]マットレス。プラスに気持ちを向けてくれるマットレスがあれば、明日の朝の自分がもっと楽しみになるはずです。


横手貞一朗さん

ボディメイクトレーナー、カポエィリスタ、Positive Link Studio代表
最新の運動生理学や脳科学を融合させ、メンタルとフィジックの両方にアプローチする独自のトレーニング方法と理論を展開。「ゆるめて・しめる」を軸に、人間が本来持っている機能を最大限に引き出し、身体が楽になり、動きやすくしなやかな身体作りに定評がある。常に機能的で美しい身体を追求している。
身体表現を大切にする多くの有名女優、トップモデル、最大限のパフォーマンスを必要とする日本代表クラスのアスリートからも支持されている。CM撮影や、テレビ収録に向けての機能的美容へのエクササイズアプローチ。身体機能を最大限に使う必要があるプロサーファーからの支持も多く、大会が行われる時期には選手からの要望もあり、現地やビーチ・トレッキングなどのトレーニングメニューも得意としている。書籍・雑誌監修・プロダクツの開発・企業で健康管理・ストレスマネジメントセミナー・エクササイズコンテンツなどYouTubeでの情報発信中。

エアー

撮影/内山めぐみ

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品。おすすめの食べるタイミングは?

    9. わき腹をしぼって「くびれ」をつくる、ツイストトレーニング

    10. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    8. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    9. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    10. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    8. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    9. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術